川崎ハイキングクラブ
TOP 山行案内 山行一覧 山行記 写真集
会の紹介・規約 連絡先 年間行事 イベント リンク


山行記
 
 
2014年 2015年 2016年 2017年 1〜6月



2017年 6月〜
日程標題山域形態寄稿
2017/07/31浅間山上信個人山行佐藤R
2017/07/16-20燕岳から上高地北アルプス個人山行佐藤R
2017/07アラカン☆ハイキング(No.46)
2017/07/09二子山〜武川岳奥武蔵中ハイクGr杉江
2017/07/09払沢の滝奥多摩里山Gr尾池
2017/06/29-07/03十勝連峰縦走記(美瑛富士〜十勝岳)北海道個人山行望月
2017/06/24三頭山・オツネノ泣坂奥多摩四季Gr川村


 

個人山行
標題浅間山  〜初浅間は雲のなか〜
山域上信
日程2017年7月31日(月)
参加1名
寄稿佐藤R

 7月31日、浅間山に登ってきました。30日は小諸市までの車移動。31日は登山後、麓の天狗温泉に宿泊。1日は知人のお土産分も含め産直野菜を購入し、帰宅。初浅間山登山!と張り切っていたにもかかわらず、前掛山にも入れず浅間山も雲のなか。期待外れの結果となってしまいましたが、ともあれ、初浅間登頂と記録することにしました。日本百名山52座目でした。

 31日。小諸市内のホテルを出て、登山口のひとつ車坂峠に着いたのは9時前。駐車場にはすでに10数台の車。登山開始直前にはバスで高校生らしき一団もゾロゾロ。登山口には「現在、浅間山は火山活動が活発なため、火口から2km以内立入禁止となっています」の案内板。噴火警戒レベルは「2」でした。ヘルメットを用意しての登山でした。

シェルター
 準備をすませ9時15分登山開始。初めは低木樹林帯のゆるやかな登り。カラマツが目立ちます。いったん下ると、ここからは登り一本槍。林のなかと開けたガレ場を交互に繰り返しながら、やがて階段状の道になります。ひとしきり登ると避難用シェルターが現われます。10時25分。ここで小休止。子ども連れの4人家族が休憩していました。

 5分で開けた場所に出ます。槍ヶ鞘(やりがさや)。視界がトーミの頭を捕らえます。

 やや下り、登りつめたところがトーミの頭。10時40分。ここまで85分。コースタイムは100分となっていました。しかし雲のなか。晴れていれば正面に浅間山が見られるのだろうが、と思うのみでした。

 次に「草すべり」を下り湯の平口分岐に向かいます。下り始めてから途中までは、崖を降りるような感覚の急な下りが続きます。笹は刈り取られており道に戸惑うことはありませんが、初心者向きではないと感じました。グループで行く場合は、時間に余裕をもつ必要があるだろうとも思いました。この間に出会ったのは一人のみでした。

 湯の平口分岐に着いたのは11時20分。コースタイム通りでしたが、30分は厳しいと感じました。硫化水素のにおいを若干感じました。ここを下ると今夜の宿泊地であり、もうひとつの登山口天狗温泉にたどり着きます。

賽の河原
 次に向かうのは、前掛山登山口である賽の河原分岐。途中、ご夫婦と交差しました。トーミの頭から稜線をめぐり「草すべり」を登るとのこと。私とは逆コースでした。

 賽の河原分岐着は11時35分。厳重にロープが張られており「これより先立入禁止」。この地は火口から1.5kmとありました。稜線をめぐりに向かうことにしました。家族づれやハイキングの人たちはトーミの頭ないしは黒斑山(くろふやま)止まりで、前掛山をめざす人以外はここまで足を延ばさないように感じられました。下山後、地元の人が、有毒ガスが発生していると話していました。

浅間山近景
 林を抜け、開けた更地を歩き(ここでかろうじて浅間山を拝むことができました)、急な登りをつめて鋸岳と仙人岳の鞍部に着いたのは12時10分。ここで昼食。といってもコンビニおにぎりを食した程度で、すぐに歩き出しました。

 仙人岳(2319m)を12時40分に、蛇骨岳(じゃこつだけ・2366m)を12時55分に通過し黒斑山(2404m)着は1時25分。男性4人が休んでいました。やはり皆さん、せいぜいここまでのようです。ここで最後の小休止。歩き出してすぐのところに巨大スピーカーが設置されていました。緊急時の避難放送がされるのでしょうが、あまりの大きさには驚かされました。

 トーミの頭には1時40分。これで1周したことになります。あとは来た道を戻るのみ。途中「中コース」と呼ばれる帰路もありましたが、勝手知ったる「表コース」を戻ることにしました。

 車坂峠に戻ってきたのは2時50分。5時間35分の行動でした。車に戻り留守宅への下山報告メール。登山靴を脱いだら右靴下の親指のところに穴が開いていました。どれくらい歩いてくれただろうかと思ってしまいました。お疲れ様でした。

 休憩後、宿である天狗温泉浅間山荘に向かいました。鉄分が多いとのこと。赤褐色の湯が印象的な宿でした。


 

個人山行
標題燕岳から上高地  〜前期高齢者予備軍 北アルプスを行く〜
山域北アルプス
日程2017年7月16日(日) 〜 7月20日(木)
参加1名
寄稿佐藤R

 燕岳から烏帽子岳〜槍ヶ岳に至る裏銀座の山並みを満喫し、常念岳では槍ヶ岳〜穂高岳の迫力ある全貌にひたる。 梅雨明けを挟んだ7月16日〜20日、前期高齢者予備軍のお一人様が北アルプスの稜線歩きを堪能しました。

 7月16日。この日は燕岳登山口の中房温泉に移動するのみ。 初日のうちに燕山荘まで行けないかといろいろ模索しましたが、どうも無理そうなので、この日は移動日にあてることにしました。 温泉では登山者向けの大部屋に5人。半露天の温泉に浸かり、ゆったり過ごしました。

 7月17日。まずは内湯で朝風呂。 朝食を摂り、準備をすませ、登山届けを提出して7時20分登山開始。 8時に第1ベンチ、8時30分に第2ベンチ、9時10分に第3ベンチ、9時50分に富士見ベンチとそれぞれを通過し、合戦小屋着は10時30分。順調な足取りといえます。 3連休最終日のためか、下ってくる人の多いこと多いこと。燕山荘に泊まった人たちでしょう。
このコースは1997年9月以来20年ぶり。 合戦尾根は北アルプス三大急登のひとつとされますが、20年前の記憶には、それほどの苦労感はありません。 しかし今回は急登を実感させられました。40代と60代の差は如何ともし難い。

 合戦小屋はスイカが名物。私は食しませんでしたが、グループは小分けして食べていました。もちろん一人で平らげた人も。

燕岳山頂
 
燕岳
 
槍ヶ岳
 20分休憩し10時50分に出発。 ここからはゆるやかな登りになります。小さな女の子から「頑張って下さい」と励まされ、「はい、頑張ります」。 お爺さんに映ったのでしょうか。来年で前期高齢者となりますから、年齢に抵抗はできません。 途中、正面に大天井岳と大天荘が、その右隣りに槍ヶ岳が望めました。

 燕山荘には11時50分到着。4時間30分の行程でした。 20年前の記録も4時間30分でしたから、年の割には頑張ったといえます。 20年前は夜行電車で穂高駅に着きタクシーで中房温泉に入り、6時前に歩き出し、その日のうちに大天荘まで行きました。 今回は、アンケートで「泊まりたい山小屋」「泊まってよかった山小屋」ともに1位の、あこがれの燕山荘宿泊が目的のひとつなのでここまで。
昼食後、燕岳を往復しました。コマクサが可憐でした。 燕岳往復後は裏銀座の山並みをツマミに、生ビールを味わいました。 ちなみに20年前は、<中房温泉〜燕岳〜大天井岳(泊)〜槍ヶ岳(泊)〜双六岳〜三俣蓮華岳〜三俣山荘(泊)〜双六小屋〜鏡平山荘〜新穂高温泉>を4日かけて歩きました。44歳のときでした。

 燕山荘の宿泊は3畳6人のユニット構造になっています。 私の場合はこのユニットを2人で利用しましたので、ゆったりと過ごすことができました。
7月22日放映のNHKBS2『にっぽんトレッキング100スペシャル▽生中継・夏の北アルプス山小屋大縦断』では燕山荘は600人くらいの宿泊者ということでした。 ほぼ満室だったものと思われます。だから夕食も5交代。私のときは2交代でした。
夕食は照り焼きチキンと鯖の味噌煮。テレビと同じでした。 夕食後の7時からは山小屋主人のホルン演奏がありましたが、私は疲れて、布団で横になっていました。

 7月18日。夜中に目を覚ますと雨音。 事前の天気予報では傘マークがなかったので、朝になれば大丈夫だろうと思い、また眠りにつきました。

 朝4時に起きると窓の向こうはぶ厚い霧。風も強いようです。夜中の雨で水溜りができていました。 朝食は5時。風があるので長袖を1枚着込み、雨着で整えます。帽子がわりも兼ねてヘルメットも着用。ザックもカバーで覆い、万全の体勢で5時50分に小屋を出ました。 多少不安感がありましたが、以前歩いたことがあるので、とりあえず大天荘に向かうことにしました。前後に人影は見当たりません。

 蛙岩(げえろいわ)に近づくと雨着の一団が固まっていました。「おはようございます」と声をかけても反応なし。再度、少し大きな声で「おはようございます」。今度は「おはようございます」の返答とともに、「この道でよろしいでしょうか。私たち初めてなもので、人にも会わないので」と不安げに問いかけてきました。「どこまで行かれるのですか」「大天上岳です」「泊まりは」「常念小屋です」「では私と同じコースです。この道は踏み跡がしっかりしているので、まず迷うことは考えられません」とやり取りをすると安心した様子でした。 先に歩き出し、ときどき振り返ると声が聞えてくるので心配はなさそうでした。このグループとは大天荘と常念小屋で再会しました。

 1時間歩いて大下りノ頭に着きます。ここから大天上岳の分岐までの間に、数グループとすれ違いました。 大天荘か大天上ヒュッテに泊まった人たちでしょう。

大天井岳
 分岐から大天荘までは急な登りになります。小屋には寄らずに、まずは大天上岳に向かいます。 9時15分、大天上岳山頂到着。燕山荘から3時間25分でした。 山頂には標識と小さな祠。三角点はむき出しの状態で岩に立てかけられていました(NHK番組ではきちんと立てられていました)。数枚写真を撮り早々に小屋に向かいます。

 ザックを外に置き、中で休ませてもらいました。ストーブが焚かれ、お茶も用意されていました。40分間、ゆっくりと休ませてもらいました。そのうち先ほどのグループが到着。10時30分から昼食が摂れるということで、そこで食事にするとのことでした。 私は10時10分に小屋を出て、常念小屋に向かいました。 休憩代はいただいておりませんとのことでしたので、外の水代を入れるボトルに300円入れてきました。

 大天荘から常念小屋までゆったりとしたアップダウンが続きます。 30分ほど歩いたあたりから霧が晴れてきましたが谷からの強風は相変わらず。適当な所で昼食をと考えていた目論見は外れてしまいました。 最後の急な道を下ると、常念小屋に着きます。小屋到着は12時40分。約6時間の歩行でした。 小屋の外でカップラーメンの昼食を摂り、その後小屋に入りました。指定されたのは6畳・定員12名の部屋。ここでも、3名でゆったりとすることができました。

 小屋に入るのと入れ替えに、中学生の一団が出てきました。その数100名ほど。常念岳に登っていきました。 長野県は伝統的に学校登山が盛んな地で、これもそれなのでしょう。 『聖職の碑』はその悲劇を題材にしたものですが、悲劇があっても止めずに続けているところはエライ。今だったら、「そんな危ないことは止めましょう」という、安易で簡単で非教育的な結論になるかもしれません。 さて、この子たちが山の魅力を知ることになるのか、それとも二度と山なんかに来るもんかとなるのか。聞いてみたいところでした。

 夕食まで談話室や部屋で過ごしました。

 7月19日。同室のお一方は常念岳山頂で日の出を迎えるとのことで、3時に出ていきました。 私は朝食前、小屋の前で御来光を迎えました。子どもたちも大勢外に出ていました。 低い雲の合間から日が昇ります。右手上方には下弦の三日月が。太陽と月、両方が視界に収まりました。

常念岳
 小屋を5時55分に出ます。まずは常念岳をめざし、急登をジクザグに進みます。 三俣への分岐をすぎると山頂は目の前。ゴツゴツした岩の塊が山頂です。 山頂は狭く、交代で記念写真に納まります。昨日と一転し、槍から穂高の連なりが全貌をさらけ出してくれます。 この日が梅雨明けでした。

 槍沢や涸沢には雪がびっしりと張り付いています。小屋で、雨が少ないので雪解けが遅いと耳にしました。 上高地に向かう道で「槍ヶ岳に行って来れたのですか」と声をかけてきた若い女性(この方もお一人様)は、当初、表銀座コースで槍ヶ岳を計画し問い合わせたところ、雪が多いのでアイゼンがないと無理といわれ槍ヶ岳は断念。 手前の水俣乗越から槍沢に下ってきた、とのことでした。

 写真を撮ったら早々に下山に移りました。 山頂直下でビールを飲んでいた人がいました。しかもわざわざ、缶からジョッキに移して。私にも若い頃はそんな場面もあったと思い出しました。いまそんなことをしたら、歩けなくなってしまいます。

2592ピーク
 蝶ヶ岳への下りは一転し、大きな岩の間をすり抜けるように進みます。赤丸の目印にそって慎重に足を運びました。 鞍部まで下ると女性が二人。二人のグループかと思いきや、それぞれがお一人様登山。 今回歩いて驚いたことのひとつは、女性のお一人様登山が増えたことでした。 若い人からそれなりの方まで。あくまでも個人の感想ですが、私にはそのように感じられました。 お二人とは前後しながら、蝶槍まで歩くことになりました。

 鞍部からちょっとしたピークを越え、下ると次は樹林帯の登りとなります。 樹林帯を抜けたところが2592ピーク。ここで9時40分。常念岳から2時間10分でした。 眼前には蝶槍がそびえています。いったん大きく下ってまたあの傾斜を登るのかと思うと、気力が萎えてしまうような気持ちにさせられます。 地図で見ると130m下って200m登るようです。

蝶槍
 
蝶ヶ岳三角点(旧山頂)
 ニッコウキスゲが咲いている道に、気合を入れて足を踏み出します。 下りきったところはちょっとした湿地になっていました。1時間ほどかけて、はじめは樹林帯を、次にハイマツ帯を通り抜けると特徴的な蝶槍に着きます。ちょうど11時。常念小屋からここまで5時間でした。 蝶槍の近くに三角点(2664.5m)があり、ここがかつての蝶ヶ岳山頂。現在は蝶ヶ岳ヒュッテの近くが最高点(2677m)となっています。

 横尾に下る分岐で女性は別れます。お一人は蝶ヶ岳ヒュッテを経て徳沢に、もうお一人は横尾に。 私は横尾山荘に宿泊する予定ですので、一緒に下山することにしました。 その女性がいうには、上高地発最終バスが午後4時15分なのでそれに間に合わせたいとのこと。 コースタイムは横尾まで2時間10分、横尾から上高地まで3時間。これは相当厳しい。と思いながらも、とりあえず、私が先行する形で横尾まで下山することにしました。

 私が横尾に着いたのは午後1時40分。まずは山荘でバス時刻を調べると、最終は6時台。この季節最終バスが4時というのは早すぎるのでは、との疑念はこれで解けました。 女性が下りてきたのは2時。さっそくバス時刻を教え、5時台のバスに乗れそうだと伝えると、その足で上高地に向けて歩いていきました。 5時台のバスに乗ったとしたら松本発の電車は7時。自宅に着くのは、10時は過ぎるだろうと思いました。 私もこの日のうちに帰宅しようと思えばできないことはありませんでしたが、せっかくなので、予定通り横尾に泊まりゆったりすることにしました。 ささやかな贅沢。 結果的には、女性の計画にはもともと無理があったように思われます。休みをできるだけ有効活用したいとの気持ちはよくわかります。現役時代は、私もそうでした。

 横尾山荘であてがわれた部屋は、スペースを挟んで、両側に二段ベットがそれぞれ二列の計8人用。カーテンを閉じれば個室気分です。 風呂はセッケン・シャンプーの類は使用できないものの、湯に浸かり、汗とほこりを流したあとは、やはり気持ちがよい。 食事まで表でビールを飲みながらだらだらと夕涼み。夕食では久しぶりに冷酒をたしなみました。

 7月20日。4時すぎに目覚め。朝食は5時半。

 6時20分、上高地に向けて歩き出します。何度も歩いた慣れた道。7時15分に徳沢を通過。徳沢を過ぎた頃から登山に向かう人が増えてきました。早朝、深夜の直行バスで着いた人たちでしょうか。みなさん足取りが軽い。

 明神8時5分着。ここで偶然、昨日横尾分岐で別れた女性に再会しました。やはりもう一人の女性のことが気になっていたようで、私に尋ねてきました。状況を説明すると安心した様子でした。この方は八王子市にお住まいとのこと。松本まで同道しました。

 上高地には9時に着きました。河童橋には、おそろいのジャージを着た大勢の子どもたち。林間学校でしょうか。上高地周辺を散策する様子でした。

 新島々行きバスは9時30分。新島々で電車に乗り換え、松本発12時の特急あずさで立川へ。南武線に乗り換え、自宅に着いたのは午後4時前でした。 15日に65kgだった体重は帰宅したら67.3kgに増えていました。山小屋でしっかり食した成果(?)のようです。


 

アラカン☆ハイキング(No.46)
寄稿


 

中ハイクグループ
標題二子山〜武川岳  〜夏山縦走トレーニング〜
山域奥武蔵
日程2017年7月9日(日)
行程 芦ヶ久保駅 → 二子山 → 焼山 → 武川岳 → 天狗岩 → 名郷バス停
参加16名
寄稿杉江

九州地方は記録的な大雨被害に見舞われているが、関東地方では、梅雨のさなかにも関わらず、連日30度を超す真夏日が続いている。今日の山行は暑さとの闘いかな?

芦ヶ久保の駅からスタートし、鉄道の下をくぐるトンネルを抜けると、すぐに緑に覆われた登山道に入った。少し歩くと沢沿いに道が続く。沢の水が流れる場所で最初の休憩。男性陣は、頭や顔の汗を洗い流しサッパリ!

ここから徐々に傾斜がきつくなる。鞍部に出るとさわやかな風が、左側から吹いて来て気持ち良い。ここで二度目の休憩。ここから二子山の雌山までは、アキレス腱伸ばしの滑りやすい急傾斜の道が続き、ロープにつかまりながら必死に攀じ登る。

二子山の雄岳を過ぎ一時間余りで焼山に到着し、昼食を取る。川崎ハイキングクラブ入会前のお試し山行で、初めて連れてきていただいた武甲山が間近に見える。石灰岩の採掘でえぐられた跡が痛ましい。

焼山から二時間余りで、残る最後のピーク武川岳に到着。記念撮影。大学の山岳部のグループであろうか、運んで来た20L入りのポリタンクの水を捨てている。あちらも夏山に向けての訓練登山かな?

アッブダウンに次ぐアップダウンと、更に加えての急傾斜で、本当に良い筋肉作りの場となった。梅雨が明ければ、いよいよ待ちに待った夏山シーズン到来。皆さん今日の山行で、それぞれ己の体力を確認することが出来、武者震い??
私は、購入したばかりの高度計付腕時計の操作をマスターするという課題をクリアしなければ。。。。


 

里山ウオッチンググループ
標題払沢の滝
山域奥多摩
日程2017年7月9日(日)
行程 武蔵五日市駅 ⇒ 上川乗 ⇒ 浅間嶺 ⇒ 峠の茶屋 ⇒ 払沢の滝入口 ⇒ 
払沢の滝 ⇒ 武蔵五日市駅
参加11名
寄稿尾池

ギューギューの満員電車を降り会社までの道のり、空を見上げると高層ビルの隙間から少しだけ空が見える。そんな時、大きな鳥かごの中かにいるみたいだなぁーと思う。
7月9日(日)払沢の滝の山行に参加しました。奥多摩の空は青く、何処までも広がっている。暑いけど、森林の中を歩いていると時より爽やかな風が通って行く。
「ハッカは虫除けにもなるし、清涼感もあるのよ!」「水ばかりではなく味のついた飲み物も持って来るといいのよ!」山を始めたばかりの私に皆さんが、親切に教えてくださる。
ちょうどお腹もすいた頃にお昼タイム!雄大な景色を見ながら皆で食べるお昼は、どんなお洒落なお店のランチより何十倍も美味しい。食後には、コーヒーまで入れて頂き、大満足。
お腹も満たされた頃に払沢の滝を目指して出発。緩やかな道のりの途中では、木漏れ日が綺麗だったり、ギンバイ草が可愛く咲いていたり、蛍を発見したりとワクワク続き。滝の近くは、冷たい空気が気持ちよく、マイナスイオンで日焼けしたお肌もウルウルに。バス停前のお豆腐店で豆乳を飲み無事にバスに乗車。
心地よい疲れでバスの中は爆睡でした。


 

個人山行     
標題十勝連峰縦走記(美瑛富士〜十勝岳)  〜高山植物の美しさに圧倒されました〜
山域北海道
日程2017年6月29日(木) 〜 7月3日(月)
行程 1日目: 羽田空港 → 新千歳空港 → 占冠IC → JR美馬牛駅(泊)
2日目: → 望岳台 → 雲ノ平 → 美瑛富士 → 美瑛富士避難小屋(泊)
3日目: → 美瑛岳 → 鋸岳 → 十勝岳 → 上ホロカメットク避難小屋(泊)
4日目: → 上富良野岳 → D尾根 → 十勝岳温泉 → 富良野美瑛観光(テント泊)
5日目: → 支笏湖観光 → 新千歳空港(サッポロビール工場) → 羽田空港
歩行時間 2日目=6時間40分、3日目=5時間56分、4日目=3時間04分
参加8名
寄稿望月

頭の中では「北の国から」のテーマ音楽が鳴っていた。雲ノ平のお花畑(エゾツガサクラ、エゾコザクラ、イワウメ、チングルマ等)を過ぎ、強風の美瑛富士の山頂に立つと、オプタシケ山の向こうに3年前に縦走した大雪山の旭岳からトムラウシ山までの広大な稜線が迫ってくる。そしてこれから歩く十勝連峰の稜線も。まさに絶景だった。 今夏で4年連続となる北海道の百名山巡りだが、今年も私の心の中に鮮烈な印象を残してくれたようだ。

いざ出発。望岳台にて
 
十勝岳山頂にて
羽田⇔新千歳間のスカイマーク往復料金19580円。レンタカー1台5日間の料金9200円。しかも5日間の宿泊代は0円という超チープな北海道の山旅を今年も実施した(一人当たりの旅行費用は4万円を切った)。 初日はJR美馬牛駅で仮眠(朝、散歩をしたがそこは美瑛の丘だった)。
2日目は十勝岳の主要登山口となる望岳台に車を停めていざ出陣である。私のザックの重量は20Kgを軽く超えている。 美瑛富士の山頂で絶景を満喫した後は美瑛富士避難小屋に泊まる。夕食は豚シャブで今時こんなに優雅な山行をしているグループはいない。
3日目は曇り。辺りはすっかりガスに包まれている。美瑛岳に登り、荒涼とした火山灰の道を鋸山、平が岳と歩き十勝岳の山頂へ。何も見えない。が、私にとっては47座目の百名山登頂だった。雨の上ホロカメットク避難小屋に泊まる(百名山ツアーガイドの動きの良さに舌を巻いた)。
4日目は上ホロカメットク山、富良野岳を縦走する予定であったが、悪天の為諦めトラバースして上富良野岳へ。山頂直下のキバナシャクナゲの群落(丈が小さいので高山植物そのものだった)に圧倒された。 D尾根を下り、安政火口を過ぎて9:00には下山口の十勝岳温泉へ。カミホロ荘に即入浴。アカを落とした。 青い池、美瑛の丘巡りといった観光後、富良野の山部公園太陽の里無料キャンプ場へ。蚊取り線香を忘れた結果、全身で100ケ所以上ブヨ、蚊に刺されてしまった。

最終日は支笏湖観光。そしてサッポロビール工場で出来立ての生ビールと生ラムに舌鼓をうった。始め晴れれば雨もよし。


 

四季グループ
標題三頭山(みとうさん)・オツネノ泣坂(なきさか)  〜急坂登り!〜
山域奥多摩
日程2017年6月24日(土)
行程 奥多摩 = 小河内神社バス停 〜 浮橋 〜 イヨ山 〜 ヌカザス山 〜 オツネノ泣坂 〜 
三頭山(1531m) 〜 槇寄山 〜 西原峠 〜 数馬バス停
参加8名
寄稿川村

「今年もやります、急坂登り!」今回は三頭山、浮橋(かつてのドラム缶橋)からのスタートです。
アラカンハイキングで見覚えのあるこの橋は湖面に浮かんで歩くたびに足元がゆらゆら・・・後ろからは「揺らすなよ!」の声が飛ぶ(笑)。 山道に入るといきなりの急登でしばらく歩くと尾根になり、風がす〜っと汗だくの体を冷やしてくれました。
三頭山は東京随一のブナ林。道中の展望はほとんどないけれど、新緑が光を受けて輝く尾根道を歩くのは本当にいい気持ちです。

「オツネノ泣坂」は奥多摩の昔話に由来するそう。 奥女中のオツネさんが恋仲の僧侶に逢いに山越えしてその戻りの下り坂で夜が明けてしまう・・・悲恋のお話ですが、きついアップダウンが続き所々にロープが張ってあるもののコケたら下まで転がっていきそうな急坂!オツネさん恐るべし!
息を整えながらひと息つきながら、SLについて一歩づつゆっくり登っていく。 きついコースですが双方向に登山者が行き交い、可憐に咲くヤマアジサイにも励まされました。

三頭山の東峰には13:50着。その先の立派な展望台からは奥多摩三山の御前山、大岳山(SLと同じ!)が大きく正面に見えました。 西峰からは富士山は見えなかったけれど道志のきれいな山並みにほっとする。
下山は槇寄山から笹尾根を行き、滑りやすい道を恐る恐る慎重に。CLの上手な時間配分のおかげでバス到着と同時にバス停にすべり込み!

途中小さなアクシデントはあったけれど、メンバーみんなの協力で無事歩き通すことができ、反省会のビールがとってもおいしかったです(って、ちょっとしか飲めないけど)。 「ここを歩ければアルプスも大丈夫!」そんな言葉を励みに、この夏どんな風景に出会えるのか楽しみです。