川崎ハイキングクラブ
TOP 山行案内 山行一覧 山行記 写真集
会の紹介・規約 連絡先 年間行事 イベント リンク


山行記
 
 
2014年 2015年 2016年 2017年



2018年
日程標題山域形態寄稿
2018/05アラカン☆ハイキング(No.55)
2018/05/12-13大菩薩嶺大菩薩教育部佐藤R
2018/05/05三ツ峠山山梨県中ハイクGr河合
2018/04/29陣馬山中央線沿線教育部、組織部きし
2018/04/27あしかがフラワーパークと
ひたち海浜公園
栃木、茨城平日Gr
2018/04/21-23瀬戸内しまなみ海道広島、愛媛個人佐藤R
2018/04アラカン☆ハイキング(No.54)
2018/04/11蓑毛越丹沢平日Gr江幡
2018/04/07里山植物・花観察秩父県連盟清水
2018/04/01弘法山丹沢ミニハイクGr本間
2018/03/31沼津アルプス静岡四季Gr大竹
2018/03/04高川山中央線沿線縦走Gr石田
2018/02/17丸山奥武蔵中ハイクGr河合
2018/02アラカン☆ハイキング(No.53)
2018/02/12十国峠(日金山)熱海ミニハイクGr
2018/02/10-11しらびそ小屋北八ヶ岳教育部川村
2018/02/04鎌倉ウォーキング湘南四季Gr大竹
2018/01/25-02/03ニュージーランドトレッキング海外記念山行参加者
2018/01/19-20三原山伊豆大島四季Gr三浦
2018/01/14越前岳愛鷹山塊縦走Gr杉江
2018/01アラカン☆ハイキング(No.52)
2018/01/11鎌倉アルプス湘南平日Gr渡辺N
2018/01/06蓑毛越から日向薬師丹沢周辺軽ハイクGr清藤


 

アラカン☆ハイキング(No.55)
寄稿


 

教育部
標題ランプの小屋「丸川荘」に泊まる  〜教育部山小屋体験山行報告〜
山域大菩薩
日程2018年5月12日(土) 〜 13日(日)
行程 登山口 〜 丸川荘(泊) 〜 大菩薩嶺 〜 大菩薩峠 〜 上日川峠 〜 登山口
参加7名
寄稿佐藤R

JR塩山駅に集合し11:20のバスで登山口へ。雲峰寺前の売店駐車場で昼食を摂り12:30に歩き始める。丸川峠分岐までは車道を歩き、分岐から林道に入る。分岐の駐車場には10台ほどが駐車していた。
林道を20分ほど歩くと本格的な登山道に入る。これがなかなかの急坂で、それが丸川荘直前まで続く。個人的には32年ぶりの大菩薩。記憶はすっかり失せていて、「こんなに急だったんだ」と驚く。登っていると、下山してくる人たちと次々にすれ違う。時間的には、朝、大菩薩峠方面から登ってきたものと思われる。風がなく、汗が流れ落ちる。

丸川荘には15:00に着く。ほぼコースタイム。受付をすませザックを小屋に置く。1泊2食7000円。本日の宿泊者は、25名定員のところ14名。右奥の一角を私たちが占める。ゆったり気味でありがたい。夕食はカレーライス。空腹のせいか「絶品の味」に感じられた。荷揚げは人力のみがたより。ありがたく食する。
小屋には発電設備はなく、売りは「ランプの小屋」。薪ストーブが小屋を温めてくれる。それだけに、乾電池式LEDの鋭角的な光がまぶしく感じられる。20:30消灯。寒さはまったく感じなかった。期待していた星空を見られなかったことが残念だった。

朝食は6時を予定していたが早めに用意できるとのことでいただき、06:30に出発する。正面には、見事なまでに左右対称の、端正な姿の富士山。午後は雨の予報。それも早まっている様子。下山までもってくれることを期待し、歩き出す。風は冷たい。
林のなかをたどり、08:15大菩薩嶺到着。ペースはゆったりめ。山頂は「山」や「岳」が一般的なのに対して、ここだけは「嶺」。林の中で眺望は効かず、山頂の雰囲気が感じられないのも個性的だ。雷岩からは右手に、富士山・南アルプス・赤岳〜編笠山が一望できた。
大菩薩峠で10分ほど休憩し09:30に出発、登山口に向かう。福ちゃん荘、上日川峠(ロッヂ長兵衛)を経て丸川峠分岐には12:07。駐車場に車は1台もなかった。

「大菩薩の湯」に着いたのは12:30。610円のところ小屋でいただいた割引券で半額の300円。バス出発まで1時間という、やや忙されるなか湯につかり汗とほこりを流す。湯はアルカリ性で、つかると肌がヌルヌルする。いわゆる「美人の湯」系。風呂に入っているところに雨が降ってきた。映画『八甲田山』的には、「天は我々に味方した!」。

13:30のバスでJR塩山駅。駅前で食事も考えたが、14:13の次が1時間後なので、売店で食料を購入し電車内で食べることにする。反省会なしの山行でもあった。


 

中ハイクグループ
標題三ツ峠山(1785m)  〜富士の大展望を楽しむ〜
山域山梨県
日程2018年5月5日(土)
行程 河口湖駅 ⇒ 三ツ峠登山口バス停 〜 開運山 〜 木無山 〜 霜山 〜 天上山 〜 
カチカチ山ロープウェイ富士見台駅 〜 河口湖駅
参加3名
寄稿河合

5月3〜4日の悪天予報で泊まりをキャンセル、ルートも三ツ峠登山口より開運山〜河口湖駅に変更した。もとの天下茶屋〜清八山〜三つ峠山〜三つ峠駅は人も少なく、すごくいいコースだが今回は断念だ。

今日は快晴が約束されたような一日。大月から富士急の機関車トーマス号?に乗ると早速、右に左に富士は位置を変えながら大きな姿を見せてくれる。河口湖駅前の天下茶屋行きバス乗り場に直行、臨時バスも出てスムーズに登山口バス停へ。ほとんどの人が降りるが、皆バラけてゆったりマイペースで歩き始める。すぐトイレ・駐車スペースのある登山道入口となる。三ッ峠山荘への道を分け、最高点の開運山へ。やー、賑わってる!
まずは展望。南にドーンと富士山!、西から北にかけて南アルプス、(今日は北アは見えず)、八ヶ岳、奥秩父の金峰・北奥千丈・国師。東に丹沢、大きく手前に御正体山、鹿留山〜箱根。いいなー!でもあまりに混み合ってるので木無山へ移動。皆さんそれぞれの場所を確保して弁当を広げている。我々はどこに?と見回すと、中央に丸くて大きな岩がある。ここがいいよとKさん。なかなか良い場所で南アの3,000m峰が目の前にあった。岩を見ると火山岩と思いきや、丸い礫がいっぱい入ってる。後で調べたら三ツ峠山頂付近は「新第三紀、富士川層の礫岩」と書いてあった?海中の堆積物で形成された岩!Tさんの講義が聞こえてきそう。

下山路は危ないところもまったくない3時間の新緑のウォーキング最適のルート。上の方はフジザクラが満開、ミツバツツジはもう終わりかけ、イカリソウ、ボケ、チゴユリ、ヒトリシズカ、?スミレなどがひっそり咲いていた。

帰りの中央線車内でハノーバーのヤングジャーマン女子とカナダ男子、ジャパニーズ女子との国際交流!?おもしろかったが英単語、人名がすぐ出てこない悲哀も!
日程変更で8人が3人旅になったけれど、青空の下、楽しかったです。とにかく富士山が大きく美しい三ツ峠山の一日だった。


 

教育部・組織部
標題陣馬山(JR藤野から和田バス停)一の尾根
山域中央線沿線
日程2018年4月29日(日) 晴れ 気温高め26度くらい
参加17名
寄稿きし

お天気に恵まれ、ゴールデンウィーク中、和田行のバスは臨時便を増発しバス停では多くの人でごった返す。KHCも時間の違う3台のバスで乗車し、第1グループから第3グループの到着時間差1時間。

個人的には陣馬山は4回目。今までは、陣馬山高原駅下から木の根っこと格闘しながら歩いていた。
今回の和田から一の尾根のコースはなだらかで、おしゃべりしながらでも息が全然上がらない。地図上にはいろいろなルートがあったが今回のルートを試すことも無かった。“これからはこっちだな(*^-^*)”
この時季、林道は若葉に覆われ爽やかな風があたり汗をかくことも殆どない。山頂でも鯉のぼりが出迎えてくれて、大勢の人で賑わっていた。

昼食にお汁粉を振舞って頂き、その後講習が始まる。スリングでダブルフィッシャーマン結び・テープスリングの用途について、登山靴の履き方・靴紐の結び方・コンパスを使用しての読図。皆真剣に受講。^_^;

※読図の仕方(^_-)-☆@地図は北を上にして現在地から目的地にコンパスの縁を合わせる。Aコンパスのリングを磁北線に合わせる。Bコンパスを手のひらに乗せ自分の胸のあたりに持ってきてリングの矢印と北端が重なるまで身体を回す。行きたい方向が決まる。読図は必須(^^)/

 有難うございました<(_ _)>


 

平日グループ     
標題「春の香り」真っ盛りのバスハイク  〜丁度良い晴れ オリエンタル急行乗車〜
山域栃木、茨城
日程2018年4月27日(金)
参加32名
寄稿

モネフィラ?ネモフィラ?何度聞いても間違ってしまう。北アメリカ産の別名ルリカラクサ(瑠璃唐草)真っ青な花らしい。見たい!行きたい!たまには平らな所を歩きたい!
みどころ満載の平日バスハイクに休暇をとった。

足利フラワーパークのまさに百花繚乱・・・艶やかな花、花、花
とにかく藤の花が圧巻、お見事でした。この花園はその日の花の咲き具合で入場料金が変わるらしい、ちなみに本日は1800円也、少々お高いかな?と思ったが沢山の方々が目立たぬ様にひっそりとお手入れお世話をする姿を見て納得です。7時には開園、次々と押し寄せる観光バス・車・人、人、人の大人気。4月には新駅その名も「あしかがフラワーパーク駅」も出来たそうです。早めの到着だったので帰りはこれから向かう反対側大渋滞の田舎道をサッソウと走り抜ける優越感も味わいました。

ひたち海浜公園のネモフィラは広大な小高い斜面に咲く真っ青な小さい可憐な花、心も広〜くなって「もっと」より「ずっと」そんな気分になりました。あちらでもこちらでもカメラを向け撮る、撮る、撮る。見られて撮られて花も誇らしげでホント嬉しそう!!
大急ぎの阿字ケ浦温泉入浴とお魚市場のおまけつき!自分土産に買ったみさきの中トロ美味しかった。渋滞も無く帰着予定を30分経過したのみ。平日グループの皆さま一日楽しませて戴きありがとうございました。Aさん、Wさん、お疲れ様でした <m(__)m>

<余談>
6時半の集合時間に1人足りないらしい様子?何事も無かった様に発車するバス
足利フラワーパークの花を見終えた頃に、朝足りなかった約1名が電車で追っかけてきた。
集合場所にイチバン近い人、さて誰でしょうか?(笑)
理由はともかくあきらめない勇気、大拍手です。


 

個人
標題瀬戸内海を歩いて渡る  〜朽人つれづれの記(第73回−75回)〜
山域広島、愛媛
日程2018年4月21日(土) 〜 4月23日(月)
行程 21日(30km) 尾道・・・(渡船)・・・向島10:40・・・(因島大橋)・・・
因島・・・(生口橋)・・・17:00生口島・瀬戸田
22日(30km) 生口島・瀬戸田07:45・・・(多田羅大橋)・・・大三島・・・
(大三島橋)・・・伯方島・・・(伯方・大島大橋)・・・15:30大島・宮窪
23日(20km) 大島・宮窪07:45・・・(来島海峡大橋)・・・13:30今治
参加1名
寄稿佐藤R

 本州と四国を結ぶルートは東から「神戸淡路鳴門自動車道(神戸〜鳴門)」「瀬戸中央自動車道(児島〜坂出)」「瀬戸内しまなみ海道(尾道〜今治)」の3本があります。このなかで、6本の橋をつなぎながら唯一歩いて渡ることができるのがしまなみ海道ルート。毎年10月にしまなみ海道を2日〜3日かけて歩く「スリーデーマーチ」があり、最初はそれに参加しようと思い、昨年資料を取り寄せましたが日程が合わず、今回のウォーキングとなりました。脱走さわぎのさなかの4月21日(土)〜23日(月)、3日かけて80kmを歩ききりました。


 21日。晴れ。最高気温27℃の予報。JR尾道駅前から渡船で向島に渡り10時40分に歩き出します。向島は脱走犯が潜んでいるとみられており、警備が厳重化かと思いきや、警察官が一人いるだけの、至ってのんびりとした雰囲気でした。その事件を奥さんも心配していましたが、山道を歩くわけではなく、もっぱら幹線道路の歩きですし、逆に、お巡りさんが一杯いるから安全と答えておきました。

 しまなみ海道は新尾道大橋で本州につながりますが、ここは自転車・歩行者道はなく、また一般道の尾道大橋は歩道が狭く危険なため渡船利用が推奨されています。船着き場が駅近くにあり、渡船利用が合理的です。

 船着き場からまっすぐ歩き、国道317号線との信号を右折するとしまなみ海道ルートに入ります。道の両端に青い線が引かれており、これに導かれてひたすら歩くことになります(事前にネットで情報収集すみ)。まずは因島大橋をめざします。はじめは町中を歩き、やがて海岸線に出ます。日差しは強いですが海風が心地よい。

 途中、小学校の前で警察官が3名警備していました。若い警察官が元気に「こんにちは」と声をかけてきました。「例の事件ですか」と問いかけると「はい、すみません」との言葉。一瞬「?」。いまだに犯人を捕まえられていないことが「すみません」の言葉になったのでしょう。「暑いなか大変ですね。お疲れ様です」とその場を去りました。数度の職務質問も覚悟していましたが、受けることはありませんでした。内情はともかく、外観的にはおだやかな風情でした(脱走犯は4月30日に広島市内で身柄が確保されました。私が向島を訪れた時点では、まだ島内に潜伏していたようです)。

 銀輪部隊が次から次へと追い越していきます。30名ほどのグループもいました。みなさん、さっそうと走り抜けていきます。サイクリングの聖地の感です(大三島の道の駅には「サイクリストの聖地」の碑がありました)。そのわきを汗臭そうなさえないおじさんがトボトボトボ・・・・。歩いているのは私一人でした。

 12時10分に因島大橋に着きました。全長1270m。この橋のみ2階建構造で上が車道、下が原付・自転車・歩行者用になっていました。渡り切れば因島。初渡橋は感激ものでした。渡りきると歩行者用階段があり、そこを下り、ほどなく行くとルートに合流します。

 ルートはやがて山の中を抜けるコースと海岸ぞいを歩く周遊コースに分かれます。私は周遊コースを辿りました。のんびりと歩き山中コースと合流すると次の生口橋が見えてきます。いったん橋の下をくぐり、自転車・歩行者ルートにそって橋に辿りつきます。橋の長さは790m。二番目に短い橋です。

 渡り切ると生口島。宿泊地の瀬戸田をめざします。夕方4時40分に瀬戸田に着き、観光案内書で宿を訪ねます。近くには平山郁夫美術館。後日、ここが生誕の地と知りました。

 勝手がわからないので近内は事前に宿を確保することができず、行き当たりばったりで探すしかありません。先に紹介された2軒は団体が入っているとのことで満室。3軒目でようやく確保。ヒヤヒヤものでした。しかし案内係の口調は、「旅館となっていますが民宿みたいなようなもので」となぜか申し訳なさそう。行ってみて理解できました。昔懐かしい日本旅館の建物。「鄙びた」というよりは「しなびた」感満載。天井が低く薄暗く、床はギシギシ。とはいうものの泊まれただけで満足。さっそく風呂で汗とほこりを流し、とりあえず湯上りのビールで一人乾杯。事前予約なしのため夕食の用意はできないとのことで、紹介された近所の寿司店にでかけました。一人居酒屋も嫌いではありません。9時すぎには床に着きました。1泊朝食4000円でした。


 22日。晴れ。この日も暑かった。

 5時に起床。足に多少の疲れは残るものの、すっきりした寝覚めでした。7時に朝食を摂り7時45分に出立。大島の宮窪までめざすことにし、歩き出します。早朝のヒンヤリ感は爽快です。

 海岸ぞいをひたすら歩き多田羅大橋をめざします。9時に橋の入口に着き、自転車・歩行者道を上ります。上りはじめてすぐに「国産レモン発祥の地」の碑。碑には、明治時代からレモン栽培が始まり日本最大のレモン栽培地になったが輸入自由化で壊滅的打撃を受け一時衰退、その後輸入レモンに農薬問題が起こり、国産レモンが見直され復活を成し遂げた、とあります。

 多田羅大橋は全長1480m。二番目に長い橋です。柱に「多田羅の鳴龍」の看板。拍手をすると向かいの柱との間で音が反響し合う、木霊現象が起きるということで、そのように呼ばれているとありました。拍手をし、反響音を確かめました。
橋の中間地点が広島県と愛媛県の県境。9時28分に通過しました。歩いていると銀輪部隊の一団が追い抜きます。先頭の女性が「前方に歩行者、注意」と後続に呼びかけます。振り返ると30人はいたでしょうか。立ち止まり、先に通過してもらいます。「歩いているのですか」の声にうなずくと「すごーい。がんばって下さい」の声援。心の中で「あなた方も十分すごいですよ」と応じました。

 橋を渡り、道の駅「多田羅しまなみ公園」着は10時05分。「サイクリストの聖地」の案内に導かれて行くと碑が建てられてありました。一見してドルメンを連想する形状。日本語で「支石墓」。巨石を使用したお墓です。それがなぜ聖地の碑なのか、不思議な感じを受けました。帰宅後に公園のHPをみると、碑の建立は2014年10月。形状は瀬戸内の島々をつなぎ未来へと運ぶ架け橋をイメージしたものとありました。支石墓とは無関係でした。10時20分、大三島橋に向けてふたたび歩き出します。

 大三島橋までは海岸ぞいを歩き、歩道入口からでも1.8kmありました。橋に着いたのは11時20分。後ろからきた原付バイクのおじさんが横に止まって荷台をゴソゴソしていたら、ミカン2個取り出して「ほら」と差し出し、そのまま行ってしまいました。四国巡礼で耳にするご接待? 好意は素直に受け取る主義なので、ありがたくいただきました。休憩していた若いサイクリストに「どこまで走るの」と聞いたら「尾道まで」。「これから行ける?」「行けると思います」。ここから尾道までは50kmはありそうです。橋の長さは一番短い328m。

 橋を渡り、休憩場所に定めている道の駅に向かいます。サイクリストが追い抜いていきます。1.6km歩き国道317号に出て、道の駅に着いたのは12時20分。大三島の道の駅からちょうど2時間でした。ここで昼食休憩。釜揚げしらす丼+伯方の塩ソフトクリーム。

 次にめざすは伯方・大島大橋。見近島から手前が伯方橋で島をすぎると大島橋。といっても一体化しており、だから伯方・大島大橋。二つ合わせて1165m。橋を渡り大島の海岸ぞいを歩き、宮窪着は午後2時半。この先いっても宿の見通しはつかないし、予定より進んでいるので、この日はここに宿をとることにしました。観光案内所で紹介してもらった旅館に電話で予約を入れます。しかし時間はまだ早いので、時間つぶしもかねて、徒歩15分の村上水軍博物館に寄ることにしました。

 旅館には午後3時30分に入り、まずはビールとシャワー。夕食は部屋食。豪勢ではないものの品数はそれなりに揃えてあり、満足して就寝しました。


 しまなみウォーク最終日、23日。今日は、メインイベントとでもいうべき、全長4kmの来島海峡大橋を渡ります。天気は午後3時ころからぐずつくとの予報。その前には橋を渡り今治に着きたい。

 朝食をいただき支払いを済ませ、7時45分に宿を出ます。大島を縦断する形で橋をめざします。国道317号線をただひたすら歩き、橋のたもとの道の駅「よしうみいきいき館」に着いたのは9時50分。宿から2時間でした。目の前に第一大橋がそそり立っています。ここでしばし休憩。

 休憩後、橋をめざします。橋の下をくぐり、1.3kmの歩道をたどり橋の上へ。いよいよと思うと、気持ちが高揚してきます。風が強くないのも助かります。今回のウォーキングで一番心配したのは雨。次に風。橋の上は結構な高所歩きとなるため、天気は良くても風が強かったら難儀だろうなと思っていました。

 前からも後ろからも、次々とサイクリストが通り抜けていきます。車の通行音もひっきりなしです。しかし一瞬、上下線同時に、車の走行が途切れることがあります。その分、静寂感が増します。長くても10秒くらいでしょうか。貴重な時間でした。

 武士島までが第一大島。武士島と馬島間が第二大橋。馬島から今治までが第三大橋。トータルで4105mの来島海峡大橋。3つの吊橋で結ぶ世界初の三連吊橋とのこと。最高地点は海面から65mとありますから、20階建てに相当する高さです。馬島にはトイレがありますが、エレベーターで地上に降りなければなりません。私はそのまま通過しました。馬島をすぎると歩いてくる人に出会います。散歩といった感じです。今治方面に目を向けると、モヤの中に高層の建物がぼんやりと見えます。市中心部のようです。

 モリ・カケ問題で何かと話題の今治市。大学誘致にウン十億円もポンと出す太っ腹。さて、吉と出るか凶と出るか。

 橋を渡り切り、今治の来島海峡展望台に着いたのは昼の12時。1時間半ほどかけて歩いたことになります。橋を眺めながら軽い昼食。あとはJR今治駅に向かうのみです。

 今治までは6km。1時間半の行程です。メインイベントも終了し、この頃になると、ただただ歩いているといった感覚になります。ホテルに入り休みたいとの気持ちになります(今治のビジネスホテルは予約していました)。

 JR今治駅には1時30分に着きました。駅で明日の切符を購入します。岡山までは特急で約2時間。岡山で新幹線に乗り換え新横浜まで約4時間。計7時間の行程でジパング2割引き15690円。通常19280円ですから3500円ほどの割引きです。往復で7000円。助かります。65歳、めでたいこともある。夕食はホテル近くの居酒屋で摂りました。


 24日は今治を8時前に出て帰宅は午後3時すぎ。念願のコースをまたひとつ成就することができ、とても満足しています。いまの自分の体力では歩行は1日30kmが限度、ということも自覚できました。次は高野山をめざします。


 

アラカン☆ハイキング(No.54)
寄稿


 

平日グループ
標題蓑毛越
山域丹沢
日程2018年4月11日(水)
行程 小田急線秦野駅 ― 蓑毛越 ― 浅間山 ― 高取山(556m) ― 
吾妻山 ― 鶴巻温泉駅
参加14名
寄稿江幡

<のんびり陽だまりハイキング・・・だったはずだが>
春の天気は気儘なもので、前日の好天とは様変わりの空模様。

秦野駅からバスに揺られ、出発点の古拙大日堂に着いた時は未だ薄日が漏れる空模様でした。恒例の自己紹介と軽い体操を行った大日堂は、国の登録有形文化財で梁牡丹彫刻が有名で、大山登山口にあり山岳信仰の拠点として信仰を集めました。

今回の山行はベテランが揃いかつおしゃべり有・名・人が加わり、空模様に反して早くも賑やかな様相を呈していました。しかし、山を登り始めてからは何やら風が強くなり、又小雨もばらつき始め、5〜600mの低山とは思えない状況になってきました。ガスもかかって視界が悪くなってきたので、ひたすら進むことに専念しましたが、むやみに歩くことも勿体ないので新緑の谷間に咲き始めた山草類(トリカブト、ワラビ、マムシ草、ホウチャク草など)の観察に目を向けることにしました。途中の山道ではイノシシの蒐場にガマガエルの卵を見つけたり、それなりに楽しみを発見したものです。

余りにも寒いので昼食もそこそこに下り始め、その頃には雨合羽のダンマリ集団となってしまいました。ところが鶴巻温泉に着くころにはなんと雨風はすっかり収まり、何やら西の空が明るくなり始めていました。翌12日は初夏のような晴天、天気の狭間とは言え山の怖さを改めて知らされた1日でした。

こういう日もあるものだと悟りながら、暖かい温泉に浸かりビールを飲んで、すっかり良い気分で帰宅することが出来たのは何よりでした。

皆さん、お疲れさまでした。


 

県連盟
標題秩父里山植物・花観察  〜江戸巡礼古道〜  (自然保護部便り)
山域秩父
日程2018年4月7日(土)
参加13名
寄稿清水

 参加者は、神奈川県内の「みずなら」「わたすげ」「さくら草」「緑星」「藤沢山の会」「横浜HC」「やまぶき」の自然保護委員の方々と私の13名で、「秩父アルペンクラブ」の方々に案内をしていただいた。

 まず、渡されたのが「秩父ミューズパーク 江戸巡礼古道自然観察会」と書かれた8ページのミニ冊子。A4の紙1枚を折って作ったもので、各ページには手書きで当日観察できそうな植物の名前などが書かれており、思わず心が温かくなった。ガイドの飯塚さんは、他の参加者の方々にはおなじみらしく、初めから話がはずんだ。
「あいにく、今年の桜の満開は終わり。今、お花見と言えばソメイヨシノですが、昔は、ヤマザクラでした」とはじまり、「≪春霞 たなびく山のさくら花 うつろはむとや 色かわりゆく≫(古今和歌集)」などの短歌を例に挙げ、古の時代に誘いながら、「ソメイヨシノはオオシマザクラとエドヒガンの交配種で、すべてが同じクローン。だから、いっせいに咲き揃うのです。ソメイヨシノのお花見が習慣になったのは明治以降のこと。明治政府の意向でこれを全国各地に植えたのは、江戸幕府のイメージを世間から消すためだったと言われています。その後は、パッと咲いてパッと散る桜。日本は戦争の時代へと」と、話は続きました。

 私の中で≪お花見≫の華やかさが消え、山の斜面の雑木林に咲いているヤマザクラがこれまで以上に美しく、愛おしくなりました。

 エノキの木の下では、根元からエノキの落ち葉の裏で越冬している小さな幼虫をみつけました。何と、国蝶オオムラサキの幼虫とか! 何匹もいるので、羽化して飛び始めたらどんなにきれいだろうと思ったのですが、蝶になれるのは200分の1とか。

 山歩きの途中で感じる自然の美しさと、自然を知ろうと歩いた後の自然の美しさは、どこかが違うような気がしました。自然に対する知識が深まった分だけ、自然を深く楽しめるらしいです。


 

ミニハイクグループ     
標題弘法山(4月例会山行)  〜お花見山行〜
山域丹沢
日程2018年4月1日(日)
行程 秦野駅 → 弘法山入口 → 浅間山 → 権現山 → 弘法山 → 
吾妻山 → 鶴巻温泉
参加19名
寄稿本間

4月から入会した私は、初めての会員としての山行参加を楽しみにしていました。

当日はお天気にも恵まれ、軽い準備運動の後、お花見山行が始まりました。
例年より早く桜が開花して、当日はお花見日和の日曜日の為、多くのハイキング客が弘法山を目指して秦野駅から歩いていました。
弘法山入口からの道は渋滞中でしたが、私には丁度よいペースで浅間山へ到着しました。一休みの後、お花見をしながら、権現山へ向かいました。
権現山頂には広く平らなスペースがあり、お花見の人達がすでにたくさんいました。
権現山の展望台から360°のパノラマビューが広がり、秦野市街、大山が望めました。
「関東の富士見百景」に選ばれているそうですが、当日はぼんやりした富士山で残念。
昼食場所の弘法山公園付近の桜のトンネルは圧巻でした。 風で桜吹雪がひらひらと舞う様子はこの時期しか見られない素晴らしい景色でした。
お弁当を食べながら、ミニハイクグループの方に準備して頂いた甘酒を頂きました。
昼食の後は弘法山山頂で釈迦堂にお参りして、吾妻山へ向かいました。
弘法山を過ぎると桜とはお別れ、ぽかぽかの緑の山をおしゃべりしながら歩きました。
暖かい天気に誘われて、トカゲが何匹も姿を見せていました。
吾妻山でしばしの休憩の後、鶴巻温泉駅へ14時前に無事到着しました。

当日は初心者の私に、皆さんがたくさん声を掛けて頂き、ありがとうございました。
皆さんの豊富な経験、知識に驚きつつ、これからの山行がとても楽しみになりました。


 

四季グループ
標題沼津アルプス  〜桜と富士山の眺望を楽しむ〜
山域静岡
日程2018年3月31日(土)
行程 沼津駅 ⇒ 多比 → 大平山 → 鷲頭山 → 志下峠 → 徳倉山 → 横山 → 
香貫山 → 登山口
行動時間:5時間50分、歩行時間:5時間10分
参加10名
寄稿大竹

8時50分に沼津駅に集合し多比までバスで移動したが、今日登る山のあちこちに桜が咲いており美しい景色である。
多比から農道を登るとやがて登山道になり急坂が多比口峠、更に大平山の頂上付近まで続く。途中、北側の視界が開ける場所から愛鷹山は見えるものの、富士山は一部しか見えず(残念)。
鷲頭山
大平山からは多比口峠まで戻り、岩尾根を進み多比峠に着く。この峠から続く急坂を登り鷲頭山頂に着くと、桜はちょうど散り始めであり、春を満喫しながらの昼食となった。
この後も急坂のアップダウンが続き、志下峠までの下り、志下坂峠から象の背までの登り、徳倉山の登りと下りが急であった(この辺りの峠は名前が似ており書き間違えではありません)。
横山からは八重坂峠に下り、一般道を300m位歩いて香貫山へ続く登山道に入るが、その先からは舗装道となり、途中の展望台で眺めを楽しんでから終点の登山口へ下りた。

本山行ではコースタイム 6時間に対して5時間10分で踏破したが、自主的に歩行時間を30分延長し、沼津港の丸天で魚料理に舌鼓を打ちながらの反省会となった。


 

縦走グループ     
標題高川山(975.7m)  〜早春の香りと富士山展望を願う♪〜
山域中央線沿線
日程2018年3月4日(日)
行程 初狩駅 → 登山口 → 男女坂分岐 → 高川山頂 → 禾生分岐 → 田野倉駅
参加35名
寄稿石田

寒い日が続いていましたが、当日は暖かく天気のよい爽快な朝を迎えました。入会1年目の私はなかなか参加できていませんでしたので、待ち合わせもドキドキです。9時に初狩駅に集合すると、35名と大勢の方々が集まっていてひと安心。

2班に分かれて早速歩くと、春を感じる日差しにすでに汗がじんわり。30分ほどで登山口に着き上着も脱いでいざ出発です。(いきなり熊出没の看板が!)

登山道に入れば1時間ちょっとで山頂に着くようですが、しばらくすると男坂・女坂の分岐点に。男坂に進むと岩があったりロープもあったりと、急登な箇所もありましたが、その先は緩やかな道が続きゆっくりと山頂へ。
山頂は岩場ですが思っていたより広く、1班2班合流してKHCのみなさんで賑やかに昼食を過ごしました。山頂ですら上着もいらない暖かさで、3月初旬とは思えない恵まれた天候でゆっくりできました。風もほぼなく、暖かい陽気でありながら空気は澄んでいて、360°の展望が開けている山頂からの富士山の眺めは最高でした!!

下山もそこまで大変な道は無かったように思いますが、いかんせん初心者。最後まで油断することなく無事に下山。

なかなか参加できていなかったので、やはり今回参加させていただき山はいいなぁと、今年は頑張って参加するぞ!と思いを強くしました。

縦走グループの皆さまありがとうございました(^^) 感想文を、と言われドキっとしましたが・・・(笑)KHCの皆さま、ご指導よろしくお願いします!頑張って楽しく登って少しずつ覚えていけたらなと思います。


 

中ハイクグループ     
標題丸山(960.3m)埼玉県  〜奥武蔵随一の山岳展望〜
山域奥武蔵
日程2018年2月17日(土)
行程 芦ヶ久保駅 〜 日向山分岐 〜 県民の森 〜 丸山 〜 パラグライダー発進場 〜 
大野峠 〜 赤谷 〜 芦ヶ久保駅
参加13名
寄稿河合

駅前には除雪された雪の小山がまだ残っていた。勾配のきつい里道は小春日和。目の前には武甲山、道端には福寿草が鮮やかに咲く。登山道の入口にはネットでお馴染みのワンちゃんが山を背景にシッポを振っている!途中よりアイゼンを履く。Aさん、Toさん、Tuさんは「まだまだ」とがんばる!傾斜が急で氷化してくる。先に行った若者グループが「アイゼンなしなので敗退!」と戻ってきた。県民の森の遊歩道を横切り、一度下って最後の登り。ここ2〜3日の暖かさで雪は減ってきたがアイゼンはありがたい、安心して歩ける。

山頂のガッシリした展望台の目玉は南に丹沢、大岳山〜川苔山〜蕎麦粒山〜三ツドッケ。手前に武川岳〜大持・小持山。正面にドーンと武甲山。その右、西側には和名倉山、木賊山・甲武信岳・三宝山〜両神山がしっかり見える!ただし、両神左手の八ヶ岳、北側の浅間山、谷川連峰、赤城、日光連山は雪雲で見えず。残念!早々に昼食!バス便も少なく、風も出てきたので金昌寺は止めて大野峠〜芦ヶ久保駅に切り換え下山。

こちらは雪がかなり溶けてグチャグチャ。皆快調で、駅到着。これなら「芦ヶ久保の氷柱」も見られると有志は出かける。ところがどっこい、リサーチ不足ですいません!公開は9〜16時、土日に日没後〜20時にライトアップで今は閉まってる、ワー!でもすぐ気づいてくれたので、上り下りとも16:02発の急行に皆乗れた!よかった!

皆様お疲れ様。84歳!のHさんも毎日2時間(階段登りをSさんの薦めで入れた)ウォーキングの成果でしっかり、すごい!Hさん・Toさんアドバイスありがとうございます。

※山行中のお勉強:氷柱は「つらら」と読む!将棋の羽生善治さんとフィギュアの羽生結弦くんは名字が同じ字だった!ホー再認識!


 

アラカン☆ハイキング(No.53)
寄稿


 

ミニハイクグループ     
標題十国峠(日金山)  〜富士山ときのこ汁〜
山域〇〇〇
日程2018年2月12日(月・祝)
参加15名
寄稿

 9時20分熱海の隣の来宮駅集合。今回の山行は来宮駅から十国峠と岩戸山まで登り、七尾峠のバス停から熱海駅に降りる。大寒波の影響で最高気温は6度の予想。ネットで十国峠を検索すると、辺りは遮るものが無い様子。途中の尾根で突風吹き荒れたらどうしようと心配しているとき、I氏から詳細な情報を頂き標高差700mを知る。意外にも標高差があり不安が増す。
 出発前、Sさんから今日の山の状況についての発表。風はどうやら強そうだ。しかし、何回かの体温調整で服を脱ぎ薄着で歩き続けているうちに自信がつき不安は払拭。登って来た道を振り向くと、そこにはキラキラしたまぶしいばかりの海が見え気持ちが和んだ。一部、残雪があって滑りやくなっているので慎重に歩く。
 昼食は姫の沢公園手前で、きのこ汁を作って頂いた。バーナーを使って調理。ベテランの先輩達はテキパキとお湯を入れたりきのこを入れたりお味噌を投入しお玉でかき混ぜたりお忙し。ところが、「キャー」という悲鳴。何が起きたのかと思いきや、鍋が傾きあわや全部こぼれてしまいそう。必死の格闘でなんとか残りは無事。地面に落ちたきのこを勿体ないと拾い集めているSさん、「うちのグループなら水で洗って鍋に戻す」というIさん(笑い)。思い出に残るきのこ汁となりました。
 昼食後、十国峠を目指す。ここからは一段と風が強く、恐ろしい程の唸り声をあげるが、防風林のお陰でそれほど寒い思いもせず済んだ。そして・・いよいよ十国峠到着!360度の大パノラマ!綿帽子を被った富士山!駿河湾のむこうに大島がぼんやりと浮かび、その右手には半島が三重に折りなし、後ろは南アルプスの山々、素晴らしいロケーション。どこを観ても風光明媚な景色。しかし、この強風では観賞に慕っている余裕がなく、記念写真を撮り終えるとそそくさと館内へ移動。帰りは岩戸山から七尾峠を通り熱海行のバス停まで向かう。傍らの熱海桜に一足早い春を感じた。
 事前の下見ではかなりな雪があったとお聞きしています。今日の為にいろいろと準備をして頂き有難うございました。また、ルートの要所で注意喚起して頂たり、ビューポイントを教えて頂き楽しく安全に山登りが出来たことに感謝します。


 

教育部
標題しらびそ小屋  〜初級雪山体験〜
山域北八ヶ岳
日程2018年2月10日(土) 〜 2月11日(日)
行程 1日目 小梅駅 = 稲子湯登山口1500m = ゲート入口 → しらびそ小屋(泊)
2036m付近
2日目 しらびそ小屋 → 稲子湯 = 小梅駅
参加10名
寄稿川村

 教育部の初級雪山体験は、入会した年から毎年参加しています。寒がりなのに雪が大好き。今年はあこがれのしらびそ小屋、八ヶ岳に行けるので、ウキウキ心待ちにしていました(*^-^*)
 3連休で賑わう人混みを抜けて静かな小海線に乗り継ぎ、駅でタクシーに分乗して登山口へ。駐車場でアイゼンを装着し、雪景色を歩きだしました。ギュッ、ギュッ、と雪の感触をふみしめながらアイゼンを効かせて登っていきます。
天気は2日とも降雪の予報でしたが、歩行中は太陽が顔を出してくれ、樹々の枝に積もった雪と青空とのコントラストは思わず足を止めてしまう美しさ。登りは風もなくて、歩くうちに汗でニット帽が暑く感じるほどでした。
片道2時間ほど、余裕のある行程なので気持ちにも余裕があります。おしゃべりも盛り上がり、CLから歩き方のアドバイスをいただき、ふいにうさぎの足跡を発見してテンションがあがったり・・・雪道を歩くのは本当に楽しいです。
 小屋には14時すぎに到着。天候が崩れてきましたが、小屋の後ろの天狗岳はまだしっかりと姿を見せてくれました。そのあとは炬燵に入って、小屋自慢のにごり酒やにごりワイン、Sさんの手作りらっきょうなどを囲んで楽しい反省会。ほとんど飲めない私もにごりワインはおいしかったです☆
 夜通し風雪が吹き付け、翌朝は一面の新雪。楽しみにしていた朝ごはん、ふわとろのとろろご飯に舌鼓を打ちました。食後はロープワーク講習とコーヒー&ケーキタイム♪そのころ食堂の窓辺には、切り株の餌を食べにきたリスや小鳥たちが・・・!その愛らしい姿はいつまで見ていても飽きません。
 9:30に小屋を出発。途中の緩斜面では、歩き方を教わってラッセルしながらの歩行訓練をしました。雪の深さはやっぱり八ヶ岳です。この日は青空からしだいに粉雪が舞いはじめ、幻想的な風景を満喫しました。下山後は稲子湯に立ち寄り、温泉でじーんわりと温まって山行の締めくくり。
 CL・SLさん、みなさん本当にお世話になりました。銀世界の雪山体験、次回は未体験の方もぜひチャレンジしてくださいね〜(*^-^*)


 

四季グループ
標題鎌倉ウォーキング(2月例会山行)  〜二階堂・十二所・浄明寺〜
山域湘南
日程2018年2月4日(日)
行程 鎌倉駅 (バス) 鎌倉宮 → 護良親王墓 → 永福寺跡 → 六国峠 → 大平山 → 
北条首やぐら → 明王院 → 報国寺 → 旧華頂宮邸 → 巡礼古道 → 衣張山 → 
鶴岡八幡宮(解散)
行動時間:5時間45分、歩行時間:4時間30分
参加23名
寄稿大竹

2週間前の積雪とそれに続く寒波により雪がなかなか融けず、コース状態は大丈夫だろうかとの不安はあったが、当日は天気も良く暖かい一日となった。
8時20分に鎌倉駅に集合し、総勢23名をリーダの指示により2班に分け、鎌倉宮までバスで移動した。準備体操の後、まずは近くの護良親王墓を目指し、165段の昇り降りで体が温まって来る。更に永福寺跡を見学しながら通り抜け、しばらく舗装道を進むと山道になり、雪はないものの所々泥濘となり、足元に注意しながら六国峠まで登る。
ここから本日の最高地点である大平山まで進んだが、残念ながら鎌倉市街の眺望はなくUターンして天園ハイキングコースを瑞泉寺方向に進む。
途中でコースを外れ、新田義貞の鎌倉攻めで敗れた北条高時以下一族の墓とされる首やぐらを見学し、コースに戻ると2班が見当たらない。首やぐらを見ているうちに抜かれてしまった様だ。先を急ぐと明王院への分岐点で2班に追いついたが、1班を探している所だった。首やぐらに入る際、2班が続いていることを確認していなかったと反省する。
分岐からは、ほとんど人が通らない道を進む。途中に急な下り坂があり、泥濘を心配したが道の状態は良く問題なく明王院に出た。明王からは一般道で報国寺まで歩き小休止を取るが、時間は昼過ぎとなり昼食のため先を急いだ。
華頂宮邸では、庭園をちらりと見るだけで巡礼古道に入る。細い山道であるが、いにしえの人々が歩いたと思うと、いつもの山道とは趣が異なる様に感じた。この道を抜けると公園があり、ここで遅い昼食を摂り、衣張山に向け出発する。
衣張山からの眺望は良く、左側から伊豆の山々、箱根の山々、その後ろに上半分が雲に隠れた富士山、更に丹沢の山々が望めた。近くには稲村ケ崎の後ろに江の島の山頂部が見え、素晴らしい景色であった。
衣張山から下ると程なく市街地に出て、源頼朝が鎌倉に入り屋敷を構えた大倉幕府跡の石碑を見て、鶴岡八幡宮に至り解散した。
大袈裟だが、今回の鎌倉ウォーキングは、鎌倉幕府の成立と終焉をつなぐコースであったと言えるだろう。


 

記念山行     
標題40周年記念・ニュージーランドトレッキング
山域海外
日程2018年1月25日(木) 〜 2月3日(土)
参加11名
寄稿参加者

25日 羽田空港22時05分発。機内で夕食と朝食・真夜中の食事は初めて。
26日 オークランド空港着。入国手続きが終わり荷物を受け取った後、又、長い行列に並ぶ。何の手続きか分からないまま時間が過ぎ、乗り継ぎ便に間に合うのか?と焦る。質問は、食べ物を持っていないか?トレッキングをするのか?・・事前に旅行社から食べ物は一切持っていかない・登山靴は履いていく事と、説明を受けていたので無事通過。ニュージーランドの入国手続きは特に厳しいそうだ。乗り継ぎ便2機遅れでクィーンズタウン空港着。
車で約3時間移動。途中の景色は道路の両側が羊と牛と鹿の牧場で、広さと数は半端ではなく、ただただ驚きの光景だった。ホテル21時40分着、すぐ食事。
ハリスサドル・ランチ休憩
(1月28日)
27日〜29日 <ルートバーントラック・トレッキング>
ニュージーランドのサザンアルプスの麓、自然景観が美しい山岳コース32キロを歩く。
日本人のガイドを含め4人のガイド(女性)と参加者31人で2泊3日を一緒に行動する。
コースは良く整備され凄く歩きやすい。そして汚染されていないのでどの場所でも水が飲め、川や滝の冷たくて美味しい水を毎日飲んだ。
途中に休憩場所としてトイレ付き小屋があり、ガイドの一人が先に小屋に行き、お湯を沸かして飲み物を用意してあった。暑くて汗をかいているので、味噌汁が美味しかった。
宿泊するロッジは清潔でゆったり心地よい空間。勿論シャワー付き。3コースから選べるメイン料理を始め、前菜もデザートも全部美味しかった。ランチは朝食前に各自好きな食材で食べられる量を作り、果物やお菓子、ナッツ類も好きなだけ選べて合理的だと思った。
ハーミテージホテルから見た
マウントクック
30日 クィーンズタウンからマウントクックへ移動。憧れの名門ハーミテージホテルの8階の大きな窓から雄大なマウントクックが眺められ、ホテルから往復約2時間のハイキングではマウントクックと氷河がより近く見えた。
31日 <フッカーバレーハイキング>
三つの吊り橋を渡り氷河湖まで往復約5時間。終了後テカポへ移動。
1日  テカポ湖畔の「善き羊飼いの協会」と街散策後クライストチャーチへ移動。
2日  クライストチャーチ市内見学 → クライストチャーチ空港 → オークランド空港 →
3日  羽田空港6時着。
昨年5月から準備が始まった海外トレッキング、無事終了。
(WN) 


「ルートバーントラック・トレッキング」(1月27日〜29日)
全長32km、最高点1,255m(サブコースでは1,515m)、森林限界およそ900mの山岳コース。低山なので圧倒的な存在感はありませんが、氷河が刻んだ山や谷、氷河湖が印象的で、目新しい風景です。
初日、これまでに見たことのないような厚い苔に覆われた銀ぶなの森を歩いて眺望の良いキーサミットと落差80mのアーランド滝へ。
2日目は、森林限界の上を歩くので、マッケンジー湖、オーシャンピークコーナーからのタスマン海、ホリフォード渓谷、ハリス湖、落差300mのルートバーン滝等、見どころが満載です。
3日目にはルートバーン川に沿って心の安らぐような森が広がっていました。
(IJ)


初めての海外トレッキングだったが、私は環境のカルチャーショックを記します。
‘Ultimate Hikes’ というガイド専門の会社が催す2泊3日の縦走に参加だった。
テカポのアルティメイトのオフィスから大型バスで登山口、デイバイドへ。山小屋用のシーツとランチ(サンドイッチ、マフィン、行動食、リンゴ)を受け取り各自のペースで歩く様にと言われスタート。荷物はずっしりしたがガイドが終始気を配ってくれてリラックスして行けた。昼食時は暖かいお茶やジュースのサービスでのんびりしてしまった。
朝食前にロッジでくつろぐ
ロッジはガイド付きハイカー限定で素晴らしくゆったりした所、日本では例を見ない環境だと思った。到着後まず温水シャワーでさっぱりし、ベランダで景色を楽しみながらチーズやビール、コーヒーを楽しむ仲間も沢山いた。食事は選べる3コースで、平地と変わらずとてもおいしく満足のいくものだった。
食後9時過ぎの日没迄サロンでリラックスできた。ベッドも一人一つゆったり眠れる。勿論清潔な水洗トイレで驚くばかりのロッジ生活。夜空の星もキラキラ輝いていた。流石に海外の醍醐味だった。
(FA)


日本人ガイド
苔むした森、青く澄んだ空、青い水を湛えた氷河湖、水量豊かな大滝、可憐な花々、小鳥たち。氷河に刻まれた山々は険しく、とても2,000m足らずの標高とは思えません。これ以上は望めないような好天に恵まれて、美しく、変化に富んだトラックを満喫できました。ロッジには快適な温水シャワー、ゆったりしたラウンジからの眺望、前菜、メイン料理、デザートの夕食、楽しく、心安らぐ一時でした。
下山後、完歩証明書の授与式もあり、楽しさが満載のトレッキングでした。
(KM)


「ニュージーで初めての足つり!!」
ルートバーントラック1日目にしてまさかの足つり。途中からガイドさんにバッグを背負ってもらうことになり、何とかマッケンジーロッジへ。熱中症と言われ、そういえばいつもより汗をかくなと思いながら歩いた。
皆がおいしい夕食を食べている頃、作ってくれた日本版ポカリを飲み、体力の回復を待つのみ。さて明日からのトレッキングはどうなったでしょう?KHCの皆さんにはお世話になりました。
(元会員 IK)


「歩けないときは、ヘリで運びます」
こんなすごい景色、でも・・・、長旅で体調今一。とにかく暑い!体が悲鳴を上げそうに。おまけに二度足がつった。ガイドさんに「歩けない時はヘリに運んでもらいます。」「えーッ、ヘリに乗るのはイヤダーッ」
(元会員 YE)


「フッカー氷河湖ハイキング  〜マウントクックを仰いで〜 」(1月31日)
ガイドからコースの説明
ツアー7日目は、この旅第2のハイライトと言っても過言ではないフッカー氷河湖へのハイキングです。ハーミテージホテルから車で10分ほど走って駐車場着。キャンピングカーがたくさん止まっていて、登山道はハイカーで一杯です。歩き始めから、生温かい強風に襲われ、サングラスとマスクで防備をしていても、砂埃がひどく、口の中はジャリジャリです。ミューラー氷河湖から川に係る吊り橋の上では、強風で運ばれた冷たい水滴が、時折顔に当たります。3時間程で、フッカー氷河湖展望台に到着。誰かが湖から持って来てくれた氷の塊を持って全員で記念撮影。マウントクックは、一部分雲に隠れていましたが十分楽しめました。
風が強く山中では食事が摂れず、再度ハーミテージに 寄ってのランチ。幸せ!!
(SA)

フッカーバレー氷河湖
(1月31日)

「初めての海外・ニュージーランド」
パスポートの申請から始まり旅行中ずっと皆さんに助けて頂いて、本当に有り難うございました。楽しく過ごせました。
印象に残っているのは、トレッキングの三日間、どの場所の水も安心して飲めた事と、フッカー氷河の末端を見られた事です。
(HS)


「テカポの月食」(1月31日〜2月1日)
1月31日(水)フッカーバレー氷河湖トレッキングを終えハーミテージホテルに戻り、その日の夕刻サザンアルプスの東に広がる高地・レイクテカポに着く。ここテカポ周辺エリアは星空保護区に認定されていて、さらに星空を世界遺産にする動きも高まっていると言うほど星空が美しいことで有名だ。
当日は満月のため星空は望めなかったが数日前のルートバーントラックのロッジで素晴らしい星空を眺めたからまあいいか、と納得。
テカポ湖畔の「善き羊飼いの教会」
(2月1日)
ラッキーな事に1月31日当日の満月は@ブルームーン・Aスーパームーン・B月食・Cレッドムーン・と四つ重なったのだ。四つ重なるのは150年に一回との事。深夜1時に空を見上げていたら満月は半分に欠けていた。1時23分には四分の一に欠け、徐々に欠けていき1時31分完全に欠けてしまった。トレッキング目的だったが、南半球のニュージーランドの空で天体ショーも見られ本当に幸運だった。
翌日2月1日(木)は予定通りテカポ周辺を散策し、湖をバックに建っている「善き羊飼いの教会」や「バウンダリー犬の像」等、絵画のような光景を楽しんだ。
(WY)


「国民性が違いますね」
日本の常識・非常識とは良く言ったもんだ。機内で私の常識はぶっ飛んだ!スチュワーデスが手で口を覆いながらも何度もあくびを繰り返すではないか。脚を組み替えたり貧乏ゆすりをしたりと、平然とやってのける。極めつけは、はみ出た座席の一部を爪先で弾き飛ばして所定の位置に納める。マニュアル通りの日本の乗務員とは桁違いな行為に驚きを通り越して、思わず笑ってしまった。大様な彼女の行動はニュージーランドの広大な土地柄と緑豊かな自然環境そのものだった。
40周年おめでとうございます。お陰様で嬉し楽しの旅が出来ました。クラブ並びにニュージーランド同行者に感謝、感謝です。有り難うございました。
(元会員 NE)


(MS)



 

四季グループ
標題三原山
山域伊豆大島
日程2018年1月19日(金) 〜 1月20日(土)
行程 1日目 竹芝桟橋21:30集合 22:00出航 (さるびあ丸1等席) 
翌日6:00大島港着
2日目 大島港 (バス) 大島温泉ホテル(入浴、朝食) (バス) 三原山頂口 → 
三原神社 → お鉢まわり → 樹海 → 大島温泉ホテル(入浴、昼食) (バス) 
大島港14:35 (ジェット船) 16:20竹芝桟橋着
参加14名
寄稿三浦

歩き始め
 伊豆大島に訪れるのは数十年ぶりという懐かしさがあって参加した。パンフには、「三原山ハイキング&絶景温泉、2食付き、夜行船でゆったり1泊旅行気分、8,000円」と書きまくっていて、この日が来るまで待ちどおしかった。
 乗船して部屋に入るとなかなか良いではないか、雑魚寝でなく布団に枕付き。当然のごとくか、出航前から宴会が始まり、寄港地の横浜を過ぎた後の消灯近くまで続いたものだ。大島港に到着すると真っ暗で雨が降っている。天気予報は見事に外れた。バスに乗り換えて20分ぐらいでホテルに到着。朝食会場は混雑しているので朝風呂に入ってからゆっくりと朝食を摂った。バイキング方式で思ったより料理が多くて変わったメニューがあり楽しめた。
 雨が上がったのでいくらか安堵したが濃霧が心を委縮させる。一行が乗ったバス数台が連ねて登山口まで行く。本日の参加者は約170名だそう。出発点で数名のガイドさんが説明をする中、私は寒さを感じてカッパを着込む。コースは3種類あり、我々は一番ダイナミックなものを選ぶ。
ゴジラ岩
 さあ、歩行開始、進むにつれて霧が濃くなる。案内板などで少し立ち止まると、前を歩く人が見えなくなってしまうので気がかりだ。ぽつぽつと噴火避難シェルターが建つ。お鉢廻りに入ると、古くて素朴な三原神社が姿を現す。その少し先にゴジラ岩がそびえたつ。通常見えるはずの火口、街、海、などの風景は全く見えないので案内板を見て想像するしかないのだ。下山中の樹海は火山らしい植生が群れており、ホテルの近くなって初めて椿の花を見た。
 歩きを終えると朝と同様、入浴と昼食をゆっくりと楽しむ。霧は大分薄まったようだ。一行をバスで港まで運んでくれた。アイスクリームをほおばり旅の疲れを吹き飛ばす。帰りのジェット船はシートベルトに縛られたため三原山を確認することはできなかった。おそらく、海からも見えなかったであろう。
 まとめると、@船旅は往復とも楽しかった、Aよ〜く眠れた、Bホテルでの風呂と食事良し、C道は歩きやすくスニーカーでもOK、D三原山からの展望は濃霧のため全く無し、Eこの格安弾丸ツアーを皆様に推奨したい、F今年中にリベンジするつもり、となりますかな。


 

縦走グループ     
標題愛鷹山・越前岳  〜でっかい富士山を見よう〜
山域愛鷹山塊
日程2018年1月14日(日)
行程 十里木バス停 → 馬ノ背展望台 → 平坦地 → 越前岳 → 富士見台 → 
富士見峠 → 黒岳往復 → 富士見峠 → 山神社 → 愛鷹山登山口
参加18名
寄稿杉江

 入会して4年目に突入し、初めて、縦走部の山行に参加させていただきました。私の心の中では、縦走部というと、どうしてもハードルが高い気がして、ずっと敬遠していたのです。でも、愛鷹山は、5月の山行が雨で中止になり、12月は他の山行と重なって参加出来なかったので、どうしても登りたいという思いが強く、勇気を出して申し込みました。
 小田急線の車中で日の出の時間を迎え、窓から朝焼けの美しい空が見え始めました。今朝は、この冬最高の寒波が来ているそうで、電車が止まって扉が開く度、足元にスーッと凍りつく様な冷気が流れ込みます。
 御殿場駅で全員集合。バス待ちの30分の時間が長く感じられること。寒い!!!
十里木のバス停で下車し、防寒対策をしっかりして、いよいよ登山開始。でっかい富士山を背に、進行方向からは、まばゆいばかりの朝日を受け、階段状になった登山道をどんどん進みます。霜柱も凍てついて、サクサクではなく、ガリガリといった足の感触。 馬ノ背展望台で休憩。南側から見る富士山は、西側に位置する雨ケ岳や毛無山から見た山の形に比べると、台形の上底部分は広く、裾野もなだらかな広がりを感じました。
 ここから平坦地までは、結構な急登が続きます。平坦地からは、富士山を一番右にして、遠くに南アルプスの北岳、間ノ岳etc.が眺められます。日本で1番、2番、3番の高さを誇る山を、横並びで見たのは初めてです。感激一塩!!
 40分程登って越前岳頂上に到着。にぎやかに昼食を取り、記念撮影。
 午後は黒岳を目指します。途中の富士見台は、昭和初期に作られた50銭札の図案に使われた富士山の撮影場所だそうです。「えー、紙幣の富士山って写真じゃないの?」「違うよ。手書きだよ。この位置で太陽が富士山の横に来ることは無い。」と、一談義。黒岳からの展望も素晴らしく、駿河湾や来週行く予定の伊豆大島まで見えます。
 初めから終わりまで、景色は最高で、とても賑やかで楽しい山行でした。
 三年前に購入した軽アイゼンは、今回も出番がありませんでした。残念!!でも、ものは考えようで、雨具だって毎回持って行くけど、出番が無い方が良いに決まってますから、使わずに済めばそれに越したことはありませんよね。
 縦走グループの皆様、大変お世話になりました。また、素晴らしい山に連れて行ってください。


 

アラカン☆ハイキング(No.52)
寄稿


 

平日グループ     
標題鎌倉アルプス
山域湘南
日程2018年1月11日(木)
参加12名
寄稿渡辺N

2018年平日グループの初歩きは鎌倉アルプス(天園ハイキングコース)でスタートです。

北鎌倉駅9時集合、円覚寺を横目に見ながらまずは建長寺を目指します。風が冷たいけれど、線路際に咲いていたロウバイの花の甘い香りに少し早い春を感じました。
天園ハイキングコースは建長寺から瑞泉寺までの約2時間。建長寺で500円の拝観料を払い、あれやこれやの願い事をしました。
たくさんの天狗の銅像が立ち並ぶ半僧坊へは、長い階段が続きます。途中の富士見台では名前の通り富士山がはっきり見えましたが、何時ものこの時期より雪が少ない気がします。さらに長く急な階段で稜線に出ます。眼下には建長寺と鎌倉の森、その奥には相模湾の眺めが素晴らしく富士山はより大きく見えました。
三体の仏像が彫られている十王岩は風化してよく分かりません。苔むした岩場やバームクーヘンの様な地層が見える岩など独特な雰囲気、途中にはロープが着いた岩場もあり、以外とアップダウンの有る面白いコースです。
少し早い時間でしたが大平山で昼食にしました。すぐ脇にはゴルフ場とクラブハウスが有り駐車場にはかなりの車が止まっていて、この景色はちょっと残念でした。
ここからは瑞泉寺方面に下っていきます。歩きやすい路が続き楠の巨木や大亀石、北条一族の墓と伝えられているやぐら群を見ながら更に瑞泉寺脇まで下り、ハイキングコースはここで終了です。

瑞泉寺は鎌倉時代末期(1327年)に夢窓国師によって創建されたお寺。石の庭園として有名ですが、関東で最も遅い紅葉を楽しめるお寺としても有名。秋にもこのコースを歩いてみたくなりました。
鎌倉宮、鶴岡八幡宮、平日にもかかわらずかなりの賑わいでした。まだお正月気分が残っていて、私のように今日が初詣の人もいたのかな?
解散後、何時ものように二次会は駅近くの居酒屋で。
今年も楽しい山歩きが始まりました。


 

軽ハイクグループ
標題蓑毛越から日向薬師
山域湘南
日程2018年1月6日(土)
参加20名
寄稿清藤

前日、雪の予報が外れ朝から凛とした青空が広がる秦野駅にはKHCのメンバー20名が新年のあいさつを交わしながら蓑毛行きバス停に集合した。
皆さん顔なじみでしたが、今日が傘寿の誕生日を迎えたYさんが参加され、新年の初歩きに相応しく和やかな雰囲気に包まれた。
人数が多いので2つの班に分かれて行動、ヤビツ峠を見送り下社の道標を分け入る。
2班ではS長老を筆頭に女性陣のパワーあふれる会話が、更にパーティーを盛り上げながら大山阿夫利神社下社に11:20到着、大勢の参拝者で列を成していたが、各自参拝を済ませ見晴台に向かう。
大山から派生する尾根の合流点まではトラバース道になるが、二重滝では雨が降っていないので水が流れていない、登山道もカラカラに乾いているので埃っぽい、この辺りはすれ違いの登山者も多く、山肌は落石防止のネットが張られ、谷側は数年前の滑落事故が起きたせいか転落防止に鎖、柵が二重に施されている。一部露岩、鎖も設置されている箇所があるので足元に気をつけながら通過。
見晴台12:15/12:45昼食を済ませ、よく整備された登山道を箱根駅伝の話題に盛り上がりながらピッチよく九十九曲を通過、日向薬師の道標で直帰組5名と別れ、日向薬師は修復を終えたばかりで重厚な茅葺屋根を構えた高野山真言宗の仏教寺院はendに相応しい山行でした。

軽ハイクGはじめ参加者の皆様お疲れ様でした。