山行記(2017年 1〜6月)  川崎ハイキングクラブ 


日程標題山域形態寄稿
2017/06/29-07/03十勝連峰縦走記(美瑛富士〜十勝岳)北海道個人山行望月
2017/06/24三頭山・オツネノ泣坂奥多摩四季Gr川村
2017/06アラカン☆ハイキング(No.45)
2017/06/11高水三山奥多摩ミニGr渡辺M
2017/06/09-11赤城・外輪山一周群馬縦走Gr藤井
2017/06/07大野山丹沢平日Gr中嶋
2017/06/04破風山(6月例会山行)奥武蔵花山歩Gr渡辺S
2017/06/03ユガテ 越上山 顔振峠奥武蔵軽ハイクGr山崎
2017/06/03川苔山奥多摩縦走Gr望月
2017/05/282017丹沢クリーンハイク丹沢自然保護部伊藤K、他
2017/05/27鷹取山三浦半島教育遭対部渡辺M
2017/05/20-21和名倉山奥秩父四季Gr若林
2017/05/20明神ヶ岳箱根ミニGr堀内
2017/05/20神津島天上山登山伊豆諸島中ハイクGr宮地
2017/05/17天城山伊豆平日Gr
2017/05/14伊豆ケ岳(5月例会山行)奥武蔵中ハイクGr川村
2017/05アラカン☆ハイキング(No.44)
2017/04/29GWに新緑の南高尾を深呼吸!高尾ミニGr砂川
2017/04/29八王子八峰山行八王子四季Gr伊藤
2017/04/23外秩父七峰縦走ハイキング大会秩父縦走Gr川村
2017/04/22-23三条ノ湯〜雲取山奥多摩教育遭対部佐藤R
2017/04/15御正体山(日本200名山)道志楽山Gr望月
2017/04アラカン☆ハイキング(No.43)
2017/04/02港北ニュータウン緑道巡り横浜平日Gr渡辺N
2017/03/25武甲山、大持山、小持山奥武蔵四季Gr堀内
2017/03アラカン☆ハイキング(No.42)
2017/03/11高麗山湘南軽ハイクGr佐藤R
2017/03/05櫟山(3月例会山行)東丹沢縦走Gr中嶋
2017/02/11笹尾根奥多摩教育遭対部大竹
2017/02アラカン☆ハイキング(No.41)
2017/02/05八重山中央線沿線四季Gr移川
2017/01/30-02/02知床でスノーシュー!北海道中ハイクGr河合
2017/01/29葛原岡ハイキングコース(新春ハイク)鎌倉ミニGr
2017/01/14倉見山富士急沿線縦走Gr相馬
2017/01アラカン☆ハイキング(No.40)


 

個人山行     
標題十勝連峰縦走記(美瑛富士〜十勝岳)  〜高山植物の美しさに圧倒されました〜
山域北海道
日程2017年6月29日(木) 〜 7月3日(月)
行程 1日目: 羽田空港 → 新千歳空港 → 占冠IC → JR美馬牛駅(泊)
2日目: → 望岳台 → 雲ノ平 → 美瑛富士 → 美瑛富士避難小屋(泊)
3日目: → 美瑛岳 → 鋸岳 → 十勝岳 → 上ホロカメットク避難小屋(泊)
4日目: → 上富良野岳 → D尾根 → 十勝岳温泉 → 富良野美瑛観光(テント泊)
5日目: → 支笏湖観光 → 新千歳空港(サッポロビール工場) → 羽田空港
歩行時間 2日目=6時間40分、3日目=5時間56分、4日目=3時間04分
参加8名
寄稿望月

頭の中では「北の国から」のテーマ音楽が鳴っていた。雲ノ平のお花畑(エゾツガサクラ、エゾコザクラ、イワウメ、チングルマ等)を過ぎ、強風の美瑛富士の山頂に立つと、オプタシケ山の向こうに3年前に縦走した大雪山の旭岳からトムラウシ山までの広大な稜線が迫ってくる。そしてこれから歩く十勝連峰の稜線も。まさに絶景だった。 今夏で4年連続となる北海道の百名山巡りだが、今年も私の心の中に鮮烈な印象を残してくれたようだ。

いざ出発。望岳台にて
 
十勝岳山頂にて
羽田⇔新千歳間のスカイマーク往復料金19580円。レンタカー1台5日間の料金9200円。しかも5日間の宿泊代は0円という超チープな北海道の山旅を今年も実施した(一人当たりの旅行費用は4万円を切った)。 初日はJR美馬牛駅で仮眠(朝、散歩をしたがそこは美瑛の丘だった)。
2日目は十勝岳の主要登山口となる望岳台に車を停めていざ出陣である。私のザックの重量は20Kgを軽く超えている。 美瑛富士の山頂で絶景を満喫した後は美瑛富士避難小屋に泊まる。夕食は豚シャブで今時こんなに優雅な山行をしているグループはいない。
3日目は曇り。辺りはすっかりガスに包まれている。美瑛岳に登り、荒涼とした火山灰の道を鋸山、平が岳と歩き十勝岳の山頂へ。何も見えない。が、私にとっては47座目の百名山登頂だった。雨の上ホロカメットク避難小屋に泊まる(百名山ツアーガイドの動きの良さに舌を巻いた)。
4日目は上ホロカメットク山、富良野岳を縦走する予定であったが、悪天の為諦めトラバースして上富良野岳へ。山頂直下のキバナシャクナゲの群落(丈が小さいので高山植物そのものだった)に圧倒された。 D尾根を下り、安政火口を過ぎて9:00には下山口の十勝岳温泉へ。カミホロ荘に即入浴。アカを落とした。 青い池、美瑛の丘巡りといった観光後、富良野の山部公園太陽の里無料キャンプ場へ。蚊取り線香を忘れた結果、全身で100ケ所以上ブヨ、蚊に刺されてしまった。

最終日は支笏湖観光。そしてサッポロビール工場で出来立ての生ビールと生ラムに舌鼓をうった。始め晴れれば雨もよし。


 

四季グループ
標題三頭山(みとうさん)・オツネノ泣坂(なきさか)  〜急坂登り!〜
山域奥多摩
日程2017年6月24日(土)
行程 奥多摩 = 小河内神社バス停 〜 浮橋 〜 イヨ山 〜 ヌカザス山 〜 オツネノ泣坂 〜 
三頭山(1531m) 〜 槇寄山 〜 西原峠 〜 数馬バス停
参加8名
寄稿川村

「今年もやります、急坂登り!」今回は三頭山、浮橋(かつてのドラム缶橋)からのスタートです。
アラカンハイキングで見覚えのあるこの橋は湖面に浮かんで歩くたびに足元がゆらゆら・・・後ろからは「揺らすなよ!」の声が飛ぶ(笑)。 山道に入るといきなりの急登でしばらく歩くと尾根になり、風がす〜っと汗だくの体を冷やしてくれました。
三頭山は東京随一のブナ林。道中の展望はほとんどないけれど、新緑が光を受けて輝く尾根道を歩くのは本当にいい気持ちです。

「オツネノ泣坂」は奥多摩の昔話に由来するそう。 奥女中のオツネさんが恋仲の僧侶に逢いに山越えしてその戻りの下り坂で夜が明けてしまう・・・悲恋のお話ですが、きついアップダウンが続き所々にロープが張ってあるもののコケたら下まで転がっていきそうな急坂!オツネさん恐るべし!
息を整えながらひと息つきながら、SLについて一歩づつゆっくり登っていく。 きついコースですが双方向に登山者が行き交い、可憐に咲くヤマアジサイにも励まされました。

三頭山の東峰には13:50着。その先の立派な展望台からは奥多摩三山の御前山、大岳山(SLと同じ!)が大きく正面に見えました。 西峰からは富士山は見えなかったけれど道志のきれいな山並みにほっとする。
下山は槇寄山から笹尾根を行き、滑りやすい道を恐る恐る慎重に。CLの上手な時間配分のおかげでバス到着と同時にバス停にすべり込み!

途中小さなアクシデントはあったけれど、メンバーみんなの協力で無事歩き通すことができ、反省会のビールがとってもおいしかったです(って、ちょっとしか飲めないけど)。 「ここを歩ければアルプスも大丈夫!」そんな言葉を励みに、この夏どんな風景に出会えるのか楽しみです。


 

アラカン☆ハイキング(No.45)
寄稿


 

ミニグループ
標題高水三山  〜低山の山歩きを楽しむ〜
山域奥多摩
日程2017年6月11日(日)
行程 軍畑駅 → 高源寺 → 高水山 → 岩茸石山 → 惣岳山 → 御岳駅
参加12名
寄稿渡辺M

 無事、下山。しかも下山予定時間より50分ほど早く。

 奥多摩の入門コースと言われている山だけあって何度か登ったことがあったが、今回が一番楽だったような気もする。少し余裕が出てきたせいもあるかもしれないが、山行中周囲の様子も結構目に入った。
 先ず、高源寺の近くから入る登山道からは、長い階段が続くが、花が咲きイチゴがなっているので、自然と話題はこのような話になる。なっているイチゴを食べたらと私も勧められたがなぜか私は口にしなかった。今思い起こせば口にすればよかったと後悔。
 又、山から見える風景と言えば高水三山全体のコース上にはところどころ緑の山が見え、私は、シャッターチャンスと思いデジカメで写真を撮っていった。
 そんなことを繰り返しているうちに高水山にまず到着。しかしトイレ休憩を除き、そのまま岩茸石山に向かう。

 岩茸石山に到着するとお昼をとったが大勢の人がいた。みんな考えることは同じだと思いながら、私は菓子パンを口にしていた。一緒に登ったメンバーも少し長めのお昼を楽しんでいたようだった。昼休憩が終わる時に集合写真の撮影。全員うまく納まって写っていた。

 後半戦は、コース上に少しだがアップダウンと岩場が出てきたのでそこを通過。ほかの人たちも無事に通過し惣岳山を目指した。
 ただ、このころになると、先頭の方が少し歩くスピードが速く感じられたが、無事惣岳山に到着。ここで少し休憩をとり御嶽駅を目指す。
 そして出発してからスピードダウンの指示が出る。私もミニハイクグループのペースにしては早いと感じていたがやはり少し早かったようだ。私自身少し足の動きが雑になり始めていたのでこれで復帰できた。
 これで一気に御嶽駅に下山。足の調子も良く疲れも少ない。又、皆も事故もなく下山を完了した。雨で中止になるかと思ったが天候には恵まれた。是非、次の山行にも期待したいと思いながら電車に乗り御嶽駅を後にした。


 

縦走グループ     
標題赤城・外輪山一周
山域群馬
日程2017年6月9日(金)夜 〜 6月11日(日)
参加10名
寄稿藤井

新潟への移動中によく見ていた赤城山へ初めて行った。国定忠治でも知られた名前、前橋市のすぐ東に位置し沢山の人々に親しまれている優美な処。

黒檜山(1827m)を中心とする山々が大沼、小沼の周りを取り囲んでいるので湖畔にあるキャンプ場を起点に回ることができる。
黒檜山へは標高1350mから一時間半登ると素晴らしい眺望がゲットでき、後は爽やかな尾根や森をトレッキング。雨宿りで入ったレストハウスではソフトクリーム、コーヒー等で一息つけた。

梅雨入りしたとは思えない素晴らしい天気に恵まれ、黒檜山、駒が岳、地蔵岳等の頂上からは遠方までぐるりとダイナミックな山々がつながり、皆大満足。ツツジが見ごろで各種堪能できた。白樺牧場は花盛りで凄い!
又、地蔵岳の上に出たところには深山桜が一本、満開絶好調な姿を現し驚かされた。(見納め桜)

湖畔のキャンプ場は割合清潔に管理され賑わっていた。湖面に映る山が清々しく、水の揺らぎがゆったりした時間を醸し良い夏山の開始になった。

P.S.
*鳥居峠では御神水で出来たスペシャルビールが目前にあったが、後半があるので、良い子たちは我慢できた〜。
*快適なキャンプ場でBBQと冷ビールが抜群に美味しかった〜。
*上着のポケットに入れていたカメラがトイレに落下 〜>=<〜 長い筒の下だったので、救出断念!
*句碑めぐり道で「テント泊 赤城縦走 みな笑う」と〆の一句


 

平日グループ
標題大野山
山域丹沢
日程2017年6月7日(水)
行程 松田駅 (御殿場線) 谷峨駅 → 野背開戸 → 大野山(723.1m) → イヌクビリ → 
古宿 → 大野山登山口 → 山北駅 (御殿場線) 松田駅
参加12名
寄稿中嶋

平日グループに入り、この一年静かな山歩きを満喫してきました。 しかし、電車は違います。 小田急線は大変混んでいて、ザックを持って乗車するのが申し訳なく感じました。

今回の大野山は御殿場線の谷峨駅がスタートです。 田植えの終わったばかりの田んぼを通り、強烈な臭いがする花が満開の栗林の横を抜け、つり橋(渡る時は10名以下の事との指示あり)を渡り、ハイキングコース入口まで行きます。

山の上一帯は牧草地になっていて、草原が山頂まで広がっています。とても気持ちがいいです。 この日は曇りで富士山は見えませんでしたが、開放感は抜群。トイレや休憩スポットもあり安心です。

山頂は風が強く、汗をかいた体はいっきに冷えて、とても寒く感じました。 昼食後は体も温まり、遠くに薄っすら丹沢湖が見え始めましたが、下山開始!!。

下山後はさくらの湯温泉に入る組と別れ、山北駅から電車に乗りました。 今度はお風呂セットを忘れないようにしなければ。


 

花山歩グループ
標題破風山(はっぷさん)  〜6月例会山行〜
山域奥武蔵
日程2017年6月4日(日) 晴れ
行程 皆野駅 → 登山道入口 → 車道終点 → 分岐 → 破風山 → 分岐 → 椋神社 → 
登山口 → 皆野駅
歩行時間:4時間
参加12名
寄稿渡辺S

奥武蔵の山々はいよいよ緑が濃くなった。天気は予想通り、青空が広がって暑くなりそうだ。
皆野駅で遅れた人から連絡が入り、車両を間違えて逆方向の三峰口に居るが遅れても追っかけますと言うことになった。

先発隊は簡単にコースの説明をした後、体をほぐし出発してしばらく車道を進んでいく。通りの家々の庭先にはピンク、白や黄色の花が咲き、道の両側には草花が目を楽しませてくれる。
暫く車道を歩いて高橋沢登山口に着き小休止、コンクリートの細い山道に入ると木立の日陰があり心地よい。
林道終点で小休止してから登りの傾斜がだんだん急になり、道も滑りやすい。 急登を過ぎて車道に出ると柚子畑のいい香りが漂う車道を折返しながら進む。 二股で一休みした、濃くなった緑の中を歩くのはとても気持ちが良い。
しばらく登り、札立峠への分岐を過ぎて、ほんのり煙草の臭いがして休憩舎に着く、更に細い尾根を登って破風山に着いた。 ここは関東ふれあいの道にもなっていて登山者も比較的多かった。

三等三角点のある山頂から少し戻り昼食となった。みんなでソロソロだろうと車両間違えた後発隊の噂をしていると聞覚えのある声がして到着した。
蝶々の舞う山頂で集合写真を撮った、南側に眺望がありピラミッド型の武甲山断面が正面に有る。

巻き道を下り分岐を桜ヶ谷コースへすすむと車道を歩き椋神社に着いた。 しばらく休んだあと車道を歩く、暫く進むと、登りで通った登山口を通り駅へ着いた。

私事ですが去年の春から今年の四月初めまで日光へ長期出張したのでKHCの山行に参加しませんでした。 しかし、この機会に男体山、日光白根山や周辺の山々を歩く事ができた。
今年は四月末から七月初めまで前橋ですが、奥武蔵地域は近いので一年ぶりに先月と今回の例会山行に参加した。 久しぶりに会う方々とお話が出来て楽しく気分も新になった。
今年は時々、川崎に居れそうなので来月からの山行も出来るだけ参加したい。


 

軽ハイクグループ
標題ユガテ 越上山 顔振峠
山域奥武蔵
日程2017年6月3日(土)
参加9名
寄稿山崎

西武池袋線東吾野駅までは、以前と比べて交通の便が非常によくなり、東急のFライナーを使うと飯能で乗り換えれば4駅で到着する。

好天に恵まれ、周囲の緑が気持ち良い道を、まずユガテに向けて歩く。途中福徳寺に寄る。この寺のところに「飛脚道」という道があるが、そのまま車道を進み、途中から林道に入る。ユガテはベンチもテーブルもあり、バーベキューができそうな広さだ。周りはきれいな草花がいており、「ここで昼食にしようか」という声も出たほどゆったり心やすらぐ空間でした。
その後は普通のお宅の庭さきを通って山道に入り、エビガ坂を通過して十二曲でちょっと一休み。Kさんお手製のきゅうりの塩漬けで、塩分補給をさせて頂き、一路越上山を目指す。
越上山の山名は「おがみやま」だが、かつては雨ごい信仰の山だったそうで、「拝み山」から転じて名付けられたそうだ。途中、送電鉄塔の下をくぐるということだったが、鉄塔はすっかりなくなり、遠くの山々が見渡せる視界の良い場所になっていた。車道を超えて岩交じりの道を登る。なだらかな道もありましたが、越上山頂上到着前は岩場でした。
頂上に到着。展望がなく、つつましい山名プレートがありました。ホッとして昼食。Sさん手作りのお芋、こんにゃく、シイタケの煮物をご馳走になりました。頂上下から吹いてくる風は、少し肌寒いくらいだった。

岩場に注意しながら下山開始。顔振峠に向かう。途中見晴らしの良い場所があり、東京スカイツリーが見える場所と案内が出ていたが、残念ながら今回は見ることができませんでした。その後諏訪神社に寄り、顔振茶屋まで歩く。途中、眺望の素晴らしいところがありました。
奥武蔵の集落、様々な緑をなす森や林、武甲山をはじめとして遠くの山々が見渡せ、皆立ち止まってしばらく心ゆくまで景色を眺めました。
その後、顔振茶屋で一休み。山道から車道にでて、吾野駅へ。歩行中に素敵な花畑に囲まれた家があり、脚は自然にその家に。なでしこの一種と思われるお花畑、石垣の間に植えられた花々。駅到着前の和やかな一時でした。吾野駅に向かう石段を登って、無事に駅到着。

参加者皆さん和気藹藹で、楽しい山行でした。


 

縦走グループ     
標題川苔山
山域奥多摩
日程2017年6月3日(土) 晴時々くもり
行程 奥多摩駅 (バス) 川乗橋 (40分)→ 細倉橋 (55分)→ 百尋滝 (90分)→ 
川苔山山頂 (160分)→ (赤杭尾根) → 古里駅
行動時間:7時間25分、歩行時間:5時間40分
参加17名
寄稿望月

奥多摩にはいくつかの名瀑がある。払沢の滝、海沢三滝、綾滝等であるが、今回登った川苔山の百尋の滝は、深山の名瀑の趣があり奥多摩では一番好きな滝である。特に新緑の季節に太陽光が滝の飛沫を反射する昼近くは、新緑の陰影と滝の飛沫の陰影が絶妙な光の芸術を見せてくれる。まるで印象派の絵画を見ているようでついウットリとしてしまうのだ。

梅雨入り前の最後の土曜日となる6月3日。AM8:25JR奥多摩駅に17名が集合。増発バスで川乗橋バス停下車。天気予報に晴のマークはなかったが、奥多摩でも人気の山域だけに登山者が多い。細倉橋先の登山道入口までは40分。が、沢のせせらぎの音を聴き、大小の滝を鑑賞しながらの林道歩きは飽きるということがない。ここから百尋の滝までが本日のメインエベントと呼ぶに値するルートとなる。道は沢沿いを縫って走り、何度も木橋で渡渉を繰り返す。普通に歩きながら沢登りの醍醐味を少しは味わえるといった感じで気分は最高。
百尋の滝には10:45到着。太陽光によって新緑は益々緑の輝きを増し、滝筋はその反射光を吸収して得も言われぬ陰影を作っていく。その美しさに私は暫し呆然としてしまった。沢の空き地で昼食後、急登をひたすら登り、12:54山頂へ。富士山こそ見えなかったが、絶景が我々を出迎えてくれた。奥多摩の山脈の奥に佇むのは雲取山である。

川苔山山頂にて全員で記念撮影
全員で記念撮影後下山開始。今回の下山ルートは古里駅へと下る赤杭尾根。私は初めて歩くルートでワクワクしながらの下山となった。所要時間が2時間40分と少し長いが、皆でワイワイと喋りながら下っていくので飽きがない。山頂からは3度の休憩をはさみ、16:24古里駅到着。早速駅前のコンビニでビールを購入。どうして下山後のビールは世界で一番美味いのだろうか。

今回の山行計画をされたCLのAさん、他、参加して頂けた皆様に感謝の言葉を送ります。


 

自然保護部     
山域丹沢
日程2017年5月28日(日)
標題2017丹沢クリーンハイク(登山道整備)に参加して  〜少しは、役に立ったかな、との達成感〜
参加7名
寄稿伊藤K

今年もクリーハイクの時期になりました。今年は記念すべき40回目の年でもありました。

昨年一緒に参加した人と、「早いね、あれから、もう一年がたったね。」と、話をしながら、昨年と同様に県のパークレンジャーの方の指導のもとに、7kgから10kgの砂利袋をザックに詰め、菩提峠から二ノ塔経由して三ノ塔までの間“歩荷(ボッカ)“をして、三ノ塔に砂利を敷き詰める作業を行いました。昨年に比べて暑さはそれほどありませんでしたが、背中の砂利の重荷が肩と足にきて、まさに全身汗ビッショリで、二ノ塔で一息ついて、三ノ塔の昨年と同じ登山道に運び上げた砂利と小石をすべてまき、敷き詰めました。

今年は参加者も40名と多く、200kgを超える砂利が歩荷されたので、登山道いっぱいに敷き詰める事が出来、今度は雨によるぬかるみ対策、土の流出防止に少しは役に立ったのかな、と実感をもって作業を終えることが出来ました。

登りの道で、パークレンジャーの方が、丹沢のニホンジカが最近減ったのか、見かけなくなっている。猟師の方が、環境省・県の指導でバンバン撃っているので、シカも賢いので、どこかに隠れているのか、シカの姿が減って、最近はイノシシが目立つようなりました。野生・鳥獣の個体数の把握は難しいが、ニホンジカの捕獲強化に取り組んでいます、とのことでした。

さらに、下山の道で、県連の他の会の方とのおしゃべりで、「私は、あと一万回の食事機会があります。毎回美味しく、楽しく、心おきなく食べるようにしています。本当に貴重です。」と語っていました。その方は、一日3食、一年1000食、十年で10000食との計算をされているそうです。私は、私達「人間」も、「自然」も、そして「野生」も、毎日、毎日のなにげない積みかさねが、変化となり、喜びとなり、励みともなり、ある面では淘汰され、日々を確かにつむいでいくのだな、との思いも感じて、「お互い、まだまだ、全然いけますよね。」と、頷いたものです。

来年も、あたらしい一年として、県連主催のクリーンハイクには時間を合わせて、元気に参加をして行きたいものです。そして、余計なことですが、夏のアルプスをめざす私達ハイカーにとっては、クリーンハイクの歩荷は、良い足腰の訓練にもなりますよ。





標題クリーンハイク・イタツミ尾根コース(ヤビツ峠〜大山〜ヤビツ峠)
参加14名
寄稿杉江

川崎ハイキングクラブに入会し、三年目にして初めてクリーンハイクに参加することが出来ました。常日頃、楽しく登らせていただいている山に対し、こういった形でお返しが出来る機会を作っていただいたことに感謝します。

当日は、集合時間より30分ほど早く秦野駅に着いたので、取り敢えず、偵察を兼ねてヤビツ峠行のバス停に行ってみると、早くも長蛇の列!!登山道整備に参加されるKHCのメンバーもチラホラ。再度、駅の改札に戻りリーダーに会って、バス待ちの行列に加わりました。

ヤビツ峠に到着し、まずはトイレへ向かうと、何としたことか、どの個室も排泄物とペーパーが流れず堆積しており、とても使用する気になれません。冬の凍結防止の為に水が止められたままだったのかもしれませんが国定公園で、これは有り得な〜〜〜い。

ミーティングが終わって、軍手、ごみ袋、トングを手に登山開始。日差しは殆どなく、遠くの山々を展望することは出来ませんが、下を向いてのゴミ拾いには最適な日和です。朝方、雨が降ったのか、地面が湿っており、草むらにヒルが居たということなのでズボンの裾をしっかり絞めて防御です。

本日は、植物博士が御一緒なので知識が広がります。二人静、ギンリョウソウ、ツクバネウツギ、ツルキンバイ、ミツバウツギ、ヤブデマリ、トウゴクミツバツツジ等々、メモしたのはこれ位ですが、さて、次の山で、これらの植物に出会った時、いくつ名前が言えることでしょうか?

ワイワイ、ガヤガヤ、姦しく口も動かしましたが、手もしっかり動かしました。集めたゴミを計量していただくと、不燃ゴミが9.5kg、可燃ゴミが3.5kgで合計13kg。一人当たり1kg弱の収穫でした。

日頃、登山中にゴミを見かけることは、そんなにありませんし、毎年、多くの方がクリーンハイクに参加していらっしゃるので、ほぼ空のゴミ袋を持って下山するんだろうと思っていましたが、いや、探す気になってよく見渡すと、こんなにたくさんゴミが落ちているんですね。

達成感がありました。来年も、多くの方とご一緒に参加したいものです。



標題クリーンハイク・イタツミ尾根コース(ヤビツ峠〜大山〜ヤビツ峠)
行程 大山ケーブルバス停 → (女坂) → 下社 → 見晴台 → 大山山頂 → ヤビツ峠バス停
参加8名
寄稿三浦

クリーンハイクでは気持ちがいつもの山歩きとは異なりキリッとしてしまう。それは通勤などのお出かけの服装で、スーツにネクタイと、そうではないラフな姿の時の表情の違いに似ている。イベント名・団体名が表示された袋や旗を持っているので労山の看板を背負っているためか。模範登山者としての自覚を持つ意味で軽いストレス?を覚えるのが面白い。

私がこの登山口に入るのは、約40年前に妻と一緒に訪れた一度だけである。その時は、高い段差が多い男坂を登って表参道を進むコースだった。以後、大山の話になる度に男坂を選択したことで非難されたものだ。

バス停に到着後、ミーティングと共にごみ袋等を配布される。周辺の風景は信仰登山となる大山詣に名を馳せる通り宿や店が多い。参道の両脇にはびっしりと土産物店や飲食店が並び、メンバーの足どりは当然ながら牛歩調となるも楽しい。

さて、ごみの収集状況はというと。登りは新緑の濃い山道をゆっくり歩いていたが、ほとんど見当たらなく、意外だと感じた。昼食後の下山では、イタツミ尾根筋でみんなが頑張った。前回もそうであったが、道から脇に少しずれると、有るは出るはで大変なことに。割れたビン・錆びた缶・ビニール袋・ペットボトルなど、ほとんどのものが故意に投げ捨てたものであることが分かる。

終点のヤビツ峠では、ごみ計量処分班が待機しており、最後の到着となった私たちメンバーにねぎらいの言葉をかけてくれた。実行委員会の皆様、大変お疲れ様でした。

丹沢クリーンハイクは今回が40年と長い歴史がある。自然保護・ボランティア精神が、この先も続くことを願う。


 

教育遭対部
標題鷹取山  〜最後の岩トレ・ロープワーク〜
山域三浦半島
日程2017年5月27日(土) 曇りのち晴れ
行程 追浜駅 → 鷹取山 → 展望台 → 神武寺 → 東逗子駅
行動時間:7時間40分
参加7名
寄稿渡辺M

 集合写真を撮っている時だった。「しまった」、今回は全員が写っている写真がないことに気がついた。 それもそのはず岩山の上にいるのだから。 今回の山行は、岩トレとロープワークの訓練の為、 トレーニングを終えた最後の瞬間に撮影をすることになり当然のことながら周囲に私達以外の人はいない。
仕方がないが誰の責任でもないのでそのまま下山することになり、 最後の「岩トレ・ロープワーク」が終わることになった。

 最後と書いたが、来年から教育遭対部の「岩トレ・ロープワーク」を「岩場・クサリ場の訓練」にすることになり新たに生まれ変わることになったからだ。 理由は、参加者が減少してしまい、もっと実際の山行にあった訓練に変更する必要と判断された為。

 それでも質の高い内容を提供していたと思う。 県連の初級登山学校(旧ハイキングリーダー学校)に参加した人なら良く分かると思うが訓練内容はほとんど同じで質の高いものであった。

 内容は、説明と実技で「ロープの使う時」、「ヘルメットの使い方」、「ハーネスの使い方、ロープ・カラビナ等を掛ける場所」、「スリングとカラビナの使い方」、「ロープの結び方」、「三点確保による岩場のトラバースと登下降」、「支点のとり方と自己確保(セルフビレー)」、「トップロープで確保、岸壁の登下降」、「懸垂下降」その他多くの技術指導。 挙げていたらきりがないが、今回もほとんど県連と同じものがやれた。

 それだけでない。 今回、私などは内容の技術が進歩したせいで頭が空っぽになり、戸惑うことがかなりあり、それだけ登山技術が進歩しているのを実感させられ、常に勉強しなければいけないことを思い知らされた。

 それでも、今回は思い入れもあったが無事成功し良かったと思う。 今後は、新たに行われる「岩場・クサリ場訓練」にも期待し成功させなければいけない。 今度は、川崎ハイキングクラブの中で多くの参加者がでるように努めていこうと思い、この文章を終わらせたいと思う。



 

四季グループ
標題和名倉山
山域奥秩父
日程2017年5月20日(土) 〜 5月21日(日)
参加9名
寄稿若林

5月は一年の中で一番好きな月で、なんとしても毎週、山に登りたいという気持ちが強い。 そんな中、四季グループの和名倉山の企画を知り、即申し込んだ。
参加人数がジャンボタクシーの定員となる9人になったとの事で、計画表を見ると、 楽しくなることは間違いないメンバーと知り、ワクワクである。

さて、この和名倉山であるが、縦走Grでも3年前の5月に企画し、秩父湖まで縦走している。 この時は大荷物を背負っての縦走だったので、かなり大変だった記憶がある。 今回は将監小屋をベースに和名倉山までの軽装のピストンなので、気がかなり楽だ。

我ら9人を乗せたジャンボタクシーは、若干回り道をしながら三ノ瀬に到着。 そこから牛王院平(ごおういんだいら)へ向けて歩き始めるが、ゆるりとした勾配で、新緑が気持ちいい。
今日明日と、山行期間中の天気予報も晴れが約束されていて、テントの重さも気にならない。 峰桜も丁度見頃だ。鳥の鳴き声がすると、Aさんから種類に関する説明が入る。 Aさんより、これからテント山行も積極的に行うとの発言もあり、嬉しい限りだ。
西御殿岩から見た和名倉山方面
2時間程度で牛王院平に到着し、昼食後、荷物をデポして、奥秩父縦走路上の西御殿岩に向かう。 1時間程度で西御殿岩に到着するが、そこからは360度の展望が得られ、明日登る和名倉山も意外と近くに見え、 気合が入る。(直線で5km先)
その後、将監小屋のテン場に戻り、楽しく宴会をし、風もない快適な夜を過ごした。

翌日は4時起きで和名倉山を目指す。 和名倉山自体は展望のない山だが、そこに至る稜線が素晴らしい。 道は見通しが効き、歩きやすい。左右に奥秩父の山々を見ながらの稜線漫歩だ。時折、白根三山も顔を出す。
和名倉山へは将監峠からの登山客がわりといて、30人程度はすれ違っただろうか。 昨夜は将監小屋は混雑していたらしく、和名倉山は今やマイナーどころか、人気の山と知った。

和名倉山から戻り、テントを回収し、三ノ瀬には14時に下山。 民宿みはらしに立ち寄り、即、ビールをいただく。ギンギラギンに冷えてて最高! 民宿のおばあちゃんがつまみも出してくれた。さすが商売がうまいので、もう一本!となる。
ジャンボタクシーは15時の予約のはずが、14時には民宿みはらしに来ていた。 運ちゃん曰く、「下は暑くてかなわんから、早めにきて、涼んでいる。」とのこと。 えー、下はそんなに暑いのか〜、とか言いつつ、我々はタクシーに揺られ、居眠りしながら気持ちよく帰路に着いた。


 

ミニグループ
標題明神ヶ岳  〜春山を歩く〜
山域箱根
日程2017年5月20日(土) 晴れ
行程 小田原駅(バス)→宮城野営業所前バス停(70分)→鞍部(40分)→明神ヶ岳(80分)→見晴台(60分)→八坂神社(50分)→伊豆箱根鉄道大雄山線 塚原駅
参加7名
寄稿堀内

明神ヶ岳頂上にて記念写真
ミニグループ主催の明神ヶ岳(みょうじんがたけ、標高1169m)山行に参加しました。 明神ヶ岳は1月定例山行として計画されましたが、残念ながら天候が悪く中止なった経緯があります。 私にとってはKHCお試し山行となるはずだった山だけにぜひ登頂してみたいと考えており、 今回ミニグループの皆さんに同行させて頂きました。
ゴールデンウィークを過ぎた土曜日にもかかわらず、 小田原駅発バスは満員乗車で改めて箱根方面のハイキングの根強さを感じさせられました。
登山口から入ったところで粘土層のやや急坂がお迎えです。 確かにこの登山道は雨が降ると川化してしまい泥んこ状態だな、1月定例山行の中止も納得です。 横目に別荘地帯を見ながら鞍部まで登ります。 樹林地帯のため風の通り道がなく”春山を歩く”はずがピーカン天気で夏山の様相です。
鞍部から明神ヶ岳までは尾根沿いを進みます。 心地よい風を感じながら視界が広がってきます。 左手には大涌谷が眺められ硫化水素の臭いもしますね。 視界が開けたところでは富士山が眺めながらテンション高くなりながら明神ヶ岳頂上に到着です。
明神ヶ岳頂上より富士山を望む
明神ヶ岳からの展望は雄大で富士山や相模湾、伊豆方面が眺められます。 広い頂上にはすでに多くのハイカーやトレッカーで大賑わいです。 比較的若者が多く、彼らはコンロでBBQを調理中、私たちはにおいをおすそ分けでささっと昼食を済ませます。
下山は一旦鞍部まで戻り、途中いくつかの急坂がありますが比較的歩きやすい登山道を下ります。 途中で出会った観光協会の方曰く、定期的に登山道の草取りや補修を実施しているとの事です。感謝です。 見晴台の場所を勘違いなどありましたが塚原駅までの道すがら二宮金次郎像と腰かけ石を見たり、 八坂神社ではトイレ休憩が出来るなどハイカーには親切なコースでした。

今回の山行は程よいコース設定と参加人数で構成されており、ミニグループの皆さんの人柄の良さを感じ取れました。 ミニグループの皆さん、ありがとうございました。


 

中ハイクグループ
標題神津島天上山登山  〜花の百名山の一峰・海抜572m〜
山域伊豆諸島
日程2017年5月20日(土)
参加19名
寄稿宮地

5/19 23:30 横浜大さん橋出港東海汽船「さるびあ丸」はKHCメンバー19名を乗せて伊豆諸島北から5番目の島神津島に向かう。
神津島は周囲22km人口約1,900人。遥か昔7人の神々が集ったという伝説の島。 周囲を紺碧の美しい海に囲まれ、天上山はその名のとおり海にそそり立つ火山の島だ。

天上山から、式根島・新島を望む
展望地にて
5/20 黒島登山口からゆっくりと頂上を目指す。 下船した神津島桟橋を見下ろし登ること約60分、黒島山頂10合目に到達。 「オロシャの石塁」「千代池」と歩を進める。 オオシマツツジを筆頭に様々な種類のツツジ、サツキ類がまさに百花繚乱であった。
「表砂漠」と呼ばれる頂上盆地でゆったりと昼食をとる。 ここは波打ち際かと思わせるような白砂が周囲に広がる。
南へ登り返し20分ほどで「裏砂漠」とよばれる不思議な地点に降り立つ。 まさにアポロ計画の終局で月の砂漠を宇宙飛行士達が、月面自動車で岩石採取と映像記録に励んだ光景を思い起こさせる。
東へ向かって登ると峠から「三宅島」と「御蔵島」を遠く望む。 まさに空と海のダブル・ブルーを堪能しながら雲一つない天上の楽園で歩を進める。
地図によると間もなく「新東京百景展望地」だ。 何故?と自問する間もなく現地に到着。 圧巻であった。 まるでバームクーヘンのような真っ白な砂に覆われた櫛ヶ峰。 真っ青な太平洋越しに式根島・新島が望める。 目をこらせば更に奥に利島(としま)が見えた。

何という幸福感。「ああ本当にこの島に来て良かった。」メンバー19人の以心伝心。 空と海の青の競演(饗宴)オオシマツツジの濃いピンク色、頂上の白の砂漠、 この山を登った人ならばきっと同じ感慨を抱くであろう。
天上山山頂572mを踏み、神代の時代、伊豆諸島の神々が集い、 水を分け相談をしたと伝えられる「不入ガ沢」の淵を歩き白島下山口から慎重に山を下りた。


 

平日グループ
標題天城山  〜シャクナゲとミツバツツジ咲く天城山を歩こう〜
山域伊豆
日程2017年5月17日(水)
行程 天城高原ゴルフ場 → 四辻 → 万二郎岳 → 万三郎岳 → 四辻 → 天城高原ゴルフ場
参加26名
寄稿

アクセスの不便な天城山にバスで行けるということで、平日グループの山行に参加しました。 総勢26名で、補助席に座るほどの盛況ぶりでした。

途中の高速道路で小雨が降ってきた時は「もしかしたら観光、買い物ツアーに変更か?」と不安がよぎりましたが、天城高原ゴルフ場の駐車場に到着した頃には雨もやみ、3班に分かれて出発です。
万二郎岳から石橋立までの間は馬酔木のトンネルということだったのですが、残念なことにトンネルというほどは咲いていませんでした。少し遅かったのかも。
万三郎岳までの間では念願のアマギシャクナゲを見ることができました。つぼみは赤いのですが、咲くと薄いピンク色でとても綺麗でした。

万三郎岳で昼食をとり、シャクナゲコース目指して歩きます。
看板のアマギシャクナゲの写真は白い色でしたが、今まで見たものはほとんど赤かピンクだったので、きっとこの写真は経年によって色あせたのだろうと勝手なことを言っていたのですが、尾根を回った時に突如本当に真っ白なシャクナゲの大木が現れた時にはおもわず「お〜!!」と声がでるほど感動しました。

思っていたより石や木の根で歩きにくい道が続き、平坦な道はまだか〜と、やけくそで歌を歌ったりしながらも、神秘的なブナの森林や山桜、豆桜なども見ることができて幸せな気分でした。

帰りの足柄PAで美味しい静岡おでんを購入してバスの中で食べました。さらに今回参加者が多かったので、キャッシュバックありという嬉しいおまけつきの楽しい山行でした。


 

中ハイクグループ
標題伊豆ケ岳(5月例会山行)  〜山並みと花を楽しむ〜
山域奥武蔵
日程2017年5月14日(日)
行程 正丸駅 → 正丸峠分岐 → 正丸峠 → 長岩峠 → 男坂 → 伊豆ケ岳(756m) → 
迂回路 → 正丸峠分岐 → 正丸駅
参加12名
寄稿川村

奥武蔵にあるのに「伊豆ケ岳」?? 名前の由来には“山頂に登ると伊豆まで見えるから”“温泉が湧き出ていたから(湯津ヶ岳)”“アイヌ語が語源”など、 いろいろな説があるそうです。 登山口にはたくさんの登山者が集まっていましたが、ティーンエイジャーの多さにびっくり!

歩き始めるとさっそく植物博士Nさんや地質博士Tさんの楽しいお話に興味と笑いが尽きません。 この日のテーマはやっぱり『コナラとミズナラの見分け方』と『チャート』でしょう(笑)。 花や木の名前を知るとより身近に感じられてうれしいですし、地質の成り立ちには地球のロマンを感じます。 この日は他にも、卯の花、飛燕草(ひえんそう)、アヤメ、スグリ、わすれな草、クサノオウ、ミツバツツジ、 ヤブデマリ、カラスヒシャク、マムシ草、オダマキ、フタリシズカ、イワタバコ、ツクバネウツギ、イワタバコ、 コシアブラの木、エビネソウ、クマガイソウ、フタバアオイ、ヤグルマ草などなど・・・。 ふだんはきっと素通りしている山の植物たちにたくさん出会うことができました。

山頂直下の登りは男坂(鎖場)とう回路の二手に分かれる予定でしたが、今回は全員で男坂へ。 急な傾斜の岩場に内心ドキドキでしたが、ベテランの先輩の手助けをもらいなんとかクリアー! 一見初心者向けに見える山なのに、奥深い楽しみがあるのもこの山の魅力なんですね。 頂上で記念撮影、下山途中の茶屋ではお茶のサービスをもらい、よもぎ餅をお土産に帰路につきました。

みなさんありがとうございました(*^-^*)。


 

アラカン☆ハイキング(No.44)
寄稿


 

ミニグループ
標題GWに新緑の南高尾を深呼吸!
山域高尾
日程2017年4月29日(土)
行程 8:15京王高尾山口 → 四辻 → 草戸峠 → 草戸山 → 榎窪山 → 三沢峠 → 
西山峠 → 中沢山 → 大洞山 → 大垂水峠 → 高尾山 → 京王高尾山口
参加17名
寄稿砂川

ゴールデンウィーク初日,新緑のすがすがしさが目に染みる南高尾のロングコースに参加しました。

登山道は,駅からすぐに始まりました。登山道に入ると,すぐに山つつじがオレンジ色の柔らかな花を咲かせていました。 山行目的のとおりのまだ柔らかい薄緑の中の華やかさに目を奪われつつ,新緑の中を歩きました(右の写真はHさん撮影。 さわやかさが伝わってきます!)。

この日の山行は,17名の大グループで,さすがゴールデンウィーク!とびっくりしたのですが, 南高尾山稜はそれほど人影もなく,新緑を深呼吸して歩きました。 時々トレイルランナーが駆け抜けて行ったり,ゆっくりと歩く方とすれ違ったりしながら, 筆竜胆のかわいらしい花や,何種類ものスミレ,チゴユリやタツナミソウ,錨草,ウマノアシガタ,など, たくさんの花々を見かけ,名前を教えていだたきました。 里山の花は本当に愛らしいです!

高尾山山頂近くになって,天気予報どおり雨と雷・・でもリーダーの人徳ですぐに上がり,無事,天狗焼を食べながら下山しました。

楽しい休日をありがとうございました!


 

四季グループ     
標題八王子八峰山行(前半戦で、雷雨のために撤退)
山域八王子
日程2017年4月29日(土)
参加24名
寄稿伊藤

四季グループの過去の山行で、2013年3月30日18名、2014年4月12日12名参加の八王子八峰山行記録があり、 Iさんが企画しています。私も2013年の時は、Iさんと八峰の前半のコースを下見した記憶があります。 そして、2013年の八峰は、雨が降り足元もぬかるんで、時間掛かり下山時間が9時を越えて、 高尾山口駅に着いてから終電の時間を気にしながら、電車の中で缶ビールで乾杯をして帰宅をしています。 また、2014年はやはり日没前には降りられずに、7時を回っていたと記憶しています。

“あれから3年”、久し振りの八峰です。今回は3班に分かれて、1班は経験豊富な健脚グループ、2班は初めて八峰挑戦グループ、 3班は途中で陣馬高原下へ下山するグループで、予定どおり朝8時に稲荷神社をスタートしました。 今熊山、刈寄山、市道山、醍醐丸と前半は、予定時間は多少オーバーするものの、気持ちの良い風と青空のもと、 春の新緑の芽吹き、山桜、生気みなぎるやまなみを遠望して、疲れを癒しながらの順調な歩きでした。

しかし、和田峠の手前あたりから、空は晴れているのですが、予報にもあった急な雷雨となり、峠の茶屋のひさしに逃げ込みました、 時は午後2時半。 1班はすでに到着して、陣馬高原下に下山を決めていての下山体制で、2班、3班とも、この雨の中での後半戦を多少躊躇したことと、 予報では短時間で雨は止み天気は回復するものの、5時過ぎにはまた雷雨の襲来あるとの予報を考慮して、残念ながらの下山としました。 2班、3班の和田峠からの下山時には、先ほどの雷雨は嘘のように、空は青空で、午前中と同じ気持ちの良い歩きでしたが、 足元は舗装道路では楽しみも半減でした。 2班の参加者からは、今回は体調も良かったので、後半の残りも歩きたかった、まだまだ大丈夫との声が上がりましたが、 楽しみは次回として、心をのこしての解散となりました。

また機会をみて、スタート場所を陣馬高原下の「夕焼け小焼け」公園からとして、 今回残した、陣馬山、景信山、小仏城山、高尾山をメインに、是非歩きたいと思っています。 長歩きで、ある程度自分を追い込んで、脚と体に基礎力をつけたいものです。


 

縦走グループ     
標題外秩父七峰縦走ハイキング大会  〜どこまで歩けるか!楽しい脚だめし〜
山域秩父
日程2017年4月23日(土)
行程 小川町役場前 → 官ノ倉山(344m) → 笠山(837m) → 堂平山(どうだいらさん 875.8m)→ 
剣ケ峰(876m) → 大霧山 (おおぎりやま 766.6m) → 皇鈴山(みすずやま 679m) → 
登谷山(とやさん 668m) → 寄居町(ゴール)
行動時間:11時間、総距離42km
参加18名
寄稿川村

 東武鉄道主催の恒例ハイキング大会、秩父の七峰を完歩して42キロを歩くという強者コース。 早朝のスタートのため、メンバーは前泊(テント)組、朝到着組(車・電車)に分かれての集合でした。
私は早朝出発の車に乗せてもらい、5時少し前に現地に到着。 前日からの雨もあがり、朝もやの爽やかな空気の中、長い1日への期待が高まりました。

 スタート地点には早くも大勢の参加者。 まずは受付でコースマップと記録カード(スタンプカード)をもらって5:57スタート!
歩きはじめるとすぐにのどかな里山の風景が広がり、山桜や木蓮、ツツジ、菜の花・・・春の色彩が朝の光を受けてキラキラまぶしい。 おしゃべりしながら歩き、7:37「和紙の里」で朝ごはん休憩。
おいしそうな販売に目移りする間にも多くの人が足早に通り過ぎていきました。 とにかくたくさんの人(大会参加者7000人!)がそれぞれのペースで歩くので、KHCメンバーとも合流したり離れたり。 こういう歩き方ってふだんしていないなあ。 たくさんの老若男女のハイカーは、ベテランはもちろんファミリー、カジュアルな装いの若者たち、外国人などなど・・・ まさにハイキングの祭典という雰囲気でした。
11:00堂平山ではおいしいキノコ汁の昼食でまったり。芝生広場からはスカイツリーが見えました。 その後も歩き続け、峠ではおやつや水分を補給しつつ休憩。 SLの待つ秩父高原牧場には14:42到着、ここで食べたソフトクリームはもう人生最高のおいしさでした! ここからはあと少し、最後に2つの山と林道を歩いて歩いて・・・ヘロヘロになりながらゴール会場にすべりこんだのは18:15。 制限時間18:30にぎりぎり間に合いました。

 KHCに入会してはや3年。会を教えてくれたTさんに「ぜひ行ってみるといいよ」と聞いてから、今回ようやく参加できました。 晴天にも恵まれ、想像以上に楽しい1日となり、完歩できたことも自信になりました。 悠々と歩く先輩たちが格好よくて改めて尊敬!私もまたいつかチャレンジして今回の記録を更新できたらいいな。 (でも完歩しなくても充分楽しめそう。ソフトクリーム目指してまた来たいです。)

 みなさん本当にお疲れ様でした。 ありがとうございました(*^-^*)。


 

教育遭対部
標題三条ノ湯〜雲取山  〜4度目の雲取山〜
山域奥多摩
日程2017年4月22日(土) 〜 4月23日(日)
行程 JR奥多摩駅 (バス) お祭り 〜 三条ノ湯(泊) 〜 雲取山 〜 鴨沢 (バス) JR奥多摩駅
参加7名
寄稿佐藤R

 4月22日(土)〜23日(日)、教育遭対部の山小屋体験山行で三条ノ湯と雲取山に行ってきました。 総勢7名。雲取山はこれで4度目です。

 前日の午後5時頃、三条ノ湯から電話が入りました。「がけ崩れで全面通行止めになりました」。 一瞬、頭が真っ白に。続けて、「が、工事担当者は通行させてくれるということですので、通行止めの看板があっても来て下さい」。 多少不安を感じながらも予定どおり実施することにしました。
22日10時半までにはJR奥多摩駅に全員集合。前日の電話でのやり取りを報告し、実施を確認し合いました。 バス乗り場には、がけ崩れで林道全面通行止めが表示されていました。

 11時発のバスでお祭りへ。バス停をやや下ったところに林道入口があり、林道に入ってすぐの広めの場所で昼食。 昼食後、林道歩きが始まります。ゲートには監視員さんがいましたが問題なく通してくれました。 林道のほぼ中間地点、塩沢橋をすぎた頃から雨が降り出し雨着を着ます。この間、崩れた石を運搬するダンプカーが行き交います。 がけ崩れの現場は林道終点に近い場所。10mほど、道を完全にふさいでいました。石を乗り越えるのに困難はありませんでした。
 林道終点からは山道を歩き、午後3時10分三条ノ湯到着。「かへで」という広い部屋を貸切りです。 お風呂は男女別(客数によっては男女入れ替え)でお湯はアルカリ性。 肌がヌルヌルする、いわゆる「美人の湯」系。アルカリ成分が皮膚の蛋白質を溶かしているだけなのですが気持ちは良い。 セッケン・シャンプー等は使用不可です。 ご飯はマキでお釜焚き。おこげの香りがなつかしい。夕食後部屋で歓談し、8時半すぎに寝つきました。

 23日は5時に電球が点き、朝食は5時半。卵かけご飯でした。 支度を整えテルモスにお湯を補給し、6時15分に歩き始めます。 最初は急な登り。それをすぎると、三条ダルミまではゆるやかな上りが続きます。 三条ノ湯〜三条ダルミ間は急傾斜地を横断する個所があり、歩行には注意を要します。 山の上部は白く、積雪の様子。昨日の雨が高所では雪になったようです。
 三条ダルミには8時35分到着。休憩後、山頂までは雪道の本格的な登りになります。5cmはあるようです。 青空を背景に、雪が付いて白くなった木の枝が映えます。景色が素晴らしい。
 雲取山頂着は9時30分。山頂は白一色のうれしい想定外。「りんどう」用の集合写真を撮ります。 山頂を示す木製の看板はなく、代わりに真新しい石造物が設置されていました。 標高と同じ西暦年「2017」を記念して建てられたようです。建立者は東京都と埼玉県。山梨県の名は刻み込まれていません。 やや南に「山梨県百名山」標識がポツンと建てられてありましたから、そこが山梨県の雲取山最高地点のようでした。 帰宅して国土地理院地図で確認すると、雲取山頂は東京都と埼玉県の都県境にあり、 山梨県との三都県境は山頂から南に100mほどの所になっていました。 ちなみに避難小屋は東京都で雲取山荘は埼玉県。三都県の位置関係はビミョーでした(だから地図はおもしろい)。 避難小屋の温度計は5度でしたが、日差しがあり、風もなく、暖かく感じられました。 雲で、富士山が見られなかったのが残念でした。

 9時50分下山開始。雪解け水がチョロチョロ流れる道を下ります。それも奥多摩小屋まででした。ブナ坂11時。 ここで昼食。唐松谷方面の登山道は閉鎖されていました。 この時点で、当初は鴨沢発2時42分のバスを予定していましたが1時46分に乗れそうなことが分かり、頑張ることにしました。 バス停に着いたときにはまさに間一髪。同時に臨時のバスが入ってきました。あと数分遅れていたら1時間待ちでした。 JR奥多摩駅に2時20分に着くと今度は、電車は30分発。帰路はトントン拍子でした。

 今回のコースは1996年4月以来21年ぶり。 このときはさらに積雪があり、三条ダルミから軽アイゼンを装着して山頂をめざしました。


 

楽山グループ     
標題御正体山(日本200名山)  〜楽山グループ旗揚げ山行〜
山域道志
日程2017年4月15日(土) 晴時々くもり、一時雨
行程 都留市駅 (バス) 道坂隧道 (20分)→ 今倉山分岐 (70分)→ 岩下の丸 (65分)→ 
臼井平分岐 (50分)→ 御正体山 (25分)→ 峰宮跡 (50分)→ 林道に出る (55分)→ 
三輪神社 (バス) 都留市駅
行動時間:7時間15分、歩行時間:5時間35分(エアリア:5時間55分)
参加6名
寄稿望月

奥多摩の山々の山頂から富士山を眺めると、富士の両脇に一際目立つ山が見える。 右側が三つ峠山。左側が御正体山である。どちらも200名山に名を連ねていて、私の感性を刺激する山だ。 私にとっては両山とも未踏の山なのだが、奥多摩に行く度に早い内に山頂に立ちたいと思っていた山なのである。 実際にガイドブック等で御正体山を調べると中々趣のある玄人好みの山であることが分かる。
今回そのチャンスがやってきた。 会の長老、Sさんが楽山グループを立ち上げ、その旗揚げ登山に御正体山を選んだのである。 過去、Sさんの企画した山行に何度か参加している私としては1も2もなく参加を申し込んだ。

AM7:40都留市駅に集合。バスで道坂隧道下車。今倉山登山口が御正体山の登山口になる。
20分程で稜線に出る。ここで今倉山登山道と別れ御正体山へ向かう。私にとってはここからが初体験ルートとなる。 緩やかな登りが続くが、檜洞丸、大室山を見ながらの稜線歩きは気分もウキウキである。
臼井平分岐からは急登となるが、やっと登山道に雪が登場してくる。が、アイゼンが活躍するような雪ではなかった。
御正体山 山頂
昼食後13:08山頂へ。小広場となっているがガイドブック通り樹木が邪魔をして展望のない山頂だった。 すると突然空が暗くなり雨がポツポツ。急いで雨具を着込み下山開始。三輪神社を目指して一気に下っていく。
90分程下った頃、山の神様がご褒美をくれた。 林道手前に展望台になっているような場所があり、西から北にかけての展望が一気に開けたのだ。 青空が広がっている。二十六夜山、今倉山を正面に見据え、滝子山、大菩薩嶺、雲取山、三頭山、百蔵山等の大パノラマに皆大満足であった。 ここからはすっかり天気が回復し、私はTシャツ1枚で過ごす。山の天気とは本当に不思議なものである。
新しく林道が開設された為(エアリアには載っていない)従来の登山道が廃道になっているというアクシデントがあったが、 道迷いすることもなく16:06ゴールの三輪神社に到着した。

オヤジギャグも影を潜め、日本の山がどのようにできたのかを熱心に解説してくれたTさん。 紅一点、男どもの世話係を務めてくれたMさん。 そして楽山グループを立ち上げたSさん、これからも楽しい山行を計画してください。
皆さんありがとうございました。


 

アラカン☆ハイキング(No.43)
寄稿


 

平日グループ
標題港北ニュータウン緑道巡り(4月例会山行)
山域横浜
日程2017年4月2日(日)
参加20名
寄稿渡辺N

港北ニュータウン緑道巡りコースを決めたのは、「緑をつなぐせせらぎの小道、田園の流れは風の道」、 この文字をウォーキングマップで見つけたから。 13の公園を5つの緑道で繋いで歩くコースを選んだ。他にもいくつものコースがあるので、そのときの気分や時間で楽しめそうだ。 桜満開の中を歩けると思っていた!
中川駅10時、全員揃ってスタート。 「ネオ・ロマンチック」をテーマに作られた駅前の街並みはとてもおしゃれ。 ちなみに仲町台駅前は「ネオ・クラシック」外装や色彩等も街作り協定で決められているようだ。
「くさぶえのみち」から歩き始め、山崎公園は広いグランド周りを桜で囲まれている。 ブルーシートは花見の場所取りか?花は2〜3分咲き。せせらぎには白鷺と鴨の姿。 芽吹いたばかりの柳の緑が眩しく、椿の赤が映えている。
高台にある四阿近くの桜、本日一番?牛久保公園、徳生公園、神無公園と歩き山田富士公園へ。 広場では桜祭りが開催されていてものすごい賑わいだが、まずは山田富士に登頂する。 頂上には噴火口が有り、お鉢周りも出来る。 「新編武蔵風土記1828年」に登場する古い歴史を持つ富士信仰の塚で、桜の名所でもあるが、残念。花より団子?ここで昼食。
「ふじやとのみち」「あさひのみち」を歩く。早渕かなりあ公園から「せきれいのみち」になり、せせらぎ公園、茅ヶ崎公園と続く。 茅ヶ崎公園の自然生態園で原木シイタケを販売していた。途中で採りに行く程売れたので、喜ばれたのではないか?
大原みねみち公園から「ささぶねのみち」になり葛ヶ谷公園、鴨池公園、そして最後の都築中央公園。 この公園は都筑区最大、かなり広そうだ。16時着。
歩いてみて港北ニュータウンって素敵な街だと思った。 調べてみたらここを開発するときには、協議会を設け何度も話し合いを続けた。 協議会には市民も参加して「故郷をしのばせる」「緑の環境を最大限に保存する」「安全」「高い水準のサービスが得られる」 この4つの方針で街作りが進められた、とあった。成る程、納得!
元々あった里山の風景を感じながら歩くコースは心地よい筈だ。 季節を変えてまた歩きたい。

解散後の二次会はセンター南駅前の居酒屋で乾杯!


 

四季グループ
標題武甲山、大持山、小持山(ぶこうざん、おおもちやま、こもちやま)  〜静かな奥武蔵を歩く〜
山域奥武蔵
日程2017年3月25日(土)
行程 西武秩父線横瀬駅 〜 西武秩父線 横瀬駅 〜 一の鳥居(520)9:15 〜 妻坂峠 〜 
大持山(1294.1) 〜 小持山(1273)  〜 シラジクボ(1088) 〜 
武甲山(1304) 〜 長者屋敷の頭(871) 〜 林道(570) 〜 秩父本線浦山口 16:45
参加13名
寄稿堀内

横瀬駅 8:20am集合とのことで、川崎市バスの始発前に最寄駅へ移動しなければならず長い一日が始まりました。
横瀬駅までのアクセスには大きく2つのルート@秋津経由、A池袋経由 ちちぶ号利用、があり 大多数の参加者は@ルートを利用するとの事ですが、私は旅気分も味わうためにAを選択した。 当日、西武池袋線のトラブルがあり予定よりだいぶ遅れて横瀬駅に8:55に到着。
横瀬駅から眺める武甲山は圧倒的存在感がありながら、北斜面には石灰岩が豊富に採取できるため大規模に削られた痛々しい姿は、 サラリーマン生活をあと数年残す我が身を見ているようでもありました。
横瀬駅より一の鳥居まではタクシーで移動です。途中には石灰工場が点在しており日本経済を支えている側面を見る事が出来ます。 一の鳥居で再度集合し準備運動を行い9時15分に歩き始めます。
序盤は舗装林道を経て登山道へと進みます。途中、石灰石、チャートが見られブラタモリ感漂う登山を予感させます。 妻坂峠はどこなのか、どこだったのかの問答もありつつ、大持山頂上に到着です。
小持山頂上より武甲山を望む
この時点では誰も(少なくとも私は)、これから二持山の下り斜面にアイスバーンが待ち構えているとは想像しませんでした。 特に小持山の下りアイスバーンはきつかったです。 この時期の1000m超え登山ではアイゼン持ちはマストである事を痛感しました、反省。
しりもちを着きながらもシラジクボへ到着、ここからは今回の山行メインである武甲山ルートです。 写真に見える尾根沿いを進み武甲山御嶽神社へ到着。 この神社は狛犬は犬ではなくこの周辺の守り神でもあるオオカミです。 武甲山頂上は神社の裏手にあり、石灰石採掘場の裏手に当たります。頂上からはフェンス越しに採掘場や長瀞を眼下に見渡せます。
どなたか標高が採掘で低くなっていないのかと質問がありましたので家で調べました。 標高は採掘による三角点の移動などが発生した事より、1336m@1900年(明治33年)、 1295m@1977年(昭和52年)へて1034m@2002年(平成14年)になっている様です。
武甲山頂上にて記念写真
武甲山頂上から長者屋敷の頭を経て林道の下りは横目に美しい清流を見ることが出来、山中を歩いてきた目にはとても新鮮に思えました。 このようなわずかな新鮮な感動が明日への活力になりますね。 浦山口駅には4時45分到着、当初予定時刻までリカバリーする事が出来ました。

CL、SL、参加者の皆さん、たのしい一日を過ごさせて頂きありがとうございました、とても歩きごたえのある山行でした。
反省会のビールとってもおいしかったです。


 

アラカン☆ハイキング(No.42)
寄稿


 

軽ハイクグループ
標題高麗山  〜帰化人伝説の残る高麗山(平塚富士)を歩く〜
山域湘南
日程2017年3月11日(土)
行程 JR大磯駅(10:00) 〜 湘南平 〜 浅間山 〜 高麗山 〜 JR平塚駅(14:30)
参加7名
寄稿佐藤R

電車がJR平塚駅を出て大磯駅に向かうと右手に小高い山並みが見えてきます。高麗(こま)山と浅間山。 高麗山は富士山のような姿形から平塚富士とも呼ばれています(川村匡由・秋本敬子『ふるさと富士百名山』)。 少々肌寒い3月11日、「高麗山・湘南平ハイキングコース」を7人で歩きました。 この日は東日本大震災6周年目でもありました(合掌)。

大磯駅に集合し10時すぎに歩き出します。駅には同じような格好のグループがいくつかみられました。 山か海か、はたまた町歩きか。

高田公園付近まで車道を歩き、その後山道に入ります。 枯葉の積もった尾根道をたどり、湘南平には11時20分着。結構な広さがある広場になっています。 海を正面にすると左手にテレビ塔、右手に展望台、後方には丹沢・大山。 伊豆大島はうっすらと遠望できるものの富士山は拝めませんでした。ここでゆっくりと昼食。 ウォーキンググループが次から次へと現れます。幼子を連れた家族がお弁当を広げています。 適度な散歩コースになっているようです。

12時30分に歩き始めます。まずは標高181mの浅間山。ここがコースの最高峰です。 山頂には小さな浅間社が置かれ、その脇には一等三角点も。正しくは「浅間山 一等三角点補点」。 林のなかで見通しはききませんが、立てられた当時は見晴らしが良かったのでしょう。

尾根道を高麗山に向かいます。道の両側にはイノシシが掘り返した跡がいくつもみられます。 山の周囲は人家が密集しており、こんなところにもイノシシがと驚かされます。 幸か不幸か、イノシシとかち合うことはありませんでした。

高麗山の標高は168m。 小さな祠がありますが、礎石があることから、かつては社殿や鳥居があったものと思われます。 案内板には「奈良時代のころ、唐・新羅に滅ぼされた高句麗王族の一人が大磯に上陸し日本に帰化し、 その人たちが住んでいたことから、この地が高麗と呼ばれるようになった」とあります。 帰化人伝説の地でもありました。

かつての参堂跡を下り国道1号線に出ます。線路にそって平塚駅をめざし、駅到着は午後2時30分。 行動時間4時間30分。この日の歩数は19609歩でした。

四半世紀ほど前のことです。今回とは逆コースを、幼い姪と甥を引き連れて歩いたことがあります。 テレビ塔の記憶はあるものの、その他はまったく残っていません。 木々も生長し、景観が変わってしまったからなのかもしれません。


 

縦走グループ     
標題櫟山(くぬぎやま)  〜表丹沢と相模湾を眺め、のんびりと歩く〜
山域東丹沢
日程2017年3月5日(日)
行程 渋沢駅 (バス) 大倉BS 〜 黒竜の滝 〜 県民の森 〜 くぬぎ山 〜 三廻部林道 〜 
寄BS (バス) 新松田駅
参加24名
寄稿中嶋

例会山行で東丹沢のくぬぎ山(810m)に行って来ました。

12月のミニグループのお汁粉に味を占め、今回はお弁当を減らしての参加です。 渋沢駅からバスに分乗し、大倉で24名全員が集合しました。 リーダーから詳しいコースの説明を受けて(I CLは毎回するそうです)出発。 ところが、林道に入る道で意見の食い違いがあり、ちょっと混乱しました。 単調な林道歩きの後、下った先には黒竜の滝があり、マイナスイオンをしっかり浴びました。

山頂にて
整備された県民の森を通り、広い草原の山頂に到着。山頂から眼下に秦野市市街、遠くには光る相模湾を臨めます。

お楽しみのお汁粉を頂き、更におすそ分けまで頂き、お腹が膨れたところで下山開始。 あちらこちらに春の気配を感じながら、のんびりと歩くことは幸せなことですね。 この日は「啓蟄」。虫たちも姿を現してきそうな、ぽかぽか陽気の一日でした。

縦走グループの皆さん、ありがとうございました。


 

教育遭対部
標題笹尾根  〜初めてのアイゼン体験〜
山域奥多摩
日程2017年2月11日(土)
行程 武蔵五日市駅 (バス) 仲の平バス停 〜 西原峠 〜 槇寄山 〜 数馬峠 〜 分岐 〜 
大羽根山 〜 浅間尾根登山口バス停 (バス) 武蔵五日市駅
行動時間:6時間、歩行時間:5時間
参加15名
寄稿大竹

事前のミーティングでは、雪が少なくアイゼンの出番はないかも知れないとのことであったが、 五日市からバスに乗り十里木を越えたあたりから雪が見え始め、やがて完全な雪景色となり仲の平バス停に着く。 準備運動中、木の枝に積もった雪が風に飛ばされて頭に降りかかり、気分はすっかり雪山だ。

準備を整え、一般道を登って行くとその道が民家の前で途切れたかと思いきや、 民家への階段横が登山道入口となっていて驚いた。 登山道を少し進むと雪道になり、足元に気を付けながら長い尾根道を登ぼると、やがて西原峠に出た。 更に、槇寄山まで僅かな距離を登り写真撮影し、峠に戻って昼食を摂る。 休憩後にアイゼンを付け、装着時の歩行についてのレクチャーを受けてから笹尾根を歩き出す。

アイゼンを付けて分ったことは、靴が滑らないため非常に歩き易いことと、 雪が浅い場合には岩や木の根に足を置くとバランスを崩す恐れがあることだ。 また、スパッツ装着により、靴が完全に雪に埋まっても靴への雪の侵入がなく、 その効果が極めて高いことも分かった。

快適な雪の尾根道を楽しみつつ数馬峠に到着する。 峠からの見晴らしが素晴らしく、遠くには富士山、三ツ峠山、近くには一週間前に登った八重山からも見えた雨降山、 権現山が見える。 峠での一休みの後、更に進み分岐を左方向に行くと長い下りになるが、 アイゼンのおかげで、何時もより楽に下ることが出来た。 浅間尾根登山口には、バス時間の10分前と絶妙なタイミングで到着した。


 

アラカン☆ハイキング(No.41)
寄稿


 

四季グループ
標題八重山(530m)  〜新春の富士山を眺めて!のんびりと歩きましょう!〜
山域中央線沿線
日程2017年2月5日(日)
行程 上野原駅 〜 根本山 〜 秋葉山 〜 八重山 〜 能岳 〜 新井バス停 〜 上野原駅
参加19名
寄稿移川

1月下旬のある日、なんとなく気持ちが落ち着かない自分に気づきました。 イライラするというか、ザワザワするというか、落ち着かないのです。 思い当たる理由が無くはない。 でも普段ならそんなこと気にしない程度のことなのになぁ、 なんでだろう・・・・あ、そうだ、もう3か月も山に行ってない!仕事やプライベートな用事で忙しく、 11月から山行を封印していたのですが、どうやらそろそろ限界な様子。 忙しさもひと段落するところだったので、さっそくCLに連絡しました。 参加が決まると、あら不思議。イライラもザワザワもピタッと止まり、気持ちはルンルン♪

1班
当日は午後から雨の予報でしたが、19名が参加。 集合場所で久しぶりにKHCの皆さんと再会し、なぜかほっとした気持ちになりました。 八重山は、昭和4年に持ち主の水越八重さんから「ふるさとや子供たちの役に立ててほしい」と寄付された山だそうで、 八重さんの名前にちなんで八重山と呼ばれています。 今回のルートは道が広く、とてもよく整備されていて、3か月分のお喋りをしながらでも安心して歩けます。 そうです、たわいのない会話をしながらアスファルトじゃない道を歩きたかったんです!! 歩いていると十月桜、咲き始めの河津桜、シュンランのつぼみなど、春を感じられる植物たちに出会え、 気持ちが和みました。 出会いといえば、毎日八重山に登っている「こばじぃ」という八重山の主のような人にも出会いました。 こばじぃによると、春には桜やリンドウ、カタクリなど春色満開の姿が期待できるそうですよ。 展望台からは、富士山の姿は拝めませんでしたが、白くなった蛭ヶ岳、檜洞丸、大室山、三つ峠など、 お山3か月振りの私を満足させるには十分な景色でした。 13時には下山(早い!)、バス停までの道では趣のある枝ぶりの立派な梅に出会い、これまた感動。 短いけれど充実した山行でした。

山に行けなかった3か月、忙しくて身の回りの自然の変化を感じる余裕もなかった気がします。 そして今回、私にとっては山や自然の中に身を置く時間が大切なんだなぁ、 KHCの仲間との交流は癒しなんだなぁ、と改めて実感しました。

あ〜楽しかった


 

中ハイクグループ
標題知床でスノーシュー!  〜厳寒の知床の自然を楽しむ〜
山域北海道
日程2017年1月30日(月) 〜 2月2日(木)
行程 1日 羽田空港→根室中標津空港→ウトロ温泉(3泊)
2日 知床五湖スノートレ→フレぺの滝スノートレ
3日 象の鼻(男の涙)スノートレ→ワシのウオッチング・北のアルプ美術館
4日 網走「おーろら号」流氷クルージング→女満別空港→羽田空港
参加5名
寄稿河合

 1日目:中標津空港行きは「天候調査中」、でも順調にウトロ温泉に到着!

 2日目:知床山考舎の笑顔がすてきな伊藤さんにガイドされ知床五湖へ。 各々ガイド付の6チームが一緒にゲート内に入る。さすが世界遺産、冬でも人気がある。 さあスノーシューを履いて冬山装備で出発、寒い!まっさらな湖の真ん中に行きたい気もするが、それはダメ。 トイレも予め済まし、もしもの時は携帯トイレ。さすが保護の規則はきちんとしている。 二湖の中ノ島でエゾシカが出産し、母鹿が湖を渡って草を食べ、また島へ戻り乳をやり、子を守ることもあるそうな。

 昼はウトロの町に戻りラーメン。午後はフレペの滝へ。 別名乙女の滝なのに雌にありつけない雄だけの群れがおり、ちょっと戦闘ごっこをしながら将来に備えている! 滝は断崖の途中から伏流水が青氷柱を連ね海に落ちる。 鹿が増えてハンゴン草のような好まれない草だけが残っている。 帰り、車道横の雪の上にキタキツネが悠々と寝そべり、じっくり我々を観察していた! そして雲と海の間から黄金色の夕日が出てきた!

 3日目:上々の天気!知床連山が見える!羅臼岳、三ッ峰、サシルイ岳、オッカバケ岳、知円別岳、硫黄山まで! 象の鼻からは知床岳、知床岬がクッキリ! ここの凍った滝は「男の涙」と言うが雌と子鹿ばかりが群れて断崖の上でお食事中。 沖合の流氷の白い線は太くなった!

 昼食はガイドさんお勧めのジャガイモのチーズ焼き! 午後はオジロワシ、オオワシ観察、さらにSさんのご縁もあり「北のアルプ美術館〜串田孫一の小宇宙」に行った。 山と文芸の雑誌「アルプ」の世界をじっくり見させていただいた。

 4日目:本日「流氷接岸初日」との発表あり!途中、山側にワシがたくさんいる木を発見。 昨日の学習が活きた!オーロラ号は外国の方だらけ、数少ない日本代表?としてSさんがテレビ局の取材を受けた! オオワシが氷の上にかなりいる! 流氷をかき分け進む船のデッキはとにかく寒いが、ガマンして見まくり、撮りまくりの大満足!

 天候、流氷接岸、ワシさん達との出会いに恵まれ、飽食と温泉の日々! ガイドの伊藤さん、同行の皆様、本当にありがとうございました。


 

個人・山行グループ     
標題新春ハイキング  〜鎌倉葛原岡ハイキングコース〜
山域鎌倉
日程2017年1月29日(日)
参加49名
寄稿

 北鎌倉の改札を出ると直ぐに、Aさん、Bさんに「郷さん、3班よー。」と迎えられ気分よかったなぁ。 (単純なわたし)お天気も良く正に新春ハイクに相応しい幕開けとなりました。 源氏山公園が近づくと豚汁の匂いが体中に飛び込んできました。

 今日の行事を成功させるために裏方さんが早くから来られて準備をして下さっていたのですね。 野菜は前日から下煮をし、男の人は大きなザュクに鍋や水を入れて運んで下さったのですね。 心より感謝いたします。 おかげさまで美味しい豚汁をいただきながら持参した日の丸のおにぎりも美味しく食べました。 ありがとうございました。

 葛原岡神社に到着すると、Cさんが神社の由来を説明してくださり、 何の予備知識も無く参加した自分を恥じ入りました。 インターネットで改めて確認しましたが、とても由緒ある神社なのですね。
帰りは鎌倉駅まで歩き、喫茶店に入って寛ぎながら皆さんとの楽しいひと時を過ごしました。 このコースは始めてでしたが、機会があったら再訪したいと思っています。


 

縦走グループ
標題倉見山山行  〜年の初めは富士山を見よう〜
山域富士急沿線
日程2017年1月14日(土)
行程 東桂駅 〜 長泉院 〜 送電鉄塔 〜 倉見分岐 〜 倉見山 〜 見晴台 〜 相定ヶ峰 〜 
堂尾山公園 〜 富士見台 〜 寿駅
参加17名
寄稿相馬

 一週間ほど前に富士五湖地方に降った大雪が山一面にしっかり残っており、 まさに雪山トレーニングさながらの山行でした。

 登山口から少し入ったところでアイゼンをつけ、ザクザクとやや急な斜面を登りました。 途中、雲行きが怪しくなり、尾根に出た途端、冷たい、本当に冷たい小雪まじりの風が吹きつけ、 うろたえてしまうほどでした。 急いで防寒具やらレインウェアー、ネックウォーマーで寒さをしのぎましたが、 「本格的な雪山ってこんなかな」と、思う程のプチ体験のおまけも付きました。

 倉見山はアップダウンや急登もある、なかなかよい山だと聞いていましたが、 積雪があると一変することがよく分かりました。 歩くのに普段の3割増しの体力と時間を使ったような長い一日でしたが、 積雪30cmもあろうかという斜面をアイゼンで、登り下りする雪山山行は楽しいものでした。 曇り空ながら、裾野からドンと大きくそびえ立つ富士山にも出会え、 一度に富士山と雪山の二つを楽しむことができ、幸先の良い、年初めの山行になりました。

 縦走部の皆様、ありがとうございました。


 

アラカン☆ハイキング(No.40)
寄稿