川崎ハイキングクラブ
TOP 山行案内 山行一覧 山行記 写真集
会の紹介・規約 連絡先 年間行事 イベント リンク


山行記
 
 
2014年 2015年 2016年 2017年
2018年 2019年 2020年1−6月 2020年7−12月
2021年1−3月 2021年4−6月 2021年7−9月



2021年 10月〜
日程標題山域形態寄稿
2021/11アラカン☆ハイキング(No.95)
2021/11/07鶴見川源流町田市平日Gr渡辺N
2021/11/06奈良倉山〜鶴寝山大菩薩嶺四季Gr多田見
2021/11/03御岳山奥多摩山写真Gr長谷川
2021/10/31鍋割山丹沢楽山Gr守口
2021/10/31シダンゴ山丹沢里山Gr手塚
2021/10/29-31浅間山、玉原高原群馬県縦走Gr望月
2021/10/23茅ヶ岳奥秩父ミニハイクGr伊藤K
2021/10/19三浦富士から武山へ三浦半島平日Gr佐藤R
2021/10マコちゃんの登書館便り(27)望月
2021/10アラカン☆ハイキング(No.94)
2021/10/03扇山(10月例会山行)中央線沿線中ハイクGr小柳A
2021/10/02-03妙高山新潟個人山行大鹿
2021/10/02鷹取山逗子・葉山軽ハイクGr山崎


 

アラカン☆ハイキング(No.95)
寄稿



 

平日グループ 
標題 京王堀ノ内駅〜長池水源〜鶴見川源流を辿る
山域町田市
日程2021年11月7日(日)
行程 京王堀ノ内駅 → せせらぎ緑道 → 長池公園 → 長池 → 里山の家 → よこやまの道 →
I見川源流の泉 → 唐木田駅
参加13名
寄稿渡辺N

京王・堀之内駅10時集合、駅から5分ほどでせせらぎ緑道に入る。マンション群と戸建て住宅の間に人工的に作られた散策路。自然石などを使って作られたせせらぎや植えてある植物は、元々その場所に有ったかのようで違和感がない。紅葉も始まっていて、この景色を見ながら暮らす住民が少し羨ましく思う。
暫く歩くと長池見附橋、これは四谷見附からわざわざ移築した眼鏡橋だが周りの景観に凄く馴染んでいた。
長池公園では、みどりのあそび市を開催していて、家族連れで賑わっていた。木を使ったおもちゃで子ども達が楽しそうに遊んでいる。長さの違う竹をつるした物や、木片を並べて木琴のように作った楽器?思わず叩いてみた。大人だって楽しい!!
せせらぎの水源になっている長池は、以前来た時に丁度「かいぼり」をしていて、その後鏡のような水面になった池に絶滅種のジュンサイや数種類の水草が復活したとの新聞記事を読んだ。60年ぶりに復活した水草は今どうなっているのか?あまりきれいな水には見えなかったけど。
池を廻る道から雑木林の中へ入り、田んぼや畑、水車小屋のある里山の家で昼食。刈り取った稲がはぜ掛けして有り、小さい畑では大根や人参が育ち水路には凄く美味しそうなクレソンが!里山の景色はなぜか懐かしく、心が少し優しくなれる気がする。残して置きたいな・・・
一度、幹線道路を渡りよこやまの道へ入る。鶴見川源流を目指して滑りやすい道を下り暫く歩くと、景色が変わった。
普通の住宅街、その先に鶴見川源流の泉が現れた。多摩川の源流「笠取山」で見たのは、岩から染み出た一滴の水だったけど、鶴見川の源流は湧き水。ここが暴れ川と呼ばれた鶴見川の始まりの場所。確か源流から河口までの距離は42キロ。フルマラソンの距離とほぼ同じだった事を思い出した。


 

四季グループ 
標題 奈良倉山〜鶴寝山  〜コロナ禍に負けずに歩く〜
山域大菩薩嶺
日程2021年11月6日(土)
行程 上野原駅(バス)鶴峠 〜 奈良倉山場 〜 松姫峠 〜 鶴寝山 〜 出入り沢のヌタ 〜
栃の巨木 〜 小菅の湯バス停(バス)上野原駅
参加6名
寄稿多田見

 上野原駅からバスに揺られること約1時間でバスの終点で歩き始めの鶴根峠に到着。鶴峠から奈良倉山までの約500mが少し急ですが、上がってしまえばあとはアップダウンも少なくのんびり歩けるコースでした。
奈良倉山(大月市秀麗富嶽12景の5番山頂)からは残念ながら富士山を拝むことは出来ませんでしたが、この日は素晴らしい紅葉に出会えました。
後から調べてみたら、この辺りではスギ・ヒノキ・カラマツといった針葉樹を伐採し、コナラ・ミズナラ・モミジといった広葉樹を植栽しているのだそうです。針葉樹と広葉樹を混交させることで、水源の森としての水源かん養機能(洪水緩和、水資源貯留、水質浄化の機能)を高めることを目指しているそうです。
見渡す限り広葉樹の森は本当に美しく、足元に積もる落ち葉、青空に映える赤や黄色の葉、周囲360度を黄金色に囲まれて、絵の中に入り込んだようなそんな感覚を覚えました。素晴らしいのは、この紅葉が少しの区間だけでなく、行けども行けども続くこと。こんな場所があったんだ〜というのが正直な感想です。Hさん撮影の素晴らしい写真がホームページに掲載される予定ですので、ぜひ観てください! 
 そしてこのルートのもう一つの見どころは栃の木の巨樹(写真)。想像以上の大きさに圧倒されました。一見の価値ありです。


 

山写真グループ 
標題 御岳山  〜紅葉とロックガーデンを楽しむ〜
山域奥多摩
日程2021年11月3日(水・祝) 晴れ
行程 御嶽駅前(バス10分)滝本駅(ケーブルカー6分)御岳山駅 →
ビジターセンター → 御嶽神社 → 長尾平展望台 → 七代の滝 →
ロックガーデン → 綾広の滝 → 御岳山駅(ケーブルカー)滝本駅(バス)御嶽駅(解散)
参加7名
寄稿長谷川

9時、JR青梅線御嶽駅に集合。好天で少し暑い。祝日で家族連れや若いカップルなども多くてバス停には長い行列ができ、暫く待たされて2台目のバスに乗り込んで出発です。
ケーブルカーに乗り、山頂駅の広場でミーティングを済ませ、体を慣らして出発。ビジターセンターに立ち寄ったあと御岳神社へと向かう。参道沿いには所々にモミジがあって真っ赤な色が映える。神社で各自お参りを済ませたあと長尾平展望台まで下る。
視界が南東方向に開けていて都心方面の眺望がいいので、ここでゆっくり昼食をとる。着いたとき霞んでいた遠景が暫く経つと左にスカイツリーから都心の高層ビル群、さらに右にランドマークタワーまでかすかに見渡せる。
昼食を済ませたあとは長尾平分岐まで戻り、そこから七代(ななよ)の滝まで長い急坂を一気に下り、滝を写真に収めたら今度は天狗岩まで急な鉄の階段を登り返します。何人か岩の上の天狗まで登ってくる間にこちらは一休み。
ここからは沢沿いにロックガーデンへと緩い登りです。まわりの高い樹々は黄葉し、所々に紅葉も混じって、そんな美しい景色を楽しみながら進みます。休憩所の前にはベンチがあってそこで一休み。皆で記念撮影したあと綾広の滝まで進み、滝の前でもう一度記念撮影です。
ロックガーデンはここで終わり、少し登ると平坦な道に出る。ここから長尾平分岐を経て、ケーブル駅まで戻るとそこにはケーブルを待つ人の長い列が出来ていて、並んでから滝本で下車するまで40分かかった。
のんびりと秋の一日を過ごすことが出来ました。


 

楽山グループ 
標題 鍋割山
山域丹沢
日程2021年10月31日(日)
行程 大倉 − 二俣 − 後沢乗越 − 鍋割山 (往路戻る)
行動時間 8:25 歩行時間 7:00
参加6名
寄稿守口

長い林道も紅葉の景色が楽しめるかしらと思ったが、県民の森の紅葉はまだ早かった。天気は曇りから急に雨の予報に。前回も雨でご一緒した方と、お互いを、雨女?と思ってしまったみたい。緊張感が無かったようで、誤って小丸への分岐を登っていき指摘され助かった(^-^; 二俣から少し先の荷揚げのペットボトル置き場から登りが始まる。

ほんのり色づいた木々がところどころ。鍋割山人気?の鍋焼きうどん1500円の値段に驚愕するも、食べてみよう!となり、そうなれば、今にも降り出しそうな空だってモチベーションは上がる。急登をゆっくり、ゆっくり。もうひと踏ん張りというところでポツポツときた。すれ違った男の子にあと1分ですと声を掛けられ、なんと嬉しかったことか。
さぁ山頂は雨だけど、どうやって食べるの?(山荘には入れない)頭をよぎるが、どうにかなるでしょ! と他のメンバーをほったらかして急ぎオーダー。なんとか軒下に陣取った。屋根からボタボタ落ちる雨水を脳天に受けながら熱々をすする。お尻に敷いたシートに雨水が溜まりびっしょりと冷たい。なかなか出来ない経験だな思いつつ、なんだか滑稽で笑える。具沢山でボリューミー。天ぷらはエビかなと思ったら大きなカボチャ。おなか一杯で体も温まり満足。

カフェタイムも写真タイムも断念し、食べ終われば、直ちに下山開始。濡れた登山道に気をつかう。上りと下りの目線の違いから登りでは気付かなかった景色が目に入り、逆に下りでまた撮りたかった青い蕾のリンドウは見落とした。樹林がきれいなので楽しめたが、やっぱり陽ざしが欲しかった。雨はいつの間にか止み、再び長〜い林道。おしゃべりで気にはならなかったが、1時間40分、さすがに最後は疲労こんぱい。100円の里芋を買って終了。

一日歩き通しでお疲れさま。トレーニング山行のようでしたね。面白かったです!


 

里山グループ 
標題 シダンゴ山
山域丹沢
日程2021年10月31日(日)
行程 新松田駅(タクシー)寄バス停 → シダンゴ山 → 宮地山 → 寄バス停(タクシー)新松田駅
参加7名
寄稿手塚

 「シダンゴ山」音の響きが不思議で何を意味するのかと調べてみると、飛鳥時代にこの地に仏教をもたらした仙人の名前から由来するとありました。飛鳥時代・・・気の遠くなる遥か昔の話の伝説です。
 天気予報では天気は下り坂で昼頃から雨の予報でした。皆、天気のことを心配しながらの新松田駅の集合となりました。時刻表の誤りから予定していたバスがありません。急遽タクシー2台で現地までとばすことになりましたが、おかげで快適で速やかにスタート地点に到着できました。
 アスファルトのかなりの急登を上り、茶畑を横目に過ぎると杉林の世界。薄曇りでシーンと静まった杉林の中は気が充満しています。私たちのグループ以外には誰もいない世界。独り占めです。山頂直前は山頂に向かって直線的に登りが続き、ひと頑張りの道でした。
11時に山頂に到着し、少し早いが天気が悪くなる前に昼食をとりましょうとお弁当をひろげました。結果としてそれがよかったです。昼食を終えたころに大粒の雨。急いで雨具を羽織り、後半をスタートしました。
宮地山までは小雨が降る樹林帯を歩きました。ここでも私たち以外はほとんど人に出会いません。雨のため足元に気を使いながら歩き、雨でなければもっと周囲を見渡す余裕がもっとあっただろうにと少々残念な気持ちがあります。
何とか無事に寄バス停に到着。バスを待つ一休みの間に何人もの人の靴にヒルがついているのを発見。取り除き、塩を振り必死に退治をしました。大きな被害はなかったようです。
 帰路のバスの車窓から眺める山々は霧に覆われてとても幻想的な風景でした。天気はその時々で魅惑的な景色を見せてくれました。


 

縦走グループ 
標題 晩秋の浅間山(前掛山)、玉原高原ブナ平 〜快晴の前掛山の360度眺望とブナ平の紅葉〜
山域群馬県
日程2021年10月29日(金)夜 〜 10月31日(日)
行程 (金)車2台 武蔵小杉(車)佐久平プラザ21(泊)
(土)高峰高原 〜 トーミの頭 〜 浅間山(前掛山) 〜 高峰高原(車)旭小屋(泊)
(日)旭小屋(車)玉原高原 〜 ブナ平 〜 玉原湿原 〜 センターハウス(車)武蔵小杉
歩行時間:(土)7時間00分  (日)2時間00分
参加8名
寄稿望月

浅間山第二外輪山
 深田久弥は著書【日本百名山】の中で「日本中部の山に登る人は、それがどこの山であろうと、そこから浅間山を見逃すことはないだろう。その孤立した大きな山容とまるで自己の標識のように煙をあげているので、すぐに見当てることができる。(中略)浅間ほどどこからでも見える山はない」と浅間山を評している。まさにその通りで、私も今まで数多くの山に登ってきたが、山頂に立っての眺望で浅間山ほど出場回数の多い山はない、と断言できる。そんなことから常々登りたいと思っていた山なのだ。又活火山の山なのでいつ噴火するか分からない。ならば噴火する前に、という気持ちもあった。
 玉原高原のブナ平は2018年の日経プラス1に“散策したい日本のブナ林10選”の情報記事があり、1位の白神山地に続いて堂々の2位を獲得したブナ林であることから昨年初めてこの時期に訪れた。その時の紅葉が素晴らしく、もう一度足を踏み入れたいとの思いから、今回リーダーにお願いして計画に入れてもらったのである。

 10月29日(金)19:00に武蔵小杉を2台の車で出発。22:20に日帰り温泉の佐久平プラザ21に到着。深夜の風呂に入って、翌日の山を楽しむというのも悪くはない。
 10月30日(土)am5:40に宿を出発し、浅間山の登山口、高峰高原に到着したのは6:30。700台の駐車場の8割がたが既に埋まっている。流石に百名山だけあって人気が高い。表登山口から霜柱を踏みつけながら、まずはトーミの頭を目指す。晩秋の空はあくまでも青く、既に八ヶ岳方面が雲海の中から顔を出している。8:30トーミの頭。たて皺の白い雪の線を20本ほど引いている浅間山と対面する。葛飾北斎の風景画を連想させるような構図である。ここから草すべりの急降下が始まる。湯の平口まで300mも下るのだが、岩場の多い道は緊張の連続で、しかも雪解けで泥道になっている。足は滑るし靴は泥だらけになるはで大変だった。湯の平口で小休止。天狗温泉から登ってくる登山者と合流するのだが、こちらからの登山者も多い。黒斑山、蛇骨岳、仙人岳、鋸山と続く第一外輪山の絶壁を眺めて過ごす。
前掛山山頂
 低木のカラマツの黄金色の紅葉を眺めながら前掛山登山口を通過。ここからは火山灰、火山礫の山登りになる。高校時の富士登山を思い出した。高度が上がるに連れて勾配は急になる。後をふりむくとヘルメットを被った登山ツアーの年配者が一列になって登ってくる。カマボコ型のシェルターを過ぎると第二外輪山が前掛山まで続いている。火山灰は黒色に変わり、所々顔を出す雪道を進んでいく。四囲の展望を味わいながら歩を進める。
 11:35前掛山山頂(Fさんにとっては75座目の百名山)。浅間山は活火山のため真の山頂には登ることが出来ず、前掛山が仮の山頂になっている。改めて360度の眺望をかみしめる。奥秩父の山々の間から顔を覗かせる富士山、八ヶ岳連峰と仙丈ケ岳、中央アルプス、御嶽山、乗鞍岳、槍穂高、立山連峰、後立山連峰、妙高山群、越後の山々等々。本当に心を躍らせる絶景だった。もし深田久弥の登った頃のように真の浅間山の山頂に立っていたら、谷川連峰、日光連山、武尊山、赤城山、榛名山まで見渡せたのは間違いなく、ちょっぴり悔しい気持ちになった。山頂には40分程滞在し下山開始。草すべりの登り返しには苦労したが、トーミの頭からは中コースを下り、15:40高峰高原の駐車場に戻った。
 そして今宵のお宿 旭小屋(武尊山の麓にあり縦走G御用達の避難小屋)へ車で直行し(途中沼田のスーパーで買い出し)、皆でお酒とキムチ鍋で楽しいひと時を過ごした。

ブナ平の紅葉
 10月31日(日)am9:50旭小屋を出発。玉原高原のセンターハウスには10:20到着。今日は昨日とは打って変わってのんびりとブナ平の紅葉巡りである。今回ここを初めて訪れる人は5名。ブナの黄色に囲まれながら、高低差の殆どない散策道を歩く。Aさんからの赤が欲しいな〜、の声に私も同調した。管理センターの人の話では今年の紅葉は例年に比べて色が悪く、綺麗な赤くならないとの話だった。ブナ平が終わると玉原湿原が現れる。湿原一周は30分。初夏になれば水芭蕉、トキソウ、キンコウカ、ヒオウギアヤメ等、沢山の高山植物が咲き乱れるそうだ。今の時期は草紅葉が目玉。見晴台でのんびりと珈琲を飲んで過ごした。
玉原湿原の草紅葉
駐車場に戻ったのは13:00。素晴らしい眺望と美しい紅葉に恵まれた2日間だった。

 *浅間山と玉原高原 未だ行ったことのない人は是非ともお薦めいたします。計画をして頂いたFさん、Wさんに改めて感謝。


 

ミニハイクグループ 
標題 茅ヶ岳からの秋の展望を楽しむ  〜サンサン、ゴゴのミニグループ山行〜
山域奥秩父
日程2021年10月23日(土)
参加11名
寄稿伊藤K

10月の秋晴れの朝、日差しも暖かく“三々五々”、老若男女11名が韮崎駅に「久しぶりですね」、の挨拶と共に元気な笑顔で集合した。前日の大雨の後で、空気は爽やかで澄んでいて、駅前からの雪をまとった富士山の雄姿が大きい。今年の初冠雪の便りは早かったが、すぐに雪は消えて、また雪をまとってはすぐに消えてしまい、地球温暖化の影響かな、とグレタさんの活動も思い、心配をしながらも、やっぱり雪があっての富士山、じっくりと、しばし見惚れる。ところどころに雪が解けているような跡がみえて、本格的な雪化粧には今ひとつだな、と思いながら、バスの時間になり、深田記念公園行きのバスに乗り込む。

サブリーダーのリードよろしく、荒れた林道を、かしましく!かしましく!この夏の山行の話題やKHCの情報交換などなど歩行の前後、左右?から弾んだ声が行き交う中、深田久弥の終焉の地を経由して、登山口から予定より早く、12時のお昼前に、大勢の登山客に賑わう頂上(1704m)に到着した。甲斐駒ガ岳、仙丈岳、さらに北岳、間ノ岳は白く頭を出していた南アルプス、鳳凰三山、八ヶ岳の全容、金峰山、瑞牆山の奥秩父まで、360度の展望を楽しみながらのお昼タイム。

個人的には、今はすっかり雪化粧した、この夏、7月に登頂した北岳の姿を、鳳凰三山をはさんで、反対の方角から眺めることができ、しばしの感慨にふけりました。風が少し出てきて、寒くなってきたので、惜しみながらのザックの準備をして、下山にかかる。登りの岩場交じりの急登とは異なり、「緑の紅葉」を眺めながら、足元の花々にしばしの写真タイムをとりながら、タクシーの予約も30分早めて、無事に全員が元気に下山出来ました。
 「花は愛惜にちり、草は棄嫌におふるのみなり」
 (花は惜しまれつつ散り、草は嫌われつつ生い茂る)

KHC内の他のグループに参加させてもらうのは、少しの緊張感と新鮮な感じがありますね。そして、ミニグループの気配り、チームワークの良さには、いつもながら心地良く、コロナ禍でのストレスを解消する、リラックスの出来た楽しい山行でした。リーダーのSさん、企画・準備を有難うございました。


 

平日グループ 
標題 三浦富士から武山へ
山域三浦半島
日程2021年10月19日(火)
行程 京急長沢駅09:00 〜 三浦富士 〜 武山(昼食) 〜 15:00津久井浜駅
参加11名
寄稿佐藤R

 7月例会山行のリベンジでした。
 個人的には、8年ぶり2度目の三浦富士。KHC入会前に歩いたことがあります。そのときのコースをたどりました。京急沿線は私には便利なので、私がリーダーのときは京急沿線を選ぶようにしています(リーダーの特権!)。雨が心配でしたが、9時すぎから上がる予報でしたので実施しました(2名キャンセル)。
 京急長沢駅から歩き始めたときは小雨でした。途中、平和の母子像に寄ります。米軍機が横浜市内に墜落し、母親と子ども2人が亡くなった事故の供養像です。なぜこの地に、なのかは分かりません。いろんな経緯があり、この地に落ち着いたのだろうと想像するしかありません。子どもの1人は「ぽっぽっぽ、鳩ぽっぽ」と口ずさみながら亡くなったとか。痛ましい、不幸な出来事です(パイロットは緊急脱出したとのこと)。
 林のなかを歩いているときに雨は上がり、三浦富士(183m)に着いたときには止んでいました。天気予報は当たりました。天気が良ければ本物の富士山が見えるはずですが、厚い雲で遠望は効きませんでした。三浦富士は通称で正規名称はズバリ「富士山(ふじやま)」。山頂には祠があり、富士山信仰の地だったことを示していました(写真・かつては山開きも行われていたとか)。
 次は砲台山(204m)。なんとこれが正式名称というのは驚きです。太平洋戦争末期、首都圏に向かうB29を打ち落とすために高射砲がこの地に据え付けられた、その跡地です。だから砲台山。現在に残されている戦争遺跡のひとつです。今は円形に掘られたコンクリートの穴(直径15mくらい?)を残すのみ。戦争の愚かさを伝えていました。
 武山(200m)には昼前に着きました。休憩所がありここで昼食。屋上は展望台になっており、横浜のランドマークタワーを確認することができました。休憩しているのは私たちのみ。平日でこの天気ですからある意味当然。私たちこそ物好き集団? たぶんそう見られているかも。
 久しぶりの2万歩でした。


 

☆☆☆マコちゃんの登書館便り(27) 〜田中陽希のグレートトラバース3部作まとめて紹介〜
寄稿望月

@「日本百名山ひと筆書き」  【NHK出版 1700円+税 初出:2015年】
A「日本二百名座ひと筆書き」 【NHK出版 1700円+税 初出:2016年】
B「それでも僕は歩き続ける」 【平凡社   1400円+税 初出:2021年】

 マコちゃんの登書館便り(27)は田中陽希のグレートトラバース3本立てである。と書くと場末の映画館みたいだが、私は田中陽希の隠れファンなのだ。その証拠に人生で二度も田中陽希に会っている。一度目は登山帰りの小田急江ノ島線の車内。日本百名山のTV放映が終了した頃でワイシャツ姿の彼に声を掛けたのだ。彼は礼儀正しく「どちらの山に行かれたのですか?」と敬語で返してきたので、高尾山の帰りとは言えず「中央線沿線の山にちょっと」と答えたのを憶えている。二度目は今夏の大雪山黒岳の登り。りんどう8月号の表紙写真と感想文にその時のことを詳細に記しているので、そちらを参照して欲しいが、やはり礼儀正しく「山頂まで雪がかなり残っているので足を滑らせないように気をつけてください」といった後、嫌な顔もせず一緒にカメラに収まってくれたのが印象的だった。が「頑張れ!陽希」と叫ぶ若い女性達にニッコリ手を振る彼の姿は登山界のアイドル、登山界のスターとしての田中陽希そのものだった。

 今回の三部作は@のTV放映が2014〜2015、Aが2015〜2016で放映後に日記という形で一座毎に登頂の経過と感想を素直な文章で語ったものだ。Bは現在放映中(「グレートトラバースB日本三百名山全山人力踏破」で11月27日(土)第35週「大雪山系から利尻岳へ」で最終回を迎える)で今年4月17日に鳥海山登頂後、コロナ禍の緊急事態宣言が発令されたことから山形県酒田市の空き家暮らしを余儀なくされ、100名山、200名山、300名山と登り続けている内に(30歳から38歳)彼の中で芽生えた疑問と苦悩を克明に綴っている。3作を通して共通しているのは、TVという虚構の中で田中陽希という虚像が作られていくという現実に対する苦悩だ。彼が有名になればなるほど山頂で待つファンの数は膨大になっていき、いつもニコニコと接していられる内はいいのだが、たまたま彼の体調が悪く、不機嫌な対応を一度でもしようものならSNSで拡散されてしまうという現実に対する憤りである。が、8年間で約3万km(地球1周の3/4)もの距離を一切の動力を使わずに、彼の足だけで歩き通した彼だからこそ到達できた人間としての高みといったものがB「それでも僕は歩き続ける」の中に充満していた。本書の前半は幼少期の富良野の生活と両親、クロカンスキーへの取り組み、アドベンチャーレースとの出会い、そして300名山人力踏破挑戦の現在と彼の半生の紹介の後、100名山を始めた頃から彼の中で何が変わったのかが克明に語られている。あとがきの中の彼の言葉がそのままその答えになっているのでそれを記す。

 「日本の南から北まで歩く中で、実に様々な景色、驚くような変化に遭遇し、その度に考えさせられた。地球温暖化への対策、食品ロスの減少、ゴミ(資源、リサイクル)問題や海洋汚染問題など豊かな自然がこれ以上失われないようにするための課題は山積みしている。美しい自然を守るために僕ら人間はこれから何をしていくべきなのかなと思うのです。」

 田中陽希は最初の印象通り実に真面目な男だった。


 

アラカン☆ハイキング(No.94)
寄稿



 

中ハイクグループ 
標題 扇山(10月例会山行)
山域中央線沿線
日程2021年10月3日(日)
行程 鳥沢 → 梨の木平 → 扇山 → ピストンで下山
参加9名
寄稿小柳A

鳥沢駅に9人集合、久々の山行にウキウキした表情も。台風の後での登山道を気にしながら暫く車道歩き。気温が高めで汗をかくが吹く風が心地よい。
途中、何台もの軽トラが追い越していき、梨の木平の登山道入り口付近の草刈りをされてます。体温調整、水分補給、トイレを済ませ「さぁ、ここから登り」と気を引き締めてゆっくり歩きはじめる。
扇山は扇の形をしてると(なるほど!)左側に百蔵山、等々話しながら水場にたどりつき、ホッと一休み。流れる冷たい水で顔を洗う人、手を洗う人、口に含む人、生き返ったように笑顔になる。
さらに急坂をジグザグに登る。息が切れる!大久保の分岐で頂上へ、あと一息。

何組かの先着ハイカーが休んでます。さっそく昼食タイム。木々に囲まれ展望はないが、間からうっすらと富士山の姿も見られた。食べることに集中し、45分ほどで下山。
下山予定のコースは台風の影響で滑りやすくリーダーの判断でピストンとなる。
女性のおしゃべりは途切れるとこがなく、久々に山登りの楽しさを実感しました。


 

個人山行 
標題 妙高山  〜新潟の百名山と紅葉を楽しむ〜
山域新潟
日程2021年10月2日(土) 〜 10月3日(日)
行程 1日目 妙高高原駅前 (バス) 笹ヶ峰 笹ヶ峰登山口1300m〜黒沢〜富士見平〜
    高谷池ヒュッテ〜天狗の庭〜高谷池ヒュッテ〜黒沢池ヒュッテ(泊) 2日目 黒沢池ヒュッテ〜妙高山2445m〜天狗堂〜燕温泉 (タクシー) 妙高高原
参加3名
寄稿大鹿

台風が直撃しそうということでだいぶやきもきさせられたが、何とか1泊で出発できることになり、感謝しつつ、始発の新幹線で出発。そもそも山行でこんなに遠くは初めて、おまけに山小屋泊は初めての私に、経験豊かな晴れ女のAさんと、リーダーのBさんはとても頼もしい。
前日の大雨の影響で足元はとてもぬかるんでいたが、十二曲がりを抜け、富士見平からの紅葉が素晴らしい。リニューアルされた高谷池ヒュッテを過ぎると、池塘が広がっている。
2000mを超えたところに、平原が広がっている不思議。そこを紅葉が彩っているおとぎ話の絵本のような世界だ。木道を進み天狗の庭まで行き火打山を眺めつつ、高谷池まで戻ろうとしたところ急に小雨に会い、ヒュッテに荷物をデポしたときに雨具を持たなかったのを後悔。ほんの15分だが雨具は必携だと学習。黒沢池ヒュッテまでの道でまた降られる。本降りになってしまったので、小屋のありがたさを実感。
感染対策のため小屋では、布団を詰めて使わず、食事も時間で分けていたので心配なく過ごせた。食事がやや冷めていて、テンション少し下がる。

翌日は6時前に妙高山へ。振り返ると山が赤く染まっている。台風が過ぎた後の快晴に恵まれ、頂上は360度の眺望だ。近くにいた知らない方に山の名前を聞く。この辺はおばちゃんなので平気。朝日岳、白馬連峰などの北アルプス。遠くには富士山もうっすら。野尻湖も。雲海も広がっている。本当に来られてよかった。この世にこんなに美しいものが他にあるだろうか?
下りの燕温泉までは鎖場もあり緊張したが、楽しく歩くことが出来た。先頭を行くいつでも冷静なAさん、後ろを行くリーダーBさんは地図読みも時間管理も素晴らしい。この山行の企画者であるCさんの山岳ガイド並みのサポートもあって、安心して楽しい女子山旅になりました。


 

軽ハイクグループ 
標題 鷹取山
山域逗子・葉山
日程2021年10月2日(土)
行程 神武寺駅 − 裏山道 − 神武寺 − 展望台 − 鷹取山公園 − 京急追浜駅
参加6名
寄稿山崎

台風一過の青空、夏を思わせるような日差しを浴びて神武寺駅から歩き始めた。
逗子中学校を左に見ながら少しずつ山道に入る。山道の左側の細い坂道は沢のように水が流れている。滑らないように注意して歩き、神武寺を目指す。
神武寺には「なんじゃもんじゃの木」がある。ポルトガルから植樹されたと伝えられており、神奈川名木百選の一つに選ばれているとのことだ。神秘的な感じのする木だ。
本堂裏を通り、登ったところで見晴らしの良いところに出た。明るい青い海の向こうに房総半島も見えた。さらに進んで鎖のついている岩場を登る。愛川さんは以前ここで滑落した人を救助している光景を見たとのこと。低山といえども油断は禁物。
岩場を超えた後、鷹取山公園に出て展望台に上った。晴天に恵まれ、東西南北360度のすばらしい眺望。青い海、緑の樹木、家々の青やグレーの屋根。しばらくは立ち止まって、風に吹かれながら景色に見とれた。
鷹取山の岩場はロッククライミングで有名だが今は一般の人は禁止されている。
公園の中の休憩所を私たちが独占して昼食。
帰途の途中、岩場に彫られた磨崖仏を見た。水やお花が供えてあった。近くに住む人によるのだろうか。
その後は山道から住宅街に出て駅に向かった。
山道にはどんぐりが沢山落ちていた。夏日ではあったが、秋を感じさせる風のなか、心地の良いハイキングであった。