川崎ハイキングクラブ
TOP 山行案内 山行一覧 山行記 写真集
会の紹介・規約 連絡先 年間行事 イベント リンク


山行記
 
 
2014年 2015年 2016年



2017年
日程標題山域形態寄稿
2017/04アラカン☆ハイキング(No.44)
2017/04/29GWに新緑の南高尾を深呼吸!高尾ミニGr砂川
2017/04/29八王子八峰山行八王子四季Gr伊藤
2017/04/23外秩父七峰縦走ハイキング大会秩父縦走Gr川村
2017/04/22-23三条ノ湯〜雲取山奥多摩教育遭対部佐藤R
2017/04/15御正体山(日本200名山)道志楽山Gr望月
2017/04アラカン☆ハイキング(No.43)
2017/04/02港北ニュータウン緑道巡り横浜平日Gr渡辺N
2017/03/25武甲山、大持山、小持山奥武蔵四季Gr堀内
2017/03アラカン☆ハイキング(No.42)
2017/03/11高麗山湘南軽ハイクGr佐藤R
2017/03/05櫟山(3月例会山行)東丹沢縦走Gr中嶋
2017/02/11笹尾根奥多摩教育遭対部大竹
2017/02アラカン☆ハイキング(No.41)
2017/02/05八重山中央線沿線四季Gr移川
2017/01/30-02/02知床でスノーシュー!北海道中ハイクGr河合
2017/01/29葛原岡ハイキングコース(新春ハイク)鎌倉ミニGr
2017/01/14倉見山富士急沿線縦走Gr相馬
2017/01アラカン☆ハイキング(No.40)
 

アラカン☆ハイキング(No.44)
寄稿


 

ミニグループ
標題GWに新緑の南高尾を深呼吸!
山域高尾
日程2017年4月29日(土)
行程 8:15京王高尾山口 → 四辻 → 草戸峠 → 草戸山 → 榎窪山 → 三沢峠 → 
西山峠 → 中沢山 → 大洞山 → 大垂水峠 → 高尾山 → 京王高尾山口
参加17名
寄稿砂川

ゴールデンウィーク初日,新緑のすがすがしさが目に染みる南高尾のロングコースに参加しました。

登山道は,駅からすぐに始まりました。登山道に入ると,すぐに山つつじがオレンジ色の柔らかな花を咲かせていました。 山行目的のとおりのまだ柔らかい薄緑の中の華やかさに目を奪われつつ,新緑の中を歩きました(右の写真はHさん撮影。 さわやかさが伝わってきます!)。

この日の山行は,17名の大グループで,さすがゴールデンウィーク!とびっくりしたのですが, 南高尾山稜はそれほど人影もなく,新緑を深呼吸して歩きました。 時々トレイルランナーが駆け抜けて行ったり,ゆっくりと歩く方とすれ違ったりしながら, 筆竜胆のかわいらしい花や,何種類ものスミレ,チゴユリやタツナミソウ,錨草,ウマノアシガタ,など, たくさんの花々を見かけ,名前を教えていだたきました。 里山の花は本当に愛らしいです!

高尾山山頂近くになって,天気予報どおり雨と雷・・でもリーダーの人徳ですぐに上がり,無事,天狗焼を食べながら下山しました。

楽しい休日をありがとうございました!


 

四季グループ     
標題八王子八峰山行(前半戦で、雷雨のために撤退)
山域八王子
日程2017年4月29日(土)
参加24名
寄稿伊藤

四季グループの過去の山行で、2013年3月30日18名、2014年4月12日12名参加の八王子八峰山行記録があり、 Iさんが企画しています。私も2013年の時は、Iさんと八峰の前半のコースを下見した記憶があります。 そして、2013年の八峰は、雨が降り足元もぬかるんで、時間掛かり下山時間が9時を越えて、 高尾山口駅に着いてから終電の時間を気にしながら、電車の中で缶ビールで乾杯をして帰宅をしています。 また、2014年はやはり日没前には降りられずに、7時を回っていたと記憶しています。

“あれから3年”、久し振りの八峰です。今回は3班に分かれて、1班は経験豊富な健脚グループ、2班は初めて八峰挑戦グループ、 3班は途中で陣馬高原下へ下山するグループで、予定どおり朝8時に稲荷神社をスタートしました。 今熊山、刈寄山、市道山、醍醐丸と前半は、予定時間は多少オーバーするものの、気持ちの良い風と青空のもと、 春の新緑の芽吹き、山桜、生気みなぎるやまなみを遠望して、疲れを癒しながらの順調な歩きでした。

しかし、和田峠の手前あたりから、空は晴れているのですが、予報にもあった急な雷雨となり、峠の茶屋のひさしに逃げ込みました、 時は午後2時半。 1班はすでに到着して、陣馬高原下に下山を決めていての下山体制で、2班、3班とも、この雨の中での後半戦を多少躊躇したことと、 予報では短時間で雨は止み天気は回復するものの、5時過ぎにはまた雷雨の襲来あるとの予報を考慮して、残念ながらの下山としました。 2班、3班の和田峠からの下山時には、先ほどの雷雨は嘘のように、空は青空で、午前中と同じ気持ちの良い歩きでしたが、 足元は舗装道路では楽しみも半減でした。 2班の参加者からは、今回は体調も良かったので、後半の残りも歩きたかった、まだまだ大丈夫との声が上がりましたが、 楽しみは次回として、心をのこしての解散となりました。

また機会をみて、スタート場所を陣馬高原下の「夕焼け小焼け」公園からとして、 今回残した、陣馬山、景信山、小仏城山、高尾山をメインに、是非歩きたいと思っています。 長歩きで、ある程度自分を追い込んで、脚と体に基礎力をつけたいものです。


 

縦走グループ     
標題外秩父七峰縦走ハイキング大会  〜どこまで歩けるか!楽しい脚だめし〜
山域秩父
日程2017年4月23日(土)
行程 小川町役場前 → 官ノ倉山(344m) → 笠山(837m) → 堂平山(どうだいらさん 875.8m)→ 
剣ケ峰(876m) → 大霧山 (おおぎりやま 766.6m) → 皇鈴山(みすずやま 679m) → 
登谷山(とやさん 668m) → 寄居町(ゴール)
行動時間:11時間、総距離42km
参加18名
寄稿川村

 東武鉄道主催の恒例ハイキング大会、秩父の七峰を完歩して42キロを歩くという強者コース。 早朝のスタートのため、メンバーは前泊(テント)組、朝到着組(車・電車)に分かれての集合でした。
私は早朝出発の車に乗せてもらい、5時少し前に現地に到着。 前日からの雨もあがり、朝もやの爽やかな空気の中、長い1日への期待が高まりました。

 スタート地点には早くも大勢の参加者。 まずは受付でコースマップと記録カード(スタンプカード)をもらって5:57スタート!
歩きはじめるとすぐにのどかな里山の風景が広がり、山桜や木蓮、ツツジ、菜の花・・・春の色彩が朝の光を受けてキラキラまぶしい。 おしゃべりしながら歩き、7:37「和紙の里」で朝ごはん休憩。
おいしそうな販売に目移りする間にも多くの人が足早に通り過ぎていきました。 とにかくたくさんの人(大会参加者7000人!)がそれぞれのペースで歩くので、KHCメンバーとも合流したり離れたり。 こういう歩き方ってふだんしていないなあ。 たくさんの老若男女のハイカーは、ベテランはもちろんファミリー、カジュアルな装いの若者たち、外国人などなど・・・ まさにハイキングの祭典という雰囲気でした。
11:00堂平山ではおいしいキノコ汁の昼食でまったり。芝生広場からはスカイツリーが見えました。 その後も歩き続け、峠ではおやつや水分を補給しつつ休憩。 SLの待つ秩父高原牧場には14:42到着、ここで食べたソフトクリームはもう人生最高のおいしさでした! ここからはあと少し、最後に2つの山と林道を歩いて歩いて・・・ヘロヘロになりながらゴール会場にすべりこんだのは18:15。 制限時間18:30にぎりぎり間に合いました。

 KHCに入会してはや3年。会を教えてくれたTさんに「ぜひ行ってみるといいよ」と聞いてから、今回ようやく参加できました。 晴天にも恵まれ、想像以上に楽しい1日となり、完歩できたことも自信になりました。 悠々と歩く先輩たちが格好よくて改めて尊敬!私もまたいつかチャレンジして今回の記録を更新できたらいいな。 (でも完歩しなくても充分楽しめそう。ソフトクリーム目指してまた来たいです。)

 みなさん本当にお疲れ様でした。 ありがとうございました(*^-^*)。


 

教育遭対部
標題三条ノ湯〜雲取山  〜4度目の雲取山〜
山域奥多摩
日程2017年4月22日(土) 〜 4月23日(日)
行程 JR奥多摩駅 (バス) お祭り 〜 三条ノ湯(泊) 〜 雲取山 〜 鴨沢 (バス) JR奥多摩駅
参加7名
寄稿佐藤R

 4月22日(土)〜23日(日)、教育遭対部の山小屋体験山行で三条ノ湯と雲取山に行ってきました。 総勢7名。雲取山はこれで4度目です。

 前日の午後5時頃、三条ノ湯から電話が入りました。「がけ崩れで全面通行止めになりました」。 一瞬、頭が真っ白に。続けて、「が、工事担当者は通行させてくれるということですので、通行止めの看板があっても来て下さい」。 多少不安を感じながらも予定どおり実施することにしました。
22日10時半までにはJR奥多摩駅に全員集合。前日の電話でのやり取りを報告し、実施を確認し合いました。 バス乗り場には、がけ崩れで林道全面通行止めが表示されていました。

 11時発のバスでお祭りへ。バス停をやや下ったところに林道入口があり、林道に入ってすぐの広めの場所で昼食。 昼食後、林道歩きが始まります。ゲートには監視員さんがいましたが問題なく通してくれました。 林道のほぼ中間地点、塩沢橋をすぎた頃から雨が降り出し雨着を着ます。この間、崩れた石を運搬するダンプカーが行き交います。 がけ崩れの現場は林道終点に近い場所。10mほど、道を完全にふさいでいました。石を乗り越えるのに困難はありませんでした。
 林道終点からは山道を歩き、午後3時10分三条ノ湯到着。「かへで」という広い部屋を貸切りです。 お風呂は男女別(客数によっては男女入れ替え)でお湯はアルカリ性。 肌がヌルヌルする、いわゆる「美人の湯」系。アルカリ成分が皮膚の蛋白質を溶かしているだけなのですが気持ちは良い。 セッケン・シャンプー等は使用不可です。 ご飯はマキでお釜焚き。おこげの香りがなつかしい。夕食後部屋で歓談し、8時半すぎに寝つきました。

 23日は5時に電球が点き、朝食は5時半。卵かけご飯でした。 支度を整えテルモスにお湯を補給し、6時15分に歩き始めます。 最初は急な登り。それをすぎると、三条ダルミまではゆるやかな上りが続きます。 三条ノ湯〜三条ダルミ間は急傾斜地を横断する個所があり、歩行には注意を要します。 山の上部は白く、積雪の様子。昨日の雨が高所では雪になったようです。
 三条ダルミには8時35分到着。休憩後、山頂までは雪道の本格的な登りになります。5cmはあるようです。 青空を背景に、雪が付いて白くなった木の枝が映えます。景色が素晴らしい。
 雲取山頂着は9時30分。山頂は白一色のうれしい想定外。「りんどう」用の集合写真を撮ります。 山頂を示す木製の看板はなく、代わりに真新しい石造物が設置されていました。 標高と同じ西暦年「2017」を記念して建てられたようです。建立者は東京都と埼玉県。山梨県の名は刻み込まれていません。 やや南に「山梨県百名山」標識がポツンと建てられてありましたから、そこが山梨県の雲取山最高地点のようでした。 帰宅して国土地理院地図で確認すると、雲取山頂は東京都と埼玉県の都県境にあり、 山梨県との三都県境は山頂から南に100mほどの所になっていました。 ちなみに避難小屋は東京都で雲取山荘は埼玉県。三都県の位置関係はビミョーでした(だから地図はおもしろい)。 避難小屋の温度計は5度でしたが、日差しがあり、風もなく、暖かく感じられました。 雲で、富士山が見られなかったのが残念でした。

 9時50分下山開始。雪解け水がチョロチョロ流れる道を下ります。それも奥多摩小屋まででした。ブナ坂11時。 ここで昼食。唐松谷方面の登山道は閉鎖されていました。 この時点で、当初は鴨沢発2時42分のバスを予定していましたが1時46分に乗れそうなことが分かり、頑張ることにしました。 バス停に着いたときにはまさに間一髪。同時に臨時のバスが入ってきました。あと数分遅れていたら1時間待ちでした。 JR奥多摩駅に2時20分に着くと今度は、電車は30分発。帰路はトントン拍子でした。

 今回のコースは1996年4月以来21年ぶり。 このときはさらに積雪があり、三条ダルミから軽アイゼンを装着して山頂をめざしました。


 

楽山グループ     
標題御正体山(日本200名山)  〜楽山グループ旗揚げ山行〜
山域道志
日程2017年4月15日(土) 晴時々くもり、一時雨
行程 都留市駅 (バス) 道坂隧道 (20分)→ 今倉山分岐 (70分)→ 岩下の丸 (65分)→ 
臼井平分岐 (50分)→ 御正体山 (25分)→ 峰宮跡 (50分)→ 林道に出る (55分)→ 
三輪神社 (バス) 都留市駅
行動時間:7時間15分、歩行時間:5時間35分(エアリア:5時間55分)
参加6名
寄稿望月

奥多摩の山々の山頂から富士山を眺めると、富士の両脇に一際目立つ山が見える。 右側が三つ峠山。左側が御正体山である。どちらも200名山に名を連ねていて、私の感性を刺激する山だ。 私にとっては両山とも未踏の山なのだが、奥多摩に行く度に早い内に山頂に立ちたいと思っていた山なのである。 実際にガイドブック等で御正体山を調べると中々趣のある玄人好みの山であることが分かる。
今回そのチャンスがやってきた。 会の長老、Sさんが楽山グループを立ち上げ、その旗揚げ登山に御正体山を選んだのである。 過去、Sさんの企画した山行に何度か参加している私としては1も2もなく参加を申し込んだ。

AM7:40都留市駅に集合。バスで道坂隧道下車。今倉山登山口が御正体山の登山口になる。
20分程で稜線に出る。ここで今倉山登山道と別れ御正体山へ向かう。私にとってはここからが初体験ルートとなる。 緩やかな登りが続くが、檜洞丸、大室山を見ながらの稜線歩きは気分もウキウキである。
臼井平分岐からは急登となるが、やっと登山道に雪が登場してくる。が、アイゼンが活躍するような雪ではなかった。
御正体山 山頂
昼食後13:08山頂へ。小広場となっているがガイドブック通り樹木が邪魔をして展望のない山頂だった。 すると突然空が暗くなり雨がポツポツ。急いで雨具を着込み下山開始。三輪神社を目指して一気に下っていく。
90分程下った頃、山の神様がご褒美をくれた。 林道手前に展望台になっているような場所があり、西から北にかけての展望が一気に開けたのだ。 青空が広がっている。二十六夜山、今倉山を正面に見据え、滝子山、大菩薩嶺、雲取山、三頭山、百蔵山等の大パノラマに皆大満足であった。 ここからはすっかり天気が回復し、私はTシャツ1枚で過ごす。山の天気とは本当に不思議なものである。
新しく林道が開設された為(エアリアには載っていない)従来の登山道が廃道になっているというアクシデントがあったが、 道迷いすることもなく16:06ゴールの三輪神社に到着した。

オヤジギャグも影を潜め、日本の山がどのようにできたのかを熱心に解説してくれたTさん。 紅一点、男どもの世話係を務めてくれたMさん。 そして楽山グループを立ち上げたSさん、これからも楽しい山行を計画してください。
皆さんありがとうございました。


 

アラカン☆ハイキング(No.43)
寄稿


 

平日グループ
標題港北ニュータウン緑道巡り(4月例会山行)
山域横浜
日程2017年4月2日(日)
参加20名
寄稿渡辺N

港北ニュータウン緑道巡りコースを決めたのは、「緑をつなぐせせらぎの小道、田園の流れは風の道」、 この文字をウォーキングマップで見つけたから。 13の公園を5つの緑道で繋いで歩くコースを選んだ。他にもいくつものコースがあるので、そのときの気分や時間で楽しめそうだ。 桜満開の中を歩けると思っていた!
中川駅10時、全員揃ってスタート。 「ネオ・ロマンチック」をテーマに作られた駅前の街並みはとてもおしゃれ。 ちなみに仲町台駅前は「ネオ・クラシック」外装や色彩等も街作り協定で決められているようだ。
「くさぶえのみち」から歩き始め、山崎公園は広いグランド周りを桜で囲まれている。 ブルーシートは花見の場所取りか?花は2〜3分咲き。せせらぎには白鷺と鴨の姿。 芽吹いたばかりの柳の緑が眩しく、椿の赤が映えている。
高台にある四阿近くの桜、本日一番?牛久保公園、徳生公園、神無公園と歩き山田富士公園へ。 広場では桜祭りが開催されていてものすごい賑わいだが、まずは山田富士に登頂する。 頂上には噴火口が有り、お鉢周りも出来る。 「新編武蔵風土記1828年」に登場する古い歴史を持つ富士信仰の塚で、桜の名所でもあるが、残念。花より団子?ここで昼食。
「ふじやとのみち」「あさひのみち」を歩く。早渕かなりあ公園から「せきれいのみち」になり、せせらぎ公園、茅ヶ崎公園と続く。 茅ヶ崎公園の自然生態園で原木シイタケを販売していた。途中で採りに行く程売れたので、喜ばれたのではないか?
大原みねみち公園から「ささぶねのみち」になり葛ヶ谷公園、鴨池公園、そして最後の都築中央公園。 この公園は都筑区最大、かなり広そうだ。16時着。
歩いてみて港北ニュータウンって素敵な街だと思った。 調べてみたらここを開発するときには、協議会を設け何度も話し合いを続けた。 協議会には市民も参加して「故郷をしのばせる」「緑の環境を最大限に保存する」「安全」「高い水準のサービスが得られる」 この4つの方針で街作りが進められた、とあった。成る程、納得!
元々あった里山の風景を感じながら歩くコースは心地よい筈だ。 季節を変えてまた歩きたい。

解散後の二次会はセンター南駅前の居酒屋で乾杯!


 

四季グループ
標題武甲山、大持山、小持山(ぶこうざん、おおもちやま、こもちやま)  〜静かな奥武蔵を歩く〜
山域奥武蔵
日程2017年3月25日(土)
行程 西武秩父線横瀬駅 〜 西武秩父線 横瀬駅 〜 一の鳥居(520)9:15 〜 妻坂峠 〜 
大持山(1294.1) 〜 小持山(1273)  〜 シラジクボ(1088) 〜 
武甲山(1304) 〜 長者屋敷の頭(871) 〜 林道(570) 〜 秩父本線浦山口 16:45
参加13名
寄稿堀内

横瀬駅 8:20am集合とのことで、川崎市バスの始発前に最寄駅へ移動しなければならず長い一日が始まりました。
横瀬駅までのアクセスには大きく2つのルート@秋津経由、A池袋経由 ちちぶ号利用、があり 大多数の参加者は@ルートを利用するとの事ですが、私は旅気分も味わうためにAを選択した。 当日、西武池袋線のトラブルがあり予定よりだいぶ遅れて横瀬駅に8:55に到着。
横瀬駅から眺める武甲山は圧倒的存在感がありながら、北斜面には石灰岩が豊富に採取できるため大規模に削られた痛々しい姿は、 サラリーマン生活をあと数年残す我が身を見ているようでもありました。
横瀬駅より一の鳥居まではタクシーで移動です。途中には石灰工場が点在しており日本経済を支えている側面を見る事が出来ます。 一の鳥居で再度集合し準備運動を行い9時15分に歩き始めます。
序盤は舗装林道を経て登山道へと進みます。途中、石灰石、チャートが見られブラタモリ感漂う登山を予感させます。 妻坂峠はどこなのか、どこだったのかの問答もありつつ、大持山頂上に到着です。
小持山頂上より武甲山を望む
この時点では誰も(少なくとも私は)、これから二持山の下り斜面にアイスバーンが待ち構えているとは想像しませんでした。 特に小持山の下りアイスバーンはきつかったです。 この時期の1000m超え登山ではアイゼン持ちはマストである事を痛感しました、反省。
しりもちを着きながらもシラジクボへ到着、ここからは今回の山行メインである武甲山ルートです。 写真に見える尾根沿いを進み武甲山御嶽神社へ到着。 この神社は狛犬は犬ではなくこの周辺の守り神でもあるオオカミです。 武甲山頂上は神社の裏手にあり、石灰石採掘場の裏手に当たります。頂上からはフェンス越しに採掘場や長瀞を眼下に見渡せます。
どなたか標高が採掘で低くなっていないのかと質問がありましたので家で調べました。 標高は採掘による三角点の移動などが発生した事より、1336m@1900年(明治33年)、 1295m@1977年(昭和52年)へて1034m@2002年(平成14年)になっている様です。
武甲山頂上にて記念写真
武甲山頂上から長者屋敷の頭を経て林道の下りは横目に美しい清流を見ることが出来、山中を歩いてきた目にはとても新鮮に思えました。 このようなわずかな新鮮な感動が明日への活力になりますね。 浦山口駅には4時45分到着、当初予定時刻までリカバリーする事が出来ました。

CL、SL、参加者の皆さん、たのしい一日を過ごさせて頂きありがとうございました、とても歩きごたえのある山行でした。
反省会のビールとってもおいしかったです。


 

アラカン☆ハイキング(No.42)
寄稿


 

軽ハイクグループ
標題高麗山  〜帰化人伝説の残る高麗山(平塚富士)を歩く〜
山域湘南
日程2017年3月11日(土)
行程 JR大磯駅(10:00) 〜 湘南平 〜 浅間山 〜 高麗山 〜 JR平塚駅(14:30)
参加7名
寄稿佐藤R

電車がJR平塚駅を出て大磯駅に向かうと右手に小高い山並みが見えてきます。高麗(こま)山と浅間山。 高麗山は富士山のような姿形から平塚富士とも呼ばれています(川村匡由・秋本敬子『ふるさと富士百名山』)。 少々肌寒い3月11日、「高麗山・湘南平ハイキングコース」を7人で歩きました。 この日は東日本大震災6周年目でもありました(合掌)。

大磯駅に集合し10時すぎに歩き出します。駅には同じような格好のグループがいくつかみられました。 山か海か、はたまた町歩きか。

高田公園付近まで車道を歩き、その後山道に入ります。 枯葉の積もった尾根道をたどり、湘南平には11時20分着。結構な広さがある広場になっています。 海を正面にすると左手にテレビ塔、右手に展望台、後方には丹沢・大山。 伊豆大島はうっすらと遠望できるものの富士山は拝めませんでした。ここでゆっくりと昼食。 ウォーキンググループが次から次へと現れます。幼子を連れた家族がお弁当を広げています。 適度な散歩コースになっているようです。

12時30分に歩き始めます。まずは標高181mの浅間山。ここがコースの最高峰です。 山頂には小さな浅間社が置かれ、その脇には一等三角点も。正しくは「浅間山 一等三角点補点」。 林のなかで見通しはききませんが、立てられた当時は見晴らしが良かったのでしょう。

尾根道を高麗山に向かいます。道の両側にはイノシシが掘り返した跡がいくつもみられます。 山の周囲は人家が密集しており、こんなところにもイノシシがと驚かされます。 幸か不幸か、イノシシとかち合うことはありませんでした。

高麗山の標高は168m。 小さな祠がありますが、礎石があることから、かつては社殿や鳥居があったものと思われます。 案内板には「奈良時代のころ、唐・新羅に滅ぼされた高句麗王族の一人が大磯に上陸し日本に帰化し、 その人たちが住んでいたことから、この地が高麗と呼ばれるようになった」とあります。 帰化人伝説の地でもありました。

かつての参堂跡を下り国道1号線に出ます。線路にそって平塚駅をめざし、駅到着は午後2時30分。 行動時間4時間30分。この日の歩数は19609歩でした。

四半世紀ほど前のことです。今回とは逆コースを、幼い姪と甥を引き連れて歩いたことがあります。 テレビ塔の記憶はあるものの、その他はまったく残っていません。 木々も生長し、景観が変わってしまったからなのかもしれません。


 

縦走グループ     
標題櫟山(くぬぎやま)  〜表丹沢と相模湾を眺め、のんびりと歩く〜
山域東丹沢
日程2017年3月5日(日)
行程 渋沢駅 (バス) 大倉BS 〜 黒竜の滝 〜 県民の森 〜 くぬぎ山 〜 三廻部林道 〜 
寄BS (バス) 新松田駅
参加24名
寄稿中嶋

例会山行で東丹沢のくぬぎ山(810m)に行って来ました。

12月のミニグループのお汁粉に味を占め、今回はお弁当を減らしての参加です。 渋沢駅からバスに分乗し、大倉で24名全員が集合しました。 リーダーから詳しいコースの説明を受けて(I CLは毎回するそうです)出発。 ところが、林道に入る道で意見の食い違いがあり、ちょっと混乱しました。 単調な林道歩きの後、下った先には黒竜の滝があり、マイナスイオンをしっかり浴びました。

山頂にて
整備された県民の森を通り、広い草原の山頂に到着。山頂から眼下に秦野市市街、遠くには光る相模湾を臨めます。

お楽しみのお汁粉を頂き、更におすそ分けまで頂き、お腹が膨れたところで下山開始。 あちらこちらに春の気配を感じながら、のんびりと歩くことは幸せなことですね。 この日は「啓蟄」。虫たちも姿を現してきそうな、ぽかぽか陽気の一日でした。

縦走グループの皆さん、ありがとうございました。


 

教育遭対部
標題笹尾根  〜初めてのアイゼン体験〜
山域奥多摩
日程2017年2月11日(土)
行程 武蔵五日市駅 (バス) 仲の平バス停 〜 西原峠 〜 槇寄山 〜 数馬峠 〜 分岐 〜 
大羽根山 〜 浅間尾根登山口バス停 (バス) 武蔵五日市駅
行動時間:6時間、歩行時間:5時間
参加15名
寄稿大竹

事前のミーティングでは、雪が少なくアイゼンの出番はないかも知れないとのことであったが、 五日市からバスに乗り十里木を越えたあたりから雪が見え始め、やがて完全な雪景色となり仲の平バス停に着く。 準備運動中、木の枝に積もった雪が風に飛ばされて頭に降りかかり、気分はすっかり雪山だ。

準備を整え、一般道を登って行くとその道が民家の前で途切れたかと思いきや、 民家への階段横が登山道入口となっていて驚いた。 登山道を少し進むと雪道になり、足元に気を付けながら長い尾根道を登ぼると、やがて西原峠に出た。 更に、槇寄山まで僅かな距離を登り写真撮影し、峠に戻って昼食を摂る。 休憩後にアイゼンを付け、装着時の歩行についてのレクチャーを受けてから笹尾根を歩き出す。

アイゼンを付けて分ったことは、靴が滑らないため非常に歩き易いことと、 雪が浅い場合には岩や木の根に足を置くとバランスを崩す恐れがあることだ。 また、スパッツ装着により、靴が完全に雪に埋まっても靴への雪の侵入がなく、 その効果が極めて高いことも分かった。

快適な雪の尾根道を楽しみつつ数馬峠に到着する。 峠からの見晴らしが素晴らしく、遠くには富士山、三ツ峠山、近くには一週間前に登った八重山からも見えた雨降山、 権現山が見える。 峠での一休みの後、更に進み分岐を左方向に行くと長い下りになるが、 アイゼンのおかげで、何時もより楽に下ることが出来た。 浅間尾根登山口には、バス時間の10分前と絶妙なタイミングで到着した。


 

アラカン☆ハイキング(No.41)
寄稿


 

四季グループ
標題八重山(530m)  〜新春の富士山を眺めて!のんびりと歩きましょう!〜
山域中央線沿線
日程2017年2月5日(日)
行程 上野原駅 〜 根本山 〜 秋葉山 〜 八重山 〜 能岳 〜 新井バス停 〜 上野原駅
参加19名
寄稿移川

1月下旬のある日、なんとなく気持ちが落ち着かない自分に気づきました。 イライラするというか、ザワザワするというか、落ち着かないのです。 思い当たる理由が無くはない。 でも普段ならそんなこと気にしない程度のことなのになぁ、 なんでだろう・・・・あ、そうだ、もう3か月も山に行ってない!仕事やプライベートな用事で忙しく、 11月から山行を封印していたのですが、どうやらそろそろ限界な様子。 忙しさもひと段落するところだったので、さっそくCLに連絡しました。 参加が決まると、あら不思議。イライラもザワザワもピタッと止まり、気持ちはルンルン♪

1班
当日は午後から雨の予報でしたが、19名が参加。 集合場所で久しぶりにKHCの皆さんと再会し、なぜかほっとした気持ちになりました。 八重山は、昭和4年に持ち主の水越八重さんから「ふるさとや子供たちの役に立ててほしい」と寄付された山だそうで、 八重さんの名前にちなんで八重山と呼ばれています。 今回のルートは道が広く、とてもよく整備されていて、3か月分のお喋りをしながらでも安心して歩けます。 そうです、たわいのない会話をしながらアスファルトじゃない道を歩きたかったんです!! 歩いていると十月桜、咲き始めの河津桜、シュンランのつぼみなど、春を感じられる植物たちに出会え、 気持ちが和みました。 出会いといえば、毎日八重山に登っている「こばじぃ」という八重山の主のような人にも出会いました。 こばじぃによると、春には桜やリンドウ、カタクリなど春色満開の姿が期待できるそうですよ。 展望台からは、富士山の姿は拝めませんでしたが、白くなった蛭ヶ岳、檜洞丸、大室山、三つ峠など、 お山3か月振りの私を満足させるには十分な景色でした。 13時には下山(早い!)、バス停までの道では趣のある枝ぶりの立派な梅に出会い、これまた感動。 短いけれど充実した山行でした。

山に行けなかった3か月、忙しくて身の回りの自然の変化を感じる余裕もなかった気がします。 そして今回、私にとっては山や自然の中に身を置く時間が大切なんだなぁ、 KHCの仲間との交流は癒しなんだなぁ、と改めて実感しました。

あ〜楽しかった


 

中ハイクグループ
標題知床でスノーシュー!  〜厳寒の知床の自然を楽しむ〜
山域北海道
日程2017年1月30日(月) 〜 2月2日(木)
行程 1日 羽田空港→根室中標津空港→ウトロ温泉(3泊)
2日 知床五湖スノートレ→フレぺの滝スノートレ
3日 象の鼻(男の涙)スノートレ→ワシのウオッチング・北のアルプ美術館
4日 網走「おーろら号」流氷クルージング→女満別空港→羽田空港
参加5名
寄稿河合

 1日目:中標津空港行きは「天候調査中」、でも順調にウトロ温泉に到着!

 2日目:知床山考舎の笑顔がすてきな伊藤さんにガイドされ知床五湖へ。 各々ガイド付の6チームが一緒にゲート内に入る。さすが世界遺産、冬でも人気がある。 さあスノーシューを履いて冬山装備で出発、寒い!まっさらな湖の真ん中に行きたい気もするが、それはダメ。 トイレも予め済まし、もしもの時は携帯トイレ。さすが保護の規則はきちんとしている。 二湖の中ノ島でエゾシカが出産し、母鹿が湖を渡って草を食べ、また島へ戻り乳をやり、子を守ることもあるそうな。

 昼はウトロの町に戻りラーメン。午後はフレペの滝へ。 別名乙女の滝なのに雌にありつけない雄だけの群れがおり、ちょっと戦闘ごっこをしながら将来に備えている! 滝は断崖の途中から伏流水が青氷柱を連ね海に落ちる。 鹿が増えてハンゴン草のような好まれない草だけが残っている。 帰り、車道横の雪の上にキタキツネが悠々と寝そべり、じっくり我々を観察していた! そして雲と海の間から黄金色の夕日が出てきた!

 3日目:上々の天気!知床連山が見える!羅臼岳、三ッ峰、サシルイ岳、オッカバケ岳、知円別岳、硫黄山まで! 象の鼻からは知床岳、知床岬がクッキリ! ここの凍った滝は「男の涙」と言うが雌と子鹿ばかりが群れて断崖の上でお食事中。 沖合の流氷の白い線は太くなった!

 昼食はガイドさんお勧めのジャガイモのチーズ焼き! 午後はオジロワシ、オオワシ観察、さらにSさんのご縁もあり「北のアルプ美術館〜串田孫一の小宇宙」に行った。 山と文芸の雑誌「アルプ」の世界をじっくり見させていただいた。

 4日目:本日「流氷接岸初日」との発表あり!途中、山側にワシがたくさんいる木を発見。 昨日の学習が活きた!オーロラ号は外国の方だらけ、数少ない日本代表?としてSさんがテレビ局の取材を受けた! オオワシが氷の上にかなりいる! 流氷をかき分け進む船のデッキはとにかく寒いが、ガマンして見まくり、撮りまくりの大満足!

 天候、流氷接岸、ワシさん達との出会いに恵まれ、飽食と温泉の日々! ガイドの伊藤さん、同行の皆様、本当にありがとうございました。


 

個人・山行グループ     
標題新春ハイキング  〜鎌倉葛原岡ハイキングコース〜
山域鎌倉
日程2017年1月29日(日)
参加49名
寄稿

 北鎌倉の改札を出ると直ぐに、Aさん、Bさんに「郷さん、3班よー。」と迎えられ気分よかったなぁ。 (単純なわたし)お天気も良く正に新春ハイクに相応しい幕開けとなりました。 源氏山公園が近づくと豚汁の匂いが体中に飛び込んできました。

 今日の行事を成功させるために裏方さんが早くから来られて準備をして下さっていたのですね。 野菜は前日から下煮をし、男の人は大きなザュクに鍋や水を入れて運んで下さったのですね。 心より感謝いたします。 おかげさまで美味しい豚汁をいただきながら持参した日の丸のおにぎりも美味しく食べました。 ありがとうございました。

 葛原岡神社に到着すると、Cさんが神社の由来を説明してくださり、 何の予備知識も無く参加した自分を恥じ入りました。 インターネットで改めて確認しましたが、とても由緒ある神社なのですね。
帰りは鎌倉駅まで歩き、喫茶店に入って寛ぎながら皆さんとの楽しいひと時を過ごしました。 このコースは始めてでしたが、機会があったら再訪したいと思っています。


 

縦走グループ
標題倉見山山行  〜年の初めは富士山を見よう〜
山域富士急沿線
日程2017年1月14日(土)
行程 東桂駅 〜 長泉院 〜 送電鉄塔 〜 倉見分岐 〜 倉見山 〜 見晴台 〜 相定ヶ峰 〜 
堂尾山公園 〜 富士見台 〜 寿駅
参加17名
寄稿相馬

 一週間ほど前に富士五湖地方に降った大雪が山一面にしっかり残っており、 まさに雪山トレーニングさながらの山行でした。

 登山口から少し入ったところでアイゼンをつけ、ザクザクとやや急な斜面を登りました。 途中、雲行きが怪しくなり、尾根に出た途端、冷たい、本当に冷たい小雪まじりの風が吹きつけ、 うろたえてしまうほどでした。 急いで防寒具やらレインウェアー、ネックウォーマーで寒さをしのぎましたが、 「本格的な雪山ってこんなかな」と、思う程のプチ体験のおまけも付きました。

 倉見山はアップダウンや急登もある、なかなかよい山だと聞いていましたが、 積雪があると一変することがよく分かりました。 歩くのに普段の3割増しの体力と時間を使ったような長い一日でしたが、 積雪30cmもあろうかという斜面をアイゼンで、登り下りする雪山山行は楽しいものでした。 曇り空ながら、裾野からドンと大きくそびえ立つ富士山にも出会え、 一度に富士山と雪山の二つを楽しむことができ、幸先の良い、年初めの山行になりました。

 縦走部の皆様、ありがとうございました。


 

アラカン☆ハイキング(No.40)
寄稿